連絡先交換さえ断られる。それはマイナスではなくむしろプラス

女性に拒否られた男

出会いを求め、気になる女性と出会うことができたなら、即座に彼女の連絡先を入手するのが男として取るべく行動。

ところが。

連絡先を交換しようにも、あっけなく断れてしまうこともあります。

これはこれ以上ないほどの脈なしなのですが、むしろ最初から連絡先交換を断られることは、別に悲しむことではありません。

なぜなら、相手の女性は最初からNGを出してくれたのです。それはつまり、時間とお金をムダにせずにすんだ幸運なのです。

スポンサーリンク

はじめに

女性を追いかけて一番虚しいこと。

それは、連絡先を交換でき、おまけにデートも何回もでき、「これはいけるぞ!」と思っていた女性に、最後の最後でフラれてしまうことです。

脈があるように感じたから時間とお金を投資して彼女を追いかけた。

ところが実は、彼女にとって自分はキープ君で、本命がダメだったときの代替品だった。

実際恋愛はこんな、失望満載の出来事が起こります。そして、こういうときほど、恋愛がアホらしく、虚しく感じてしまいます。

関連記事

いつも彼女に振り回される。そんなあなたはキープ君かも

連絡先を拒否する女性はある意味ありがたい

恋愛で大切な脈なしを早急に判断して、彼女にできる見込みがない女性を、早急に切ることです。

それによって、自分に脈がある女性を追いかける時間とお金の余裕を持つことができます。

しかしタチが悪いのは、自分に脈がありありなのに、実はそうではないケース。

これはほんとうに時間のムダですし、お金もムダになります。

この意味で、最初から連絡先の交換を拒否してくる女性は逆に、誠実な女性。男性的には非常にありがたい女性です。

脈なしが分かるのは早ければ早いほどいい!

ということで、気になる女性が見つかり、残念ながら連絡先の交換を拒否されてしまった。

それならそれで、こう考えるのがおすすめ。

「そうかい、彼女は露骨に脈なしなんだ。脈なしの彼女を追いかけて時間とお金をムダにせずにすんだ。自分はツイてるよ」

人生、時間もお金も限られています。

どうせ投資するなら、自分に脈あり。頑張れば彼女にできる女性。一発決められる可能性がある女性に積極的になりたいもの。

最後に

自分に全然気がない。頑張っても振り向いてくれない。そんな恋愛は、ただの時間のムダ。

「オレは女性から嫌われて罵倒されるのが好きなんだ!」

という方以外はおすすめできない苦行です。

脈なし感を実感したら即座に撤退。また出会いを探すのが吉。なぜなら世の中にはたくさんの女性がいます。

あなたの腕に抱かれるのを待っている女性はたくさんいます。くれぐれも、脈なし女性を追いかけて、時間とお金をムダにするのはやめましょう。

こちらもどうぞ

結婚したい。でも婚活は嫌だ。ではどうやって出会えばいいか?

彼女にできない女性をあきらめるタイミング

脈なしを追い続けるほどお金と時間のムダはない