人生を台無しにしないために知っておきたい!美人局に引っかからないための心得

ラブモードの男女

あるとき、美しい女性と出会う。

そして素晴らしいひとときを過ごすものの、翌日携帯に知らない番号から着信あり。電話に出てみると・・・。

「ワイの女房に何手出してくれとるんじゃ、ワレ!」とヤクザまがいの男から電話。

動揺して「すいません、どうすればいいですか」と謝罪すると多額の金銭を要求されることに。

これがいわゆる美人局(つつもたせ)。男女の出会いをエサに男を罠にハメる、凶悪な手段です。

美人局といえば古典的な犯罪ですが、今や美人局の被害は多極化。バーでの出会いから店舗型の出会いまで、様々なところで罠が張り巡らされています。

生きている限り、男なら女性への欲求を抑えることはできません。そこでこのページでは、美人局の被害に合わないために知っておきたい情報を分かりやすくまとめています。

はじめに

美人局とは、男女がグルになって行う犯罪のこと。男が自分の女を他の男に誘惑させて関係を持たせ、それをネタに金銭を要求してくれる行為のことを指します。

例えばあなたが日常生活で女性と出会います。そして女性と関係を持ったとたん、なぜかタイミングよく女性の夫(もしくは兄、親族など)が登場。

「俺の女によくも手を出してくれたな!どう責任を取ってくれるんだ!」

と脅され、金品を要求されるまでが美人局の定番セットです。

美人局というと、出会い系とか、デ○○ルとか、いかがわしいサービスで起こる犯罪というイメージがありますが、美人局はあなたが男である以上、いつどこで分かるか分かりません。

男が女性と出会う限り、常に美人局のリスクはある。そういうものです。

美人局に遭いやすい場所

とはいえ、出会う女性全てがヤバイ女性なわけはありません。問題はどこでどう出会うか。

一般的な出会いにおいて、美人局の被害に遭う可能性は高いとは言えませんが、例えば特定の場所、特定の状況においては、美人局の被害に遭う可能性は大きくアップします。

ではどこで美人局の被害に遭いやすいのか?注意したいのはこちらです。

出会い系サービスを利用する

大人限定のサービス(店舗型、派遣型含む)を受ける

・繁華街で女性をナンパする

・ぼったくりのバーに行く

このように、出会いを目的とした場所、サービスは特に注意が必要です。

例えばあなたが貧困調査に強い関心があり、若い女性と出会いを求めるときはなおさら注意が必要になります。

そこは常に危険と隣合わせの世界であることを、忘れない方がいいでしょう。

美人局の被害に遭わないための対処法

とはいえ、女性との出会いは人生を豊かにし、日々の生活に刺激を与えてくれます。

法や倫理に触れない範囲においては、女性との出会いを求め、人生を楽しむ。それは男が持つ当然の権利です。

ただ注意したいのは、甘い花には罠がある、ということ。美人局はある日突然やってきます。そこで日頃から罠にハマらないために、最低限の心構えを持つことが大切です。

では美人局の被害に遭わないためにはどうすればいいか?そこで注意したいのがこの4つ。

1・自然な出会い以外で出会った女性は信用しない(出会い系、風○店など)

2・怪しい場所には顔を出さない

3・知り合って間もない女性と休むときの場所は自分で決める(相手に決めさせない)

4・女性の人柄、信頼性が分かるまでは自宅情報などを教えない

5・女性と会うとき、個人情報が割れるもの(クレカや名刺、身分証明書の類)を持ち歩かない

早い話、出会いを目的とした女性との出会いは常に警戒心を持っておくことが、最悪の事態を防ぎます。

特に、「すぐに会いたがる女性」や「会う場所を指定してくる女性」は要注意。万が一会うときも、相手の車に乗るのは絶対にやめましょう。

美人局の被害に遭ってしまったら?

美人局の被害に遭わないためには何より警戒心が必要です。しかし運が悪いと美人局の被害に遭ってしまうこともあります。ではその場合どう対応すればいいのか?

まず、被害に遭ったときにあなたが絶対に忘れてはいけないことが、「相手の目的」です。

美人局の加害者が欲しいものは何か?彼らの目的は何か?そこを忘れないことです。そして、彼らの手口を知ることです。

美人局の犯人たちが用いる手法は脅しです。

「奥さんにバラすぞ」「会社に言うぞ」「警察に被害届を出すぞ」

このように、あなたが心配していることを狙って、心理的に圧力をかけてきます。これが彼らの常套手段です。

あなたを散々脅し、不安にし、彼らは金銭を要求してきます。しかし、そこで絶対に金銭を支払ってはいけません。

一度支払えば、「こいつは脅せばカモになる」と延々、たかられるハメなるでしょう。

そのため、万が一美人局の被害者に遭ってしまった場合、もう腹をくくるしかありません。警察へ行き、妻がいれば妻に話をし、周囲に話せる人には話をしましょう。

あなたは「周囲に知られたくない」と思うかもしれませんが、ずるずるチンピラにたかられ続けるより、全てをカミングアウトした方が確実にあなたが救われることは確かでしょう。

最後に

男は女性を求めるもの。

そればかりはどうにもなりません。しかしその本質的な欲求であるがゆえ、そこには大きな罠が潜んでいます。

過去から現在、歴史を紐解けば、女性の問題によって人生が台無しになってしまった、そんな男の話は事欠きません。

出会いはどこであるか分からないもの。そして出会いがもたらす未来がいかなるものなのか、出会った時点では分からないもの。

男が女性と出会う、そこにおいて常に美人局のリスクはあります。しかし、心がけ次第では、美人局の被害に遭うリスクを抑えることができます。

警戒心を持ちつつ、男女の出会いを楽しみましょう。