これでハゲの悩みはさよなら?ロゲインの効果と副作用

薬研究者

この薬でハゲが治る?

発毛効果が期待できる有名なAGA治療薬、ロゲイン。

ロゲインを使えば本当にハゲが治るのか、安全性に問題はないのか、最低限抑えておきたい知識をまとめました。

投薬でのAGA治療に興味をお持ちの方は、参考にどうぞ。

ロゲインとは

ロゲインはAGA治療で使う薬のこと。アメリカの会社の薬で、日本では未許可の薬です。

ロゲインにはミノキシジルが配合されており、アメリカ版「リアップ」とイメージすると分かりやすいかもしれません。

それでどんな効果が期待できるかというと、ずばり発毛。

リアップ同様、外用薬と内服薬の2タイプがあり、気になるところに塗る、もしくは薬を飲むことで、育毛効果が期待できます。

入手法は?

ロゲインは日本で未認可の薬。

入手するためには、医師に保険適用外(多少お金がかかります)で処方してもらうか、もしくは自分で個人輸入する必要があります。

その点、入手するのが少し面倒かもしれません。

知らないと危険?ロゲインの副作用

「これでハゲが治るかも!」

期待を持ちたいところですが、絶対に知っておきたいのが副作用。

ミノキシジルの記事でも書きましたが、ミノキシジルには副作用が発生する可能性があります。

例えば外用薬ならかぶれ、痒み、赤みなど。内用薬なら心臓の動悸や血圧の問題など。

病歴や体質的にミノキシジルは絶対NGな方もいるので、もしロゲインを使用するなら、病院で医師に相談するのが安心です。

ミノキシジルは高血圧治療を目的として開発された成分が含まれています。そのため、循環器、血圧に問題が発生するリスクがあります。)

最後に

以上がロゲインの基本的な知識になります。

「リアップ」のように薬局で買うことができず、手に入れるためには医師の処方が必要ですが、リアップ同様、薬を飲んで投薬治療ができます。

ただ、ミノキシジル配合の薬なため、副作用が発生する可能性も否定できません。

ロゲインを手に入れる場合、個人輸入での自己判断投与は避けて、医師に既往症の説明をして、その上で服用を決めることが大切です。

もし、投薬に不安を感じるようであれば、医師に相談したり、別のAGA治療を選択するのが安心です。薬を飲んで体を壊すのは最悪。

自己判断での投薬は避けたほうが安心です。

「どうしてもハゲを直したい!」と悩んだら専門クリニックでAGA治療