ハゲを進行させない!育毛剤はいつから使えばいいか

どうしたものか?

「最近、髪の毛が薄くなったと言われてしまった・・・」

「家族に薄毛がいる。遺伝的に自分もそうなるかもしれない・・・」

「30歳を超えて、おでこが広くなってきた。このままだと不安・・・」

髪の毛のことが気になりだしたときに検討したいのが育毛剤によるヘアケア。

育毛剤を始めることによって、薄毛を予防し育毛促進、5年後10年後、未来のあなたの髪を助けられる可能性が出てきます。

ではハゲの進行を止めるために、育毛剤はいつから使えばいいのでしょうか?

やっぱり、気になってからでは遅すぎる?

育毛剤というと、「既に髪の毛が薄くなってしまった人が使うもの」というイメージがあります。

でも実際は、今髪の毛がフサフサでも、ハゲの不安の予兆が出てきた人こそ、注目したいアイテムです。

髪の毛が薄くなっていく。ハゲの不安を防ぐためには、「もしかしたら・・・」と気になった段階から、早め早めの対策が必要になってきます。

薄毛が進行してしまって、目に見えるようなハゲができてしまったら、育毛剤を使い始めたとしても、あまり効果が期待できないかもしれません。

そこで、「俺の髪、このまま大丈夫?」と不安を感じた段階で育毛剤によるヘアケア対策(予防)が安心の源になっていきます。

具体的には、

「30歳を超えて、最近朝起きると、枕に髪の毛がつくようになった」

「お風呂に入って排水口を見ると、抜けた髪の毛がたまるようになった」

「最近髪が薄くなったと言われるようになった」

こういうサインが出てきたら、育毛剤を始めるタイミングかもしれません。

思い立ったが吉日

薄毛が怖いのは、M字ハゲのように、「おかしいぞ?」と気づいたときには既に症状が出ていることです。

普段、自分の髪はよく見ているのであまり気がつきませんが、ハゲのサインは日々出ています。サインを放置し続けていると、ある日突如、否認できないくらい明白な症状が出てきます。

そうなってくると、元の状態に髪の毛を戻すのは容易ではありません。

残念ながら、現代医学では、一度細くなってしまった髪の毛を、元の太さまで戻すのはかなり難しいと言われています。

当然、既に抜け落ちて失われてしまった髪の毛を復活させるのは、可能性的にかなり厳しいと言わざるを得ません。

そのため、薄毛対策は後手に回ると、かなり不利な戦いを強いられてしまいます。だからこそ対策が遅れてしまうのは将来に不安の種を残すようなもの。

だからこそ、「おかしいぞ?」と不安に感じた段階こそ、育毛剤を始めるベストなタイミングになります。

最後に

育毛剤って、正直抵抗ありますよね。

自分の髪の毛が減っていく不安というか、危機感はある。でも心のどこかで、「俺は大丈夫だ」というような期待もある。

ただ、「もしかして・・・」と薄毛が気になったときは、まだ未来に希望が持てます。

早め早めに育毛剤を始めておけば、もしかしたら、5年後10年後のあなたの髪が救われるかもしれません。

だからこそ、危機感や不安を感じたときというのは、育毛剤を始めてみるベストタイミングです。

日々こっそりとヘアケアを続けることで、抜け毛が改善されたり、髪の毛にボリュームが戻って、若々しいヘアスタイルを維持できるようになるかもしれません。

しかし、髪の毛の不安をそのままにして放置しておけば、取り返しがつかない状況に追い込まれる可能性があります。

思い立ったが吉日、この記事を読んで「もしかしたら・・・」と思い当たることがあれば、育毛剤を検討してみてください。

未来に後悔しないために。

薄毛予防の育毛剤はこうやって選びます