結婚するなら若い女性。ただし若くても性格が悪い女性は危険

性格の悪い彼女

単刀直入に伺います。

あなたには「女性と結婚したい!」という願望はありますか?

今の彼女とするにしろ、新しく出会った誰かとするにしろ、「あなたはどうせなら若い女性がいい!」と考えていますか?

それとも、「女性を年齢で判断するなんて失礼だぞ!」という紳士的な男性ですか?

いずれにせよあなたが結婚願望をお持ちであるなら、ぜひ、この話をチェックしてみてください。

この記事は、若い女性と結婚する方法を云々している記事ではありませんのであしからず。

女性との自然な出会い方についてはこちらの記事をどうぞ。

はじめに

まず一体何をこの記事であなたに語らんとしているのか。

それはズバリ、もし結婚相手を選択できる余地があるなら、女性は若い方がいい、ということです。

これは何も、女性が若い方が自然妊娠しやすいとか、見た目もいいし体もピチピチだからとか、そういう性的な理由ではありません。

そうではなく単純に、若い女性の方が性格的な改善の余地があるケースが多い、というだけの話です。

少し言い方が抽象的になってしまったので、分かりやすくご説明します。

年齢と人間性は比例しない話

例えば先日、こんなことがありました。

私が某デパートのエスカレーターに足を乗せようとしたところ、横から急いで入ってくる40代と思われる女性と20代と思われる女性。2人の母娘が近づいてきました。

それで私は、母娘を先に通してあげようと譲ってあげたのですが、20代の娘さんの方はニッコリとしてこちらに頭を下げました。

ところが。40代と思われる母親の方は、「ふんっ、レディーファーストは当然でしょ!」的な態度で、控えめに言っても、非常にふてぶてしく、失礼な印象を残しました。

それで少し考えたのですが、私の個人的な実感としては、若い女性ほど謙虚で態度も丁寧な人が多い。

一方でなぜ30代40代と、人生経験を重ねて成長しているはずの女性に失礼な人が多いのか?

そういえば、電車で並んでいて割り込みをするのもたいていはこれらのおばさん化した女性。そういう女性は例外なく人相。目つきが悪い。

これは非常に、考察の価値がある話です。

男をなめてる女性がいる現実

これは育った年代的な理由もあるかもしれませんが、世の中の女性のなかには、何かを勘違いしているような高慢な振る舞いをする女性が少なくありません。

それは10代20代の若い女性というよりもむしろ。30代40代。50代。年齢が上に行けば行くほどその確率がアップする傾向があるように感じています。

もちろん、これらの年代の女性でも、非常に品を感じさせるような、素晴らしい女性がいることもまた事実です。

ただあくまで、確率論的に、という話ですが、このことから考えると、もし女性と結婚して一生を安心満足に生きていくなら。

性格が良い女性がいい。それも、人として失礼でない、ちゃんとした女性がいい。これが自然な結論になります。

ポイントはこれ

以上、前置きが長くなってしまいましたがつまりはこういうことです。

単純に若い女性の方が性格や品性がマシな可能性が高い。そして、30代以上の女性はそこから本性が出てくるので、しっかり注意して相手を選んだ方がいい。

こういうことです。

若い女性はまだ脳が柔らかいせいかどうかわかりませんが、まだ性格が素直です。そして、何か問題があれば、それを注意することによって、改善してくれる可能性があります。

ところが、これは男性も同じかもしれませんが、ある年齢に達してしまうと、ともかく頑固になります。

人の話を聞かず、自分を変えようとしません。つまり、何か問題があってそれを注意しても、それが解決する見込みはない、ということです。

年齢と頭の固さは比例する

このことについては、私が昔付き合った30代の彼女の経験から深く理解しました。

彼女は自分なりの「こうあるべき」という理想像を強く持っています。そのため、あれやこれ、細かいことにいちいち注文をつけてきます。

それは、30代の男のズボンはスキニーはダメとか、そういうくだらない話も含めて、です。そのくせ、自分のだらしないところは聞く耳を持たず。

例えばあなたは信じられますか?

汚いシミがついた薄黄色の下着を1年以上も履いているとか、「あんたはおっさんですか?」と疑いたい女性がいることを。

それなのに人のことはあれこれ文句を連発。

いくら話し合っても改善が期待できないことを確信した私は最善の決断をしましたが、この経験から強く確信しています。

結局素直な女性が一番だ、と。

容姿は必ず衰える

確率的に素直な女性が多い世代はどの世代か?

それを考えれば、結婚するなら若い女性の方がいいという本記事の趣旨も、理解していただけると思います。

なので、結婚相手を探す場合は限りなく年齢優先。その男性的な本能は、決して間違ってはいないのです。

もちろん注意したいのは、若い女性のなかにもヤバイ女性はいる、ということです。

先ほどに例に挙げた40代と20代の母娘の場合、娘さんは非常にキレイでしたが、やはり母親の方が非常に品性を感じることは非常に難しい顔をしていました。

このことを考えるとおそらく、品性のない母親ももしかしたら、20代の頃は、非常に美しい女性だったのかもしれません。

しかし、内面の醜さはやがて、外面の醜さにつながっていきます。つまり今若くて美人でも、性格が悪い女性は高い確率で、醜い姿になることが予想されます。

人間性が全てを示す

以上のことをもって大切なのは、若い女性でも、特に性格が予想なタイプの女性を選ぶ重要性が理解できます。

それは生まれつきの容姿ではなく、人相や振る舞い、人への配慮。そういった性格的・内面的な部分です。

性格が良い女性というのは、20代容姿的に光るものがなくても、30代40代、その美しさが逆転。人相や内面の良さが表ににじみ出てきます。

だから芸能人でもいますよね。10代20代はそれほどキレイではなかったのに、30代40代、そして50代。非常に美しくなった女性が。

誰とは言いませんが。

そう、この意味で女性を見分ける上で重要なのは今キレイかどうかではありません。その性格がどうなのか。人としてどうなのか。

ただその1点に尽きるのではないでしょうか。

まとめると

ということで、将来女性と結婚したい。そして結婚したら不幸な既婚者になりたくない。

それならやはり、若くて性格が良い女性との出会いを模索することが大切です。

もし今あなたに20代の若い彼女がいて、結婚を考えているなら。チェックするべきは彼女の容姿や体の相性ではありません。

その性格。人としての品格。それらが安全安心。信頼に足る存在なのか。それを熟考した上で、判断を決断することが失敗を避けるポイントです。

大切なのは、やはり性格。そして品性。人間性。

若くて可愛い女性とお楽しむだけなら、お金を払えばいつだってできます。しかし、結婚は失敗するわけにはいきません。

結婚するなら若い女性。素直で話がきちんとできる女性。そして人として信頼できる女性。あなたの身近でぜひ、こんな女性を探してみてください。

最後に朗報を一つ

ちなみにあなたがいわゆるおっさんと呼ばれる世代になってしまったとしても、20代女性との出会いをあきらめるのは早計です。

今の若い世代は男女交際率そのものが下がっています。世の中では、驚くほど20代女性の未経験が増えています。

そして、40代と20代。年の差カップルはますます増えつつあります。

あなたが年齢関係なく男性としての魅力を高めつつ、男として信頼に足る人間を目指すならば。そこに年齢は関係ありません。

気になる20代のあの子がまだ処女だった。そういう話は現実にある、ということをお伝えして、この記事を〆ます。

こちらもどうぞ

20代男性の交際経験率53%が意味するもの