転職で後悔しない!転職の決め手となる基準はこの3つで考える

会社、行きたくねぇ・・・

「毎日会社に行くのが苦痛だ。このまま今の会社で働き続けてもいいのだろうか・・・」

そんなときに考えるのが転職ですが、転職は全てを解決する魔法の杖ではありません。

場合によっては、「転職しなきゃよかった。前の方がマシだったよ・・・」と後悔してしまうことも。

そこで転職で後悔しないために大切なのが、「これがダメなら仕事を辞める!」という絶対的な基準を持つこと。

その主な基準はこちらの3つです。

1・お金、

2・人間関係

3・やりがい

これら3つのうち、どれもダメな仕事なら躊躇なく転職を考えても問題ないくらい、仕事をする上で大切な要素となります。

以下、詳しく見ていきます。

お金

当たり前ですが、仕事をするのはお金のためです。綺麗事抜きに、お金なくして人生生きていくことはできません。

「私はお金なんていい!」というならボランティアで頑張ればOKですが、日々家族を養い、生活していくためには、絶対にお金が必要です。

それであるなら、できる限り自分が選べる条件のなか、稼げる仕事を選ぶというのは、とても合理的な判断です。

ただ、お金については会社によって千差万別。同業他社でも給与の待遇に大きな差があることも少なくありません。

また、今の時代、副業の可否もとても大切な要素でしょう。会社が副業OKなら、仕事を頑張りつつ、その他で稼ぐ方法を見つけて収入アップを目指すことができます。

そこら辺のスタンスは会社によって様々なので、給与面で納得できない要素があれば、給与交渉をするか、転職を検討する是非はあるかもしれません。

人間関係

どんな仕事をするか、それよりも大切なのがどんな人と働くか。社会人になって驚くのがまず、世の中にはほんとうにいろんな人がいる、ということ。

なかには尊敬でない、「この世にこんなク○野郎がいるのか」というような人もいます。それが上司だったり同僚だったりしたら最悪。

会社で働けば、1日のほとんどを彼らと過ごすハメになります。そこでいじめられたり、理不尽な扱いを受ければ、仕事をするのが苦痛になり、毎日が「仕事、行きたくない・・・」の連続になってしまいます。

しかし逆に、尊敬できる上司、人間的なつながりを感じられる同僚等がいる職場で働くことができれば、だいたいのことは我慢できるようになります。

実際、転職を考える人の多くが人間関係を理由に転職を決断しているそうですが、やはり人間関係というのは、仕事を続ける上で、避けては通れない問題です。

職場で理不尽にいじめられている、人間的に終わっている人ばかりである。そんな環境であるなら、我慢をする必要はないかもしれません。

やりがい

仕事をして達成感を感じる。仕事をすることに意味を感じる。達成感というのは長い人生、仕事を続けていく上で必要な燃料のようなもの。

やりがいが全くない仕事をダラダラ続けていると、人生を無駄にしているような空虚感を感じてしまいます。

人生は一度きり。やりがいのないこの仕事を続けていていいのか、誰もが悩む問題かもしれません。

ただ、やりがいというのはちょっとしたことで見つかります。自分の意識を変えたり、仕事のやり方を工夫することで、同じ仕事でも、やりがいが見いだせる場合もあります。

なので、やりがいだけを理由に転職を即決するのは、もしかしたら早計かもしれません。

お金もダメだし人間関係も終わっている。おまけにどれだけ仕事を頑張ろうとやりがいを感じられない。

そういう場合、自分の適正や興味を見直して、新しい仕事にチャレンジしてみる価値があるかもしれません。

最後に

以上が転職を考える上で大切な3つの要素になります。

転職をするとなると、ある意味人生をやり直すのと同じくらい、大きな覚悟が必要です。それで良い結果が出ればいいですが、場合によっては転職を後悔してしまう可能性もあります。

転職して後悔しない。そのために、自分が一体何を目的に転職をするのか。お金なのか人間関係なのか、それともやりがいなのか。

自分に欠けているもの、必要としているものは何なのかを見極め、バランスを考えたいところです。

ただ、現実問題、転職でお金も人間関係もやりがいも、何もかも満たせる仕事を見つけるのは相当難しいです。

だからこそ仕事探しにおいては自分なりの優先順位を決めて、何を重視し、何を捨てるのか、そこを冷静に見極めた方が安心です。

転職を考えて悩んでいる方は、参考にしてみてください。