気になる女性に声をかけられない。そんなシャイなあなたが意識したいこと

これでボクも彼女ができました!

「最近、気になる女性と出会った。男らしく声をかけたいけれど、自分はシャイで、なかなか声をかける勇気が持てない・・・」

この記事はそんなあなたのための記事です。

別に今すぐ勇気を持って、気になる女性に声をかける必要はありません。まずは次のことを意識して、出会いをチャンスに変えていくことが大切です。

はじめに

まず結論から。

気になる女性に声をかけられない。それならまず意識すべきことが1つ、あります。

それは、気になる女性とひんぱんに顔を合わす機会を作ることです。声をかけなくともまず、女性にとって顔見知りの男性になること。

目指すべきは、まずそこです。

「知らない男」状態で声をかけてはいけない!

女性は基本的に知らない男性に対する警戒心が高いです。

すなわち、関係性が全くないのに、いきなり声をかけても、警戒され、撃沈する可能性が高いです。

最悪の場合、理不尽なストーカー認定され、永遠に距離を近づけるチャンスすら失われてしまうリスクあり。

だからこそ焦りは禁物。シャイで気になる女性に声をかけられないことは、必ずしも悪いことではないのです。

具体的にはどうするか?

では具体的に何をすればいいのか。意識することはただ一つ。

女性と話ができないまでもまず、1ヶ月くらいは、女性と顔を合わす機会を作ることに行動を集中します。

あなたが学生なら気になる女性が参加しているサークルに入る。彼女が受講している講義を受ける。そういったことから始めるのです。

気になる女性がレジ店員であるなら。店に通う機会を作り、顔を覚えてもらうのです。

可愛い店員に連絡先を渡すのはそれほど怖いことではない

そこで無理に声をかける必要はありません。まず「知ってもらう」ことから始めてみましょう。

シャイマンが彼女を作る鉄板

以上をもとに、シャイな男にはシャイなりの戦略あり。無理せずじっくり。段階を踏んで出会いのチャンスをつかむことが大切です。

ただ一方で、なかなか気になる女性に声をかけられない男性としては、一回限りの婚活パーティーや出会い系などで女性と関係を作るのは有利なことではないかもしれません。

なので、出会いの数を増やしていくというよりもむしろ、どこか定期的に通う場所を作って、そこの顔なじみとなり、女性とじっくり関係を深めていくほうが、手順的には正解かもしれません。

更に実践的なヒントを一つ

そのためにはまず、日常の生活において、顔を出す場所を作ることが第一の条件。

シャイで女性に貪欲に声をかけられないなら顔を合わす機会を増やすこと。そのためには、顔を出す場所を増やすのが正解。

定番なのは女性が多い英会話スクールなどの習い事。もっとアグレッシブに攻めたいならバー(出会いバーではありません)。

いずれにせよ、

1・定期的に通う

2・通うのに無理がない

3・そして女性がいる

この3つの条件を満たした場所を日常生活の中で発見。

時間を作って通い続けるのがポイントです。

より詳しく知りたい方は別途こちらの記事で詳細をご紹介しています。あわせて参考にどうぞ。

結婚したい。でも婚活は嫌だ。ではどうやって出会えばいいか?

まとめ

「シャイでなかなか女性に声をかけられない」

それなら意識すべきことはただ一つ。

女性と顔見知りになること。顔見て、「この人の顔は知っている」人になることをまず優先することです。

顔を知ってもらえば、話ができるハードルがグッと低くなります。最低限、「見知らぬ危険人物」からは除外されますので、それだけでも吉。

縁があれば、会話できるチャンスも見つかるかもしれません。

なので、無理に特攻をかける必要はなし。まず気になる女性と顔を合わすこと。それだけを意識して、行動してみてはいかがでしょうか。

参考にしてみてください。

こちらもどうぞ

東京在住のビジネスマンにシェーン英会話が安心な理由

独身男性が女性と自然に出会うために「常連」になっておきたい場所3選

婚活サイトに登録する前に覚悟しておきたい婚活の現実