ストレスで抜け毛増加。ストレスが髪によくないのは本当だと思う

ストレスがたまっている男

洗面台に抜け毛。枕に抜け毛。髪のセット中に抜け毛。

そんなときにそっと襲ってくるのが「ハゲてしまう」ことへの恐怖

私も一時期、朝起きたとき、シャンプーしているとき、一時期異様に抜け毛が気になった時期があって、その当時は「ハゲ」の二文字が頭に浮かび、心底体が震えてしまったものです。

結果的には何事もなく、抜け毛は治ったのですが、なぜそんなことになってしまったのか、自分なりに原因を考えたところ、犯人が判明。

その原因はストレスでした。

本当の敵はストレスにあり!?

その当時は30代。

・失恋による気持ちの落ち込み

・仕事の量が増加

・引っ越しの準備や手続きで大忙し

と公私ともに大変なことが続いて、かなりストレスがかかっている状態。それが私の頭皮環境を乱し、抜け毛という症状として噴出していました。

ところが、これらのストレス源が緩和するにつれ、抜け毛の数は減少。結果的にめでたしめでたしで、ハゲてしまう不安は解消されました。

この体験から、本当にストレスは髪に良くないのだなぁと実感。日々の暮らしにおいて、無用なストレスをためないよう、気をつけるようにしています。

その結果、抜け毛の数は激減し、抜け毛を見るたびに感じていた恐怖を克服。安心して眠れる日々を取り戻すことができました。

ストレスを甘く見ない

ストレスは生きているかぎり、誰にでも襲いかかってくるもの。ストレスを甘く見ていると、それが薄毛を引き起こす危険な要因になってしまいます。

実際、「私もストレスなんてなんとでもなる」と甘く見ていたところ、まさかの大量抜け毛が発生。

それまでは髪のボリュームの多さに悩むくらいで、抜け毛のことなんて気にもしませんでした。

ところが、急激に抜け毛が発生。ネットで調べてみると、「抜け毛はハゲのサインです!」ということが書かれているではありませんか。

あのときの恐怖は、今でも忘れることができません。

だからこそ、

「ストレスをためてると、本当に髪に良くない!」

あなたにはそのことを強くお伝えしたいと思います。

薄毛は生活習慣である

ハゲてしまう原因というのはいろいろあるのかもしれません。

しかし、日々の生活習慣が薄毛を誘発する原因になるのは確かです。その最たるものがストレス。

やっぱり、イライラしたり不安だったりする状態というのは髪に良くないんでしょうね。

体にぱっと見、何の異常がなかったとしても、気づかないところで、体は悲鳴を上げているのかもしれません。それが抜け毛という症状として現れてくるのだと思います。

だからこそ、抜け毛が気になり始めた時、ハゲの不安に怯える前にすべきなのは、日々の生活で、思い当たる原因がないかどうかを確かめることです。

最近ストレスたまってませんか?公私において大変なことはありませんか?まずはそういった、身近なところから確認していきましょう。

もし思い当たることがあるなら、それを解決していくことが、究極的な抜け毛対策になるかもしれません。

「最近抜け毛が急に増えてしまった・・・」

と不安に感じる方は、1つの体験談として、参考にしてみてください。

この前兆は危険!?20代でM字ハゲになる前兆