「ハイゲージニット最強はユニクロ」説は本当だった件

これはとことん調べましょう

秋冬のおしゃれアイテムの定番、ハイゲージニット。

ゴツく、ダボくならずにあくまでスマート。大人らしい上品さを演出できるアイテムですが、安いものから高いものまで様々なものが販売されています。

それで個人的には、「ニットは目立つ部分だから安っぽく見えない、それなりのものを選ぶべき!」と考え、購入はいつもデパートのもの。

ところが、価格的に数万円する某イタリアブランドのハイゲージニットを購入。するとヘビーユーズしているわけでもないのに、ワンシーンズンもたずに脇に穴が。

あまりにこの出来事に憤慨してしまったため、どこのハイゲージニットを愛用すればいいのか。改めて考えさせられることになりました。

安くて高品質のハイゲージニットが欲しい

その話を普段通っている美容院の担当美容師にしたところ、「それならユニクロのエクストラファインメリノがおすすめですよ」という話を入手。

ネットで調べると、絶賛の情報ばかりがヒットします。

「こんなに絶賛の声ばかりなんて・・・。業者が書いているんじゃないの?」と疑問に感じ、早速自分でも購入。

こちらの紺色の丸首1,990円。

アイテム紹介

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409172-65

そしてチャコールグレーのVネック1,990円。

アイテムその2

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409171-66

あわせて合計4,000円ほど。

論より証拠で購入。試してみましたが・・・。

この値段でこの品質はおかしい!

まず結論から言って、正直かなりぶっ飛びました。

一応、品質や体験のフィット具合をチェックするため、「ニットが高品質である」と評判の某セレクトショップで購入した25,000円ほどするハイゲージニットを着用。

ユニクロに行って比較してみました。

その結果、正直、2,000円と25000円の差。それをハッキリ指摘することはできませんでした。

あえて言うなら、ニットの手触り。デザイン性はやや某セレクトショップのものの方が良かったです。

ただ、これほどの価格差(2万円以上の差)を考慮すれば、ユニクロのコスパの良さは正直、感嘆せざるを得ません。

それに実際着てみると、昔のようないかにもダボダボな「おっさん用」的なものでもなく、きちんと日本人の体型に合うようにデザインされています。

なのでパッと見全然OK。むしろ、2,000円でこのクオリティはやばすぎるだろう、という結論に達しました。

賢い男は質実剛健

こういうブランドを比較するとき、具体的なブランド名を出すのは角が立つのであえてそれはしていません。

が、ユニクロの2000円のハイゲージニット。そして有名ブランドのハイゲージニット。

「これだけは絶対に差があります」と断言することは現実問題、よほどのニットに詳しい人ではないと、その差を明確に見分けることは不可能な気がします。

おまけに何よりここで声を大にして主張したいのは、ユニクロのニットは自宅で洗濯できる、ということ。

ハイゲージニットは基本的に自宅洗濯不可能。それでクリーニングに出す必要があるので、購入後も「維持費」がかかります。

ところが、ユニクロは自宅洗濯OK。なので非購入価格もリーズナブル。そして維持費もリーズナブル。

ここらへん、やはり服はブランドにこだわってはいけないと、強く実感させられました。今、ユニクロの着回しでめっちゃおしゃれな人も増えてますしね。

まとめ

デパートで購入できるブランドの服でも、ひどいものだとワンシーズンもたずにダメになる。

そのことについて、前々から疑問に感じていたのですが、結局ブランド=安心という話ではありません。

もちろん価格相応のいいものもありますが、なかには価格と品質がどう考えても合っていないものがあります。

この意味で、ユニクロのエクストラファインメリノは真逆。

このニットを教えてくれた美容師さんは、「1万近くの価値は絶対にありますよ」と言っていましたが、本当にその意見に納得。

ということで、もしあなたがユニクロというだけで敬遠しているタイプでしたら、ぜひ店舗に行き、実物をチェックしてみてはいかがでしょうか。

そのさいは、私がしたのと同じように、名の知れた有名ブランドのハイゲージニットを着用し、実際に比較することをおすすめします。

そうすればきっと、値段と価値は必ずしも一致しないこと。安くて高品質なら、それを選ぶことが賢く、満足感が高いことを、実感できるでしょう。

こちらもどうぞ

コスパを考えればユニクロは決して悪くない。全身ユニクロにさえならなければ