その転職は大丈夫?本気で転職を考えたときに最初に考えるべきこと

今日も疲れた・・・

社会人になって働いてお金を稼ぐ。そのなかで誰もが頭によぎるのが転職のこと。

世の中で働き出すと本当にいろんなことがあります。というか、「こんなはずではなかった・・・」という驚きと後悔の連続の日々です。

「今の仕事は自分には向いていないのではないか?」

「今の給料ではやっていけないのではないか?結婚できないのではないか?」

「そもそも、今の会社でずっとやっていけるのか?」

など、仕事で悩むのが当然なのが自然なのかもしれません。

今の仕事に疑問を持ち、どうしても仕事を変えたくなったときの一手が転職。転職とはすなわち環境を変えること。

仕事自体変わらなくても、待遇、人間関係、環境そのものが変わることによって、いろんなことが変わっていきます。

それによって前よりも満足して働くことができ、QOLがアップすることもあります。

転職は基本的に失敗できない!

ところが現実問題、転職はそう簡単ではありません。日本社会では一般的に転職をすればするほど、どんどん選択肢が狭まってしまいます。

最悪、「最初の会社の方が良かった、我慢しておけば良かった・・・」と後悔してしまう場合もあります。それくらい、「安易な転職はやめた方がいい!」というのが日本で働く現実かもしれません。

しかし物事には限度があります。

どうしても転職せざるを得ない事情や状況もあるかもしれません。そこでこのページでは、転職を真剣に考えたときに絶対に考えておきたい3つのポイントを掲載しました。

これらの問いに真剣に考えることで、その転職が成功するか失敗するか、人生を幸せにするかさらに詰み状態にするか、いろんなことが見えてきます。

私も20代で2回仕事を変えて失敗しましたが、最終的には自分らしい働き方を見つけることができました。

「今仕事に迷っている。このままで俺はいいのか。転職すべきなのか・・・」

という悩むあなたの参考になれば幸いです。

1・自分の未来像を予想する

転職したいということは、今何かあなたは不満を抱えているはずです。それがいったいどんな不満なのか。

転職によってその不満が解決できるか。不満を解決することでどんな自分になりたいのか。どんな人生になることを期待するのか。

転職が頭によぎったら、まずはそこをしっかり考えておくことが大切です。

万が一転職して、今よりもっと悪くなったらそれは最悪ですよね。だからこそ今、自分がどんな不満を持っていて、転職によってどんなふうになりたいのかを明確にしておく必要があります。

それを考える過程で、場合によっては今の職場で解決できる問題も見えてくるかもしれません。転職を考えているときというのはえてして感情的になっているときでもあります。

そういうときこそ、冷静に自分を見つめ、今の状況を見直してみましょう。

2・待遇と会社(業界)の将来性を考える

今の会社の収入ではどうにもやっていけない。ブラック企業で安くこき使われている。搾取されている。業界自体の将来性もヤバイ。

そういう場合は転職を検討する価値があります。

あなたが働いている会社がいわゆるブラック企業で、おまけに会社が存続していく可能性が高いことが分かっている。それなら転職を準備する価値は十分にあります。

というのは、遅かれ早かれ、会社がダメになって転職せざるを得ない状況がやってくるからです。

「俺の会社、もしかしたらブラックかも?収入も待遇も、何かおかしいのでは?」と疑問を感じたら、同業他社等と自社を比較しつつ、今の会社で働き続けていいのか、考えてみるといいでしょう。

3・周囲の人の意見を聞く

最後に大切なのが家族や友人、周囲の声です。

転職という人生の一大事、決断を下すのはもちろんあなたです。しかし、判断材料として周囲の声を聞いておくこともとても大切です。

特に結婚して家族がいる場合は尚更。基本的に妻に反対される転職はひと波乱起きます。

独身の場合でも、周りの友人に自社の状況を話して意見を求めたり、利害関係のない第三者の意見を聞いておくことが、冷静な判断につながります。

周りから反対されても、どうしても転職したい。もしくは、反対されたら「今の会社で頑張ろうかな」と思えてきた。

そういうことがあります。自分の気持ちを試す上でも、最善の選択を選ぶためにも、転職で悩んだら、ぜひ周りの意見を聞いてみることをオススメします。

最後に

終身雇用制度が崩壊しつつあるこれからの時代、転職がより一般的になり、働く側としては、転職という選択肢が増えていく。そんな変化時代がやってきます。

ただ、アメリカのような感覚で転職をするのはまだ早いのも事実。一つの会社で長く勤める。そのメリットが大きいのも日本社会の現実です。

理想論を言えば、一つの会社でキャリアを積み、徐々に待遇アップしていき、退職金をもらってめでたしめでたしができれば、それがいいのかもしれません。

でも、実際に働きだすと、「こんなはずでは・・・」ということ、たくさんありますよね。

人間関係に待遇、仕事自体。「自分がいるのはこの場所ではない」と迷うこともしばしば。そんなときはもちろん、いつもあなたに選択権があります。

そして選択権があるからこそ、自分にとって一番の選択をしたいもの。

「仕事で毎日悩んでいる。このままでいいのか。転職しようかな・・・」

という悩むあなたの参考になれば幸いです。

「給料が安い、待遇が悪すぎる」と悩んだときは