ハゲの原因は頭皮環境の悪化?頭皮のためにできること

これがおすすめ!

よく「ハゲないためには頭皮の環境が重要だ」と言われます。

ハゲには遺伝的な要因や生活習慣など、様々な原因がありますが、なぜ頭皮の環境が髪にとって重要なのか?

具体的に頭皮の環境とは何なのか?

調べてみました。

なぜ頭皮環境が重要なのか?

頭皮は頭の皮。当たり前ですが、髪はここから生えてきます。

頭皮環境の大切さと薄毛の関係、それは畑に作物を育てるイメージで考えれば分かりやすいかもしれません。

畑を頭皮、収穫物を髪の毛と考えてみます。

まず、収穫物がしっかり育つには、畑に種を植えて、畑を耕し、収穫物が育ちやすい環境を作ることが大切です。

土壌が整った収穫物が育ちやすい畑では、ぐいぐい根が育ち、来るべき時が来た時、豊富な収穫が期待できます。

しかし、土壌が悪く手入れがされていない畑では、いくら種をまいて収穫物を育てようとしても、芽は出てきません。手入れされている畑とそうでない畑、結果に違いが出るのは明白。

髪の毛も同じことが言えます。

頭皮の環境というのは髪が生えてくるための土壌です。つまり、頭皮環境をなおざりにしていると、

頭皮環境が悪くなる→抜け毛が減る、髪の毛が生えにくくなる→ハゲてしまう

この悪循環が待っています。

となれば、薄毛対策及び予防のカギは頭皮の環境を改善すること。そこに集約されます。

頭皮のために始めたいこと

では実際、頭皮の環境を改善するためにはどうすればいいのか?

具体的に何をすればいいのか?

主な方法は2つあります。

1・頭皮を清潔にする(シャンプーなど)

2・育毛剤やマッサージ等で血行促進する

1・頭皮を清潔にする

髪をキレイ洗い、皮脂を流し、地肌を清潔にする。それによって毛穴がスッキリし、髪が生えてくる環境を整えます。

髪には日々、様々な汚れが蓄積されています。当たり前ですが、髪を洗わず、汚れを放置していると、汚れがどんどんたまり、毛穴を塞いでしまいます。

そうなるとどうなってしまうか、想像がつきます(恐)。毎日のシャンプーって、やっぱり大事ですね。

2・頭皮の血行促進する

次に大切なのが頭皮の血行。

髪が生えてくるには血流の流れが重要だと言われます。というのは、髪に栄養を運ぶのが血流だからです。

そうなると、髪がきちんと生えるためには、頭皮の血流の流れが重要になってくるわけで、だからこそ、頭皮の血行促進が育毛のカギになってきます。

血行を促進する、そのためにはマッサージ等いろいろ方法がありますが、手軽なのは育毛剤です。

育毛剤には頭皮の環境を改善して血行促進成分が配合されています。

薄毛がまだ深刻でない場合は、育毛剤を始めて頭皮環境を改善していくことが、ハゲ対策の一つになってきます。

関連記事

ハゲ予防の安心習慣

普段の生活を見直してみる

早い話、頭皮は髪が生えてくる場所。そこをしっかりケアすることがハゲ予防の対策になるというのは納得。

確かに、頭皮がギトギトだったり、洗ってなくてゴミがついていたりしたら、いろいろ問題ですよね。

となると、毎日きちんとシャンプーして、地肌、毛根をキレイにして、そして、新しい髪がどんどん生えてくるように、頭皮の血行促進をする育毛ケアをしていく。

そんな行動が大切なのかもしれません。

ハゲてしまうという症状も、それはある日突然やってくるわけではありません。そこに至るまでには、必ずいくつかの予兆があるはずです。

ということは、予兆が現れた段階で、必要なケアをすることによって、予兆を予防でき、薄毛の進行を防げる可能性もあります。

薄毛は遺伝の問題もあるものの、遺伝だけでハゲてしまうことはないそうです。そうだとしたら。

結局は普段の生活、心構え、対策が結果になるのかもしれませんね。

最後に

頭皮は髪が生えてくる場所。頭皮環境を改善することが薄毛予防の第一歩。

毎日キレイに洗って、マッサージや育毛剤で血行促進。そうしていれば、「あれ、前よりも髪のボリュームが増えてきたぞ?」と鏡を見るのが楽しくなる瞬間がやってくるかも。

結局、髪も頭皮という土台があってこそのもの。

土台が揺らいでいれば、何をどうしても付け焼き刃。土台という根本を改善していくことが、最終的には一番の問題。

土台の環境を改善して、ハゲに負けない環境を手に入れましょう!

こちらもどうぞ

ハゲはこれで予防する!薄毛に悩まないための育毛剤ランキング

将来は大丈夫?薄毛予防のためのセルフチェック9項目

何歳までハゲなければ安心できるのか?