男をなめてくる女性と付き合っても一つも良いことはない

冷酷な女性

女性にはいろいろなタイプがいます。

男に自信を保たせるタイプ。男をやる気にさせて自分の思い通りに動かそうとするタイプ。男に依存してどっぷりのしかかってくる「重い」タイプ。

いろんなタイプがいますが、「このタイプの女と付き合うのだけはやめておけ!」というタイプが1つあります。

それは、「男をなめてくる」タイプの女性です。

具体的にはこういうこと

「男をなめてくる」というとはどういうことなのかというと、単純に言って男を深層心理でバカにしている女性のことです。

つまり、「男はこういう生き物」だとか「男はバカ」だとか、男性を女性よりも下に向いている女性です。

育ちとしては、

・母親が父親の悪口ばかり言っているような家庭で育った女性(これが男の子だったらホ○か極度のDV野郎になっているかも)

・父親がいない家庭

などに多いイメージです。

こういう女性は本当に付き合うと、いろんな意味で地獄を見ます。誠意とか、愛とか、そういう問題ではありません。

あなたはいくら女性に誠実に接しようと、「俺はダメだ・・・」という劣等意識を刷り込まれ、男としての自信をどんどん失っていきます。

そう、早い話その女性はさげまん。

あなたが女性と時間を長くともにすればするほど、あなたは物理的精神的に、「去勢」されていくことでしょう。

付き合ったらこうなります

男をなめてくる女性は、基本的に女性>>>>>>>>>>>>>>>>>>男性です。

そのため、彼女たちはなんでも男性がしてくれて当たり前。デートを取り決めるのも男性がして当然だし、LINEを送ってくるのも男性がしてくれて当たり前。

デート代を全額出すのも男性がして当たり前だし、女性のためにプレゼントを送るのも当たり前。

つまり、あなたの誠意がこもったすべての行動を「当然の権利」と考えており、だからこそ、ちょっとでもあなたが自分の思い通りにならないと、彼女は激昂します。

タイプによって口撃の手法は異なりますが、何せよ、あなたは胃が痛い思いをすることになるでしょう。

男性に対してはあれこれ文句ばかり言う。しかし、自分の失敗や間違いは絶対に認めない。あなたの周りにも、思い当たる女性がいませんか?

そういう女性と付き合ったらどうなるか。つまりはそういう話です。

先が見えない苦しみを味わいたいあなたに

誠実に向き合えど向き合えど、彼女の欲求水準はどんどん高まっていく。文句ばかり言われる。しかし感謝されることは何一つない。

最初は目をつぶっていたけれど、だんだんと彼女の態度は傲慢になっていく。それで距離を置こうとすると、周囲の人に悪口を吹き込み、あなたは極悪人扱い。

結局貧乏くじを引いてしまったようなもので、あなたは最善を尽くしたとしても、相当な痛手を免れることはできないでしょう。

つまり、幕引きを図ろうとしても、現状を維持していくにしろ、あなたは傷を負うことを避けることができません。

だから言えることは一つだけ。

「最初から、男をなめてる女と付き合うのはやめておけ」

という話です。

最後にはすべてを失う可能性あり

恋愛の良いところは、男女という性差を理解しつつ、それぞれがお互いを理解し、より良い関係を築くことによって、お互いの成長を促せるところにあります。

良い彼女を持ったらそれは肉体面だけでなく、精神面もしっかり満たされます。それは恋愛だからこそ味わえる、素晴らしいものです。

ところが不幸にも、間違った相手と恋愛してしまえば、お金は吸い尽くされ、時間も奪われ、そして元気、挙句は健康まで奪われます。

男性は文字通り「吸い取られる」だけの存在に成り果てるわけです。

付き合うだけならまだダメージは将来的に見て、致命傷にはならないでしょう。しかし、結婚まで進んでしまったら?

彼女が変わることを期待して結婚したとしても、あなたの地位は絶対に変わりません。彼女だけでなく、やがて子どもたちにもなめられる存在になること請け合いです。

家族のために頑張りつつ、実際はただの都合の良い存在に。まさに男性は、生き血を吸われるためだけの存在になってしまうでしょう。

最後に

以上、「こんな女性だけはやめておけ!」という話を、個人的な体験をもとにあなたにお伝えしました。

もしあなたが「一体何のことを言っているんだ?」と感じているなら、あなたは大丈夫。この記事の話は一切忘れて、ぜひあなたの恋愛を楽しんでみてください。

しかしもしあなたが「これはもしかして・・・」とピンと来る何かあれば、きっと思い当たることがあったはず。

まだ間に合ううちに、正しい道を選ぶことが、結局は傷を浅く済ます方法です。兵は神速を尊ぶ。ケジメは、早いウチがいいですよヨ。

こちらもどうぞ

「最近彼女が調子に乗って、自分のことをなめだした」というあなたへ