薄毛が怖いのは「今」大丈夫でも将来は分からないところ

俺の髪は大丈夫だろうか・・・

「最近、少し髪のボリュームが気になりだしてきた」

「そういえば、前髪も以前より細くなったような気がする」

「オヤジもハゲかかってるし、もしかしたら俺も・・・」

本当に、髪の心配は尽きないもの。

今フサフサでも少しでも薄毛の兆候があればそれこそ一大事。心配でいても立ってもいられなくなってしまいます。

今大丈夫でも不安・・・

この心配はどうやら私だけではないようで、ある程度の年齢(主に30代、早い人は20代)になってくると、皆一様に髪のことが心配になるみたいです。

私がいつも通う美容院の美容師のお兄さん(フサフサ、30代)も、「実は父方に薄毛家系がいて、遺伝でハゲるのではと心配なんですよ」と言ってました。

そして、今の髪を保てるように、日々フィヨーレのFプロテクトクラッキングスカルプで髪をケアしているそうです。

私も「今大丈夫でもこれからは分からない」という話を聞いて、同じ商品を購入。スカルプケアで毎日安心しようと努力しています。

ケアを始めてからやはり「俺は今未来のために自分の薄毛を予防している」という安心感ができたせいか、以前よりも薄毛の不安は和らいでいるのが不思議なところ。

やっぱり、先がどうなるかは分からないということは、結局今できることから何かを始めていくしかないのかもしれません。

不安は行動の母。薄毛の不安を感じたら、やっぱり対策が必要なのだと思います。それをし始めて、ようやく安心できる。そんな感じです。

不安に勝つためには

「俺はハゲてしまうのでは?」

そんな不安を感じてしまうのは、先のことが分からないからで、結局先のことは、何の保証もありません。

もしかしたら、何も対策をしなくてもハゲないまま、フサフサでいられるかもしれません。しかし、その逆もあって、わずか1年2年で、信じられないくらい薄毛が進行してしまうかもしれません。

先が見えない。何の保証もない。だから不安になってしまう。そこが薄毛の悩みの難しいところだと思います。

もちろん、

・父方、母方、皆親族フサフサ。

・生活習慣良好。健康で元気、ストレスもない。

というように、安心するための要素はいくつかあるかもしれません。

ただ、だからといって、それイコールこの先もフサフサかどうかは分かりません。親族皆フサフサでハゲてしまう場合もあるそうではないですか。

となると、これからも安心して過ごすには、今できることを始めて、ハゲの予防していくのが一番現実的な対応策だと思います。

最後に

予防こそ不安に打ち勝つ一番の対応策。

20代のうちはまだ安心かもしれません。しかし、30代を越えてくると、40代、50代のことが気になってきます。手を打つのはそこからではないでしょうか。

多分、30代くらいになってくると、やはりそれなりの兆候が出てきます。そうなったときこそ、迅速な対応が必要ではないでしょうか。

「今はまだ大丈夫」という場合、普段のケア、生活習慣、そういう小さな積み重ねを続けることで、「今大丈夫」が「これからも大丈夫」になっていくはず。

髪に悪い習慣は一切止める。育毛&薄毛予防ケアを始める。少しでも異変を感じたら育毛剤スカルプシャンプーを試す。場合によってはAGA治療を始める。

薄毛の悩みは初期段階の対応が結果を決めると言います。悩みが小さいうち、不安が気にならない程度のうち、早め早め、できることをしていきたいものです。

未来は予言することはできませんが、創ることができるはず。ともに頑張りましょう。

30代ならまだ間に合う?薄毛の前兆(サイン)と対策