将来は大丈夫?薄毛予防のためのセルフチェック9項目

将来が気になる男

「そういえば最近、髪が薄くなってきた気がする。もしかして薄毛・・・!?」

男なら誰もが気になるのが髪の話。

ハゲてしまう、それを考えると言いようのない恐怖が襲ってきますが、大切なのは状況を正確に把握すること。

そこでこのページでは、「この状況にキテる」という、薄毛のセルフチェックポイントをまとめました。

自分で状況を確認し、必要なら早めの対策ができるよう確認しておきましょう。

環境のチェック

まずはじめにハゲやすい環境で暮らしているかどうかのセルフチェックです。

薄毛には様々な要因がからんでいますが、悪い生活環境は薄毛を誘発する原因になります。

そこで、生活環境をチェックすることで、どれだけ髪に負担がかかっているのかを判断する目安となります。

具体的には次の項目に注目します。

1・ストレス

ストレスは髪の天敵。最近ストレスで体調を崩したり、気分が滅入ることがあるかどうか。

2・睡眠

睡眠不足かどうか。1日8時間の睡眠が取れていれば理想的。

3・食生活

偏った食生活をしていないか。

4・喫煙の有無

タバコ=血流の悪化=薄毛リスク。

髪のチェック

次にチェックしたいのが自分自身の髪の状態です。

薄毛が始まると、必ずその兆候が髪に現れます。そこで、兆候があるかどうか、今の状態がどうなのか、それを把握することがとても大切になってきます。

5・頭皮

かゆみやフケが多いかどうか=頭皮環境悪化のリスクを把握する。

6・抜け毛

抜け毛自体は自然ですが、問題は量。生える量より抜ける量が多い=薄毛。抜け毛が増えていないかをしっかり確認します。

7・ボリューム

特に頭頂部、全体のバランス。量が減っているのは何らかの異変が起こっている可能性あり。

8・シャンプー

シャンプーは髪に優しいシャンプーかどうか。具体的には市販の「石油系界面活性剤」「着色料」「シリコン剤」等の成分が入っている場合は要注意!

「どんなシャンプーなら安心なのか?」という方はこちら

そのほか

生活環境、そして今のヘア環境を確認の上、最後にチェックしたいのがこちらの項目。重要なファクターになりますので、確認の上、早め早めの対処が必要になるかもしれません。

9・遺伝

ズバリここで確認したいのは、親、祖父母に薄毛の人がいるかどうか。特に、母方の家系に注意します。

というのは、遺伝でハゲる場合は、母方の薄毛家系が遺伝する可能性が指摘されており、母親のハゲ遺伝子が薄毛の要員になる可能性が高いからです。

万が一、母方の家系に薄毛の傾向があれば、人一倍注意が必要です。

100%薄毛が遺伝するとは限らないので、人事を尽くして天命を待てば、薄毛を予防できる可能性も残されているはずです。

最後に

以上が薄毛を予防するために知っておきたいセルフチェック項目になります。

これらの項目のうち、当てはまるものが1つや2つ程度であれば安心かもしれませんが、それが3つ4つと当てはまってくる場合は注意が必要です。

薄毛を予防する上で大切なのは兆候に気づき、早めに対処すること。そしてできれば、兆候が起こる前に、薄毛の原因となる悪習慣を改善することです。

そのために、セルフチェックはとても大切なことです。

「この習慣でハゲるかもしれない・・・」

と思ったことは即座に中止。フサフサな未来を保つために、危険の芽は今すぐに摘んでおきたいもの。気になる点があった方は、ぜひ今日今すぐ、悪習慣を改善しましょう。

薄毛についてより詳しいチェックをしたい場合(気になることがある場合)は、AGAクリニックの無料カウンセリングでチェックしてもらうことができます。

薄毛の不安がある方は、ぜひ一度、足を運んでみて下さい。

無料カウンセリングのススメ