「もう、この会社で昇進は無理だ」と悟ったときはどうすべきか

今日も疲れたよ・・・

「今の会社で身を尽くして働いた。しかしどうにも昇進できない。先輩たちも会社をどんどん辞めていく。この会社を見限って転職を考えた方がいいのか・・・」

会社人生、ときにそんな選択を迫られる場合があります。

もう何をどう頑張っても出世できない。当然、給与も待遇もアップする見込みはない。そんなときは一体どうすればいいのか?

これがこの記事のテーマ。

転職者の転職体験談等を調べてみると、

昇進できない=会社に見切りをつけられているor会社自体に将来性がない→会社に居座るより辞めてしまったほうがいい

と考える人が多いようです。

確かに、出世もできないのに会社に居座る。すると周りからも「あの人、辞めないんだな」と微妙な空気で見られてしまうのが辛い場合もあります。

なので、いっそのことスパッと会社を辞めて、別の道を探すのも最もなことなのかもしれません(むしろすっぱり辞めた人がその後別の場所で活躍するのはよくある話です)。

誰にとっても最善の転職はない

ただ人には事情があります。

一概に会社を辞めてしまった方がいいかというと、結局は人それぞれ。

・年齢が若い(20代~30代前半)

・今すぐ会社を辞めても問題ない(=転職で仕事を見つけられる自信がある)

・身軽で借金がない(住宅ローン等組んでいない)

・既婚者であれば家族の賛成を得ている(妻に会社ではもう出世できないことを伝えて、妻が「それならもう辞めてもいいんじゃない」とOKを出してくれる)

このような場合は覚悟を決めて退職届を出すのもありかもしれません。

しかし、

・40歳を超えている

・転職で今と同等、もしくはそれ以上の仕事を見つけられる自信がない

・住宅ローンを組んでおり、収入減のリスクは避けたい

・妻が転職に頑固に反対する。仕事を辞めさせてくれない

そんな場合は、出世が期待できなくても、あえて会社に残るというのも一つでしょう。

それはもしかしたら、辛い日々になるかもしれません。

しかし、逆に出世の見込みが絶たれたなら、もう会社には期待せず、会社から「もらえるものはもらってやる」くらいの考えで、会社にしがみつくのも一つの考え方です。

最終的に決断は個人の事情次第

一番理想なのは、出世の見込みがない会社に居座るより、いっそのこと転職して、出世して収入アップ&待遇アップが期待できる方が、頑張りがいがあるかもしれません。

しかしそれは確実性がありません。会社は努力すれば努力が報われる場所とは限りません。頑張っても理不尽な評価を受ける場所でもあります。

だからこそ、出世が見込みず、決断を考えなければいけないときほど冷静に、転職するメリット、デメリットを天秤にかける必要があるのではないでしょうか。

方法としては、転職するしないにしても、転職エージェントに登録して、良い仕事と出会うチャンスを待つ方法だってあります。

何せよ、辞めるかしがみつくか、二者択一の選択肢で考えるのではなく、自分のキャリア、将来にとって、あなたのライフプランに沿ったものになるのかを、熟考することが大切です。

転職は一度決断してしまうと、もう後には引けません。

だからこそ、場合によっては転職せず、会社に居座る(リストラされない限り)という選択も考慮しておくことのが安心です。

辞めるにもしも即決せず、自己投資のためにお金を使いスキルを身につけ、転職エージェントで最良の仕事を探しつつときを待つ。そんな準備が大切。

「自分なりに頑張ってきたけれど、もう出世は無理そうだな・・・」

と悩んだときは、あなたの事情を考慮して、リスクの小さい選択を検討してみてはいかがでしょうか。