リストラ自由化時代が到来。これから「生き残れる人」の考え方とは?

えっ、僕はリストラされるんですか?

このページでは、現在20代~30代の現役真っ盛りの方向け、将来のいつか「どうして自分の人生はこうなってしまったのだろう?」と後悔しないために考えておきたい問題を提起しています。

人生いつどこでどうなるかは分かりません。だからこそ今。最悪を考えて、これからのことを考えておくことが大切ではないでしょうか?

ということで、ここまで読んでほんの少しでも心に引っかかる何かを感じたあなたは、こちらをご覧ください。

はじめに

それで一体何の話なのか?

今あなたが会社員として働いていても。そしてあなたがいわゆる有名な会社に所属していたとしても。「俺の会社は有名だから安泰である」と安心しないことをおすすめしたい話です。

というのはあなたもすでにご存知のように労働法が改正され、いわゆる日本の企業がリストラ、つまり解雇が柔軟にできる環境が整いつつあります。

となれば若いうちに安い給料で我慢し、年功序列で給料が上がっていく。そんな希望はもはや持たない方がいい、という話です。

むしろ、若いうちに我慢して会社に勤めても40代になって突如リストラ、という可能性が現実にあります。会社に忠誠を尽くす云々の話ではありません。自分の身は自分で守れ、という時代なのです。

ただしあなたが大手インフラ会社や天下りのための特別な団体に勤務している場合はその限りではありませんので、これ以上この記事を読む必要はありません。

現実的に経営陣は責任を取らない

平成が終わり令和になり、過去の幻想は完全に終了しつつあります。

年収300万代は当たり前。「普通の人生」と思われていた人生すら、普通に送ることが難しくなっている現実はあなたも、肌身で実感していることでしょう。

だからこそ時代の危機感を感じている人は、「会社に一生」というわけではなく、会社に頼らず、むしろ会社を利用することを考えています。

それは、いつでもクビになり売る会社員ならむしろ当然の権利です。会社が傾いてもトップは責任を取らず高禄を手にし、その責任を従業員に押し付けリストラする。

あなたもご存知の通り、大企業のトップが経営不振で責任を取ることはほぼありません。

本来なら経営戦略が間違った結果経営不振に陥ったのですから、経営陣が責任を負うのが筋ですが現実はそうなりません。役員がリストラされるのが本来の筋のはずですがかわりに一般の社員がクビを切られて終了です。

組織は頭から腐る。それならば下の者が会社に忠誠を尽くすより、会社のことより自分の生き残りを優先するのは自然な話です。皆それぞれが自分1stになるのを責める権利は誰にもありません。

会社勤めはドライでいい

話はそれましたが、大切なのは会社がそもそも一生の奉公先ではない、という認識を持つこと。そして日々の仕事に取り組みつつ、あなたが市場においてその価値を認定される存在を目指すことです。

昔のようにある会社に勤めて忠誠心を捧げればそれが報われる時代が完全に終了した現実を見れば会社を自分のステップアップのための踏み台として勤める人が登場するのは当たり前です。

もちろんそれを口にする必要はないですし、「私は会社を最大限活用します」と公言するのはおすすめ致しかねます。

会社に勤めることはもはや完全なビジネス上の取引であって、必要な利益を提供してくれる相手なら取引を続ければいいだけの話ですし、それができない相手なら別の方法を考えればいい、というシンプルな話です。

そして、会社員であることのメリット(信用力)を最大限に活用しつつ、「もし自分がこの会社を辞めたらどう食べていくか?」という本質を、追求していく。

つまりドライに会社と付き合える人がこれからの世の中でしぶとく生きていくことができます。

生き残りのヒントは「今」目の前にある!

ではそのためにどうすればいいか?副業。投資。選択はいろいろあります。もしかしたらあなたも具体的な手段を検討中かもしれません。

とはいえ、ゼロから新しいことを学び実践していくことはなかなか大変です。

そこで一番無理がないのは、今している仕事に着目すること。すなわち今の仕事で必要とされているスキルに商業的な価値を見出していくのです。

例えばあなたが営業をしているとします。

あなたはセールスや既存顧客との関係維持など、様々なスキルを発揮して仕事をしているはずです。そのスキルはあなたの財産です。そしてあなたのスキルを必要とする人はどこかにいます。

あなたが身につけたスキルを欲しがっている人はどんな人か?どのような形で商品できるか?現場で身につけたスキルを何らかの形でビジネス化することは難しいことではありません。

もちろん、あなたは今すぐ何かを始める必要はないかもしれません。

しかし「万が一」のさいは、「あなたが今までしてきたこと」のなかに、あなたの将来を安心させるための武器が隠されていること。

そしてそれは会社員を辞めて飲食業を始めるような未経験の仕事を始めるより、よほどリスクは低いということも知っておく価値があります。

ここまでのまとめ

長くなってしまったので話をまとめます。

もはやこれからの日本で「雇われて」仕事をしている人は全員が、もはや一生正社員でいられるという幻想を捨てる時期に来ています。

もちろんそれは可能性の問題なので、全員が全員当てはまることはないでしょう。しかし、多くの日本人にとって「一つの会社に一生勤める」という人生を送れる可能性は非常に低い、というのが今見えている将来の姿です。

「自分の会社は有名だから安心である」と課題な期待を持っている場合。40代を迎えた、最悪の現実を目の前に突きつけられる可能性があります。

ではどうするか。「○○会社の誰々」というセルフイメージではなく、あなたはどこの誰で、何ができる人間なのか?つまり「自分」という看板を意識して仕事に取り組むことです。

今あなたがしている仕事は会社から与えられているものかもしれません。しかしそのなかで、あなたは自分ができること。できないことを実感することができます。

そのなかで、何をすればあなたが自分が生き残れるのか。今与えられているヒントを見つけることができます。それが「まさか」のとき、あなたが復活するチャンスを与えてくれるでしょう。

最後に

どこどこの会社に就職すれば一生安泰。そんな時代は完全に過去になった現状、問題となるのはあなたが何者であるか、という本質です。

あなたが今会社員をしていても、最悪が起こらない保証はありません。だからこそ大切なのは、最悪を想定して常に会社と向き合うことです。

会社はいつでもあなたをリストラする権利があります。そして、会社が傾いたときクビを真っ先に切られるのは、経営者ではなく一般の社員です。

御恩と奉公は、互いの安定的な信頼関係があってこそです。

時代が変わってしまった今、就職は完全な取引。会社を利用できるなら全力で利用してもいいのです。スキルアップの研修など、使えるものは使えばいいのです。

間違っても「うちの会社は自分を守ってくれる!」と安心するのはやめたほうが身のためです。

ということでポイントはシンプル。今現在このときより、「もし自分がこの会社を辞めたらどう食べていくか?どうすれば市場で自分が必要とされる人間として評価されるか?」と考えながら仕事をする。

そのカギは今あなたがしている仕事にあります。あなたはどんなスキルを使っていますか?そのスキルをどうすればお金に換えられますか?

「真剣に考える価値があります」ということをお伝えし、この記事を終了します。大変な世の中ですが、お互い頑張りましょう。

こちらもどうぞ

「こんな会社はいつでも辞められる」これが仕事で自分を追い詰めない心構え

転職は立つ鳥跡を濁さず。押さえておきたい円満退職の手順

男が人生で本当の安定を手に入れるために知っておきたい「生き金」と「死に金」の違い