【薄毛の不安】何歳までハゲなければ安心できるのか?

髪を気にする男

男の人生に悩みはつきもの。収入。異性からの人気。そしてもう1つ、気になるのが薄毛。

端的に言って、ハゲてしまうかそうでないか。それは、30代以降、容姿の面で決定的な違いとなるポイントです。

だからこそ我々男たちは日夜、自分がハゲてしまわないかどうか。そのことに、気が気でならないのです。

結局、薄毛の恐怖から安心できるのはいつなのか

しかし問題なのは、心配し過ぎはハゲのもと。心配するというストレスが皮肉にも、薄毛の原因になる可能性があります。

ということで大切なのは、自分は将来的に大丈夫なのか。それともそうでないのか。その見定めをすることです。

具体的には何歳まで髪が保てたらセーフなのか。一番気にするポイントはまさにそこです。

その年齢さえクリアできれば、ハゲのリスクが下がる。もう自分は大丈夫だと安心できる。そんな保障があれば、あなたも毎日胸をなでおろすことができる。

きっとそのはずです。

40代になって薄毛になっていない。それならもう

まずは一般論ですが、ハゲるかハゲないか。その決定的な境目となるのは40代です。

つまり、40代になってもまだふさふさなあなたは、今後劇的な薄毛に見舞われる可能性は低いと、ある程度安心することができます。

というのは、一般的に、薄毛で悩んでしまう人は、ある年齢からすでに、その兆候を確認することができるからです。

ずばりそれは20代から。

そう、20代から髪の毛が気になって仕方ない。そういう人ほど、薄毛を強制的に実感させられる症状が目立つからです。

そして、30代に入れば、抜本的な対策が求められてきます。

薄毛リスクはこの段階で安心できる

ところが、40歳になっても、多少髪は減ってもまだまだ大丈夫。「これはヤバイぞ」というような、劇的な兆候が見られない。

その場合は、今後、あまりに不摂生な生活をしない限りにおいては、今後と似たような状況が続くことが予想されます。

この意味において、40歳になってもふさふさ。薄毛の気になる兆候が出ていない。この場合はもう、安心しても大丈夫と考えることができます。

それは、あなたの身近の例を参考にすれば、納得できる話だと思います。

つまり、薄毛になってしまう人は兆候が必ずある。そして、何歳だろうが、大丈夫な人は大丈夫。髪は変わっていない。

その証拠を、目にすることになります。

50代になって薄毛に悩む人は、わずか10%程度です。

まとめると

以上、大切なのは早期発見早期対策。

つまり、薄毛で悩むかどうか。自分は大丈夫なのか。それとも早めに手を打つべきなのか。そのポイントは20代30代で気になる兆候が現れるかどうか。

とくに、20代のうちに気になる症状が発見できたあなたは、ぜひ、早急な対応をおすすめします。

もしかしたら、20代のうちに手を打てば、30代になった自分の髪を守れる可能性だって残ります。これは将来を考える上で、とても大切なことです。

つまり、早期発見早期対策。何か気になる症状があるあなた。20代のあなた。将来で後悔しないために、ぜひ早めの行動をおすすめします。

こちらもどうぞ

【これだけはしておきたい】いざという時のハゲ対策