転職で失敗する人と成功する人。決定的な違いはこの3つにあり?

仕事に悩む男

「最近、今の仕事は自分に向いていないと感じている。働き甲斐、やり甲斐もないし、待遇も微妙だ。このまま働いて、年をとっていいのか・・・」

そんなときに考えるのが転職。

ところが、一度の転職で人生が好転する人がいれば、何度転職しても失敗続き。思うように転職が上手くいかない人がいます。

この差は一体どこにあるのでしょうか?

目的が明確かどうか

転職で失敗しない人、それは転職の目的が明確な人です。

なぜ、今自分はこの仕事を辞めて転職するのか。その理由がハッキリしている場合は、退職しても次の仕事で頑張ることができます。

「ここの点がどうしてもダメだ。だから仕事を変える必要がある!」

そのことが分かっていれば、次の仕事を探すときに、その問題を避けて仕事を選ぶことができます。だから失敗する可能性が低くなります。

逆に転職で失敗してしまう人は、辞める目的が曖昧で、短絡的に退職を決断してしまう傾向があります。

もしかしたら我慢できたかもしれない。我慢すれば状況が良くなる可能性があったかもしれない。しかし感情的になってしまい熟考することなく退職を決めてしまう。

そうなると、退職するという経験を次に生かすことが難しくなってしまいます。

人生はいろいろあります。「仕事を辞めたい・・・」と思うこともあります。そういうときほど転職を熟考する必要があるのではないでしょうか。

転職で不満を解決している

転職して望む結果が得られるかどうか。それは不必要な転職を避ける上で絶対大切なことです。

転職を考えるということは、今何か不満を抱えているということです。その不満が解決して働き続けること。それこそが転職の成功。

であるなら、転職することで不満を解決できることこそが、転職する意味になります。

転職で成功する人は、なぜ転職するのか、理由が明確です。理由が明確なら自分の不満も理解しています。だから、次の仕事を選ぶときも、失敗が少なくなります。

転職に失敗してしまう人は、まず転職の目的が曖昧な場合が多い(感覚的、感情的な要素も強い)ので、転職を考える際も、自分が本当に何を望んでいるのか、そこがブレている可能性があります。

だから転職してもしっくりせず、何かが不満に感じてしまいます。それがまた、次の転職へと続いてしまいます。

妥協点を見出す

転職で人生を変える。それはある程度叶う部分と難しい部分があります。

一つの転職によって人生の問題全て解決することはない。転職で成功する人はその現実的な部分が分かっています。

だから、自分が譲れないところ、絶対に叶える条件と、妥協してもいい部分がハッキリしています。そのため転職しても、割り切って働くことができます。

これはとても大切なことで、転職で人生何もかもハッピーを目指すのは難しいことなのかもしれません。どんな仕事をしても黒い部分、気にかかる部分が出てきます。

だから、何をどの程度妥協できるか、それがハッキリしている人は転職で成功しやすいのです。

逆に、仕事に100%の完全性を求めてしまうと、どんな仕事をしていても、あらが気になって、我慢ができなくなってきます。

「隣の芝生は青く見える」という言葉通り、現実はどんな仕事もいろいろあるのですが、青い鳥を探すように、また別の場所が魅力的に思えてしまいます。

最後に

転職で成功するか失敗するか。その結果によって人生は大きく変わっていきます。

転職を考えるということは、今何かに不満を持ち、仕事に悩みを抱えているという状態に他なりません。

何に悩み、転職によって何を変えていきたいのか。仕事を変えることで人生にどんな変化を起こしたいのか。それらを考えることなくして、転職の成功はありません。

職種や条件で仕事を探し、魅力的な仕事を探す。それはとても大切なことかもしれません。

ただ、なぜ転職をするのか、その根本的な問題に目を向けることによって、仕事選びもよりスムーズになっていくはずです。

どうせ働くなら満足できる仕事がしたいもの。だからこそ、転職を考えたら、真剣に転職したい理由を探してみる価値があるのだと思います。