どうにもならない女性への恋に苦しんだ君に送る言葉

スポンサーリンク

告白して撃沈する男

君は、3年間に及ぶある女性への恋に、一つのけじめをつけたことを話してくれた。

君はまだ頭で気持ちを割り切ろうとしているけれど、心の中ではきっと、割り切れないモヤモヤがあると思う。

そこでお兄さんが一つ、君の心のなぐさめになるかもしれない話をしたいと思う。

今すぐ起こったことすべてに納得する必要はないけれど、今の絶望的な気持ちは一時的であること。

そしていつかきっと、今の君が心から味わっている絶望は無意味ではなかったことに気づけること。

そのことを伝えたい。

スポンサーリンク

恋の傷は今すぐは癒せない

おそらく人生において、心から誰かに恋い焦がれて、激しい恋心を抱くことは、本当に少ないことだと思う。

その思いは「一発決めたい」とか、そういう下劣な気持ちではなくて、本当に彼女を心から自分のものにしたい。幸せにしたい。

そういう、純粋な動機から湧き出てくる気持ちだと思う。

でも君も知っているように、そういう純粋で誰かを愛そうとしても、いろいろな事情によって、うまくいかないこともたくさんある。

彼女には彼女、君の気持ちを受け入れられない事情があることは、君自身、最初からうすうす気づいていたことだと思う。

だからいっそう、割り切れないし、辛い気持ちを持っているのだと思う。

それはもう仕方がない。今すぐその気持ちを癒す特効薬がないことが、本当に残念だ。

答えはいつか見つけることができる

ただ忘れてはいけないのは、その苦しみは一過性のもの。君の人生で一時的に感じる苦しみであることは朗報だと思う。

そして君は、「恋愛でこんな苦しい思いをするくらいなら、もう二度と恋愛なんてごめんだ」と思っているかもしれない。

今はそれでいい。でも、いつかきっと、なぜこの恋愛がうまくいかなかったのか。苦しいだけで、何も報われることがなかったのか。

その理由が分かる。そしてそのとき君はきっと納得できる。

「そうか、あのときあんな苦しい恋愛をしたのは、こういう理由だったのかもしれない」と、君自身、心から納得できるときが来ると思う。

この意味で、君は人生において本当に貴重な経験をした。

まだ気持ちを整えることはできないかもしれないけれど、そのことだけは、忘れないで欲しい。

今君が集中すべきこと

本当に好きで、大切に想う女性と縁がなかった。

彼女が別の男と幸せになることを知って、言葉にできない大きな苦しみ。まるで自分が引き裂かれてしまうような、哀しみに沈んでいるかもしれない。

だから「彼女の幸せを願いなさい」なんてきれいごとを言うつもりはない。

今はきっと、虚しい結末に終わってしまったその恋の痛手を、癒やすことに専念すればいい。

そう、男だって辛いときは辛いのだ。だって、男にとって最高の成功の一つは、自分自身が「この人だ!」と確信した女性と愛を作っていくことなのだから。

だから君は、今すぐ無理に明るくなる必要はない。ただただ自分を大切にして、ゆっくり休むことが大切だ。

もう少し時間が経って気持ちが落ち着いてきたら、そのとき今までのことを振り返ればいい。

そしてそのとき、君が激しく恋をしたその女性の幸せを、できる範囲で願えばいい。

最後に

最後に、私が好きなこの言葉を君に送りたいと思う。余裕があれば、心のなかで3回、その言葉をつぶやいてみるといい。

この世の最高の幸せ、それは誰かを愛し、その人から愛されること。

この言葉は、『ムーラン・ルージュ』という昔の映画に出てくる台詞だ。

この言葉を吐いた男は、恋をしてはいけない女性に恋に落ち、そして最後に彼女を失った。

君がもしその映画を観れば、彼の姿はもしかしたら、君自身に重なるかもしれない。

彼は今の君と同じく、ボロボロの哀しみのなかに沈み、希望を持てない姿をさらしたまま、映画は幕を閉じる。

でもそれでいいのだ。

どうにもならない気持ちはどうにもならない。その恋はもう終わった。今は、そう考えるしかないのだ。

だからあせらなくていい。君は自分自身を叱咤激励するしかない。今はただ時を待とう。また心が前をむき出し、先へ進むことができるまで。

そうすればいつか出会えるかもしれない。

君自身が心から愛し、そして向こうも君を心から愛してくれる。そんな素晴らしい女性との出会いが。

こちらもどうぞ

結婚したい。でも婚活は嫌だ。ではどうやって女性と出会えばいいか?

「あのとき声をかけられなかった」後悔は一生残る

独身男性が女性と自然に出会うために「常連」になっておきたい場所3選