今、頭皮が◯◯できるなら薄毛の心配はないかもしれない話

スポンサーリンク

薄毛を気にする男

自分の髪がフサフサなままか、それともどんどん薄くなってしまうか。

その未来は不確かですが、できれば未来について、希望が持てる証拠を見つけたいところ。

そこでこのページでは、長年人の髪を見てきたプロ美容師から興味深い薄毛になってしまう人とならない人の話を入手。

短いですが、簡潔にその情報をシェアしようと思います。

「自分はこれから、ハゲるかどうか気になってしかたない・・・」

という方は、今すぐこれをしてみてください。

スポンサーリンク

結論はこちら

将来これからハゲてしまうかもしれない人。それには明らかな予兆があるそうです。

その予兆とは何か。頭皮の動き=頭皮を動かしたときの感覚です。

ということで、まず両手頭をつかみ、頭皮を動かしてみてください。このとき、スムーズに頭皮が動くならセーフ。

しかし頭皮が固く動かないなら・・・。早めの薄毛対策が必要かもしれません。

頭皮が硬いとハゲる可能性あり!

一体何のために頭皮を動かすチェックをするのか。

その理由を端的に述べると、

ハゲてしまう人は頭皮が固い→血行の問題で髪に栄養が行き渡っていない→ハゲる可能性が高い

という話です。

これは、業界歴30年以上の美容師の方から聞いた話で、「薄毛になってしまう人の髪は、頭皮の感覚でわかる」と言っていました。

論より証拠でまずは周辺をチェック

両手で頭をつかみ、頭皮が自然に動く。これは頭皮に栄養が行き渡っており、健康な状態。

本来はそれが自然な話で、もしこの話が気になった方はぜひ、身近な方なら誰でもかまいませんが、フサフサの人をチェック。

できれば、頭をさわらしてもらい、頭皮が動くかどうか、チェックしてみるといいかもしれません。

一方、「この人はそろそろキテそうだ・・・」という人もチェック。できれば頭皮の硬さをチェックできれば、それでこの話を納得できるかもしれません。

まとめ

ということで、ダラダラ書いても仕方ないので、話を簡潔に。

薄毛になるかならないか。そのサインを早急に気づくポイントの一つが頭皮の動き。

触って頭皮が動くようであればまだ大丈夫。しかし、頭皮が固くなって、髪を動かしても違和感があるならば。

今すぐ薄毛の対策が必要かもしれません。まだ、髪が残っているうちに行動できれば、未来は変わるかもしれません。

この話に「ピン!」と来た方は、ぜひ参考にしてみてください。

こちらもどうぞ

30代ならまだ間に合う?薄毛の前兆(サイン)と対策

【これだけはしておきたい】いざという時の薄毛予防

結局、体に悪いものは髪にも悪い。これだけは避けたいハゲる食生活