彼女にできない女性をあきらめるタイミング

デート中

「あの子可愛い。彼女にして、いっしょにいろんなことをしたいなぁ・・・」

そこで男たるもの、行動あるのみで男としてすべきことをしていくのですが、残念ながら、何度アタックしても、どうにも彼女にできない、「ご縁がない」女性も存在します。

それで、そのような脈なし女性に頑張り続けるとどうなるかというと・・・

・付き合える彼女との出会いのチャンスを失う。

・無意味にお金と時間を浪費するハメになる。

このように男にとってロクなことがありません。

そのため、女性にアタックをするときは、ある程度の段階で、いわゆる損切り(あきらめ)が大切になってきます。

限度額は3万円

基本的に男女関係は残酷なものです。付き合える女性は付き合えますが、彼女にできない女性はどう頑張っても無理。

それを適切なタイミングで判断する必要があるわけですが、では、どうやって無理かどうかを判断するのか?

考え方は2つあって、まず1つはお金。

『結婚は4人目以降で決めよ』という本では、「デートで3万円使ってその女性とキスができなかったら、その女性はスッキリあきらめなさい」ということが書かれていますが、これは本当にそうだと思います。

付き合える女性(=脈がある女性)は、それほどお金をかけなくとも、スムーズに交際に至ることが多いです。

しかし、付き合えない女性(=脈がない女性)は、いくらデートでお金をかけても、「美味しいご飯に連れてってくれる人」がせいぜい。最後は金の切れ目が縁の切れ目になりやすいです。

そのため、デートで何度も食事へ行き、トータル3万円まで使って、どうにもならない場合、それ以上その女性にお金を遣ったとしても、ムダになる可能性が高いです。

男として絶対に避けたいこと

また注意したいのは恋愛になれた強者の女性。

いろんな意味で経験豊富な女性のなかには、意識的に「こいつはいくら私にお金を使える余裕があるか?」を計算して、こちらからお金を引き出そうと画策する類の女性がいます。

そのため、「もっと彼女とデートしたら、もっと彼女にプレゼントしたら付き合えるかも」などと期待を抱いていると、どんどん毟られていくのでご注意ください。

基本的な原則として、好きな男には余計な負担をかけさせたくないというのがまともな女性の考え方です。

(デートでおごるのは男の甲斐性ですが、「男におごってもらって当然!」という態度の女性はいろんな意味で危険なので、最初から選択肢から外した方が安心です。)

そのため、男性側の負担を一切かえりみず、デート代やプレゼント代がかさむ女性は脈なしであるだけでなく、お金や時間をムダにし、精神的ダメージをプレゼントしてくれるだけの存在です。

3万遣おうが、10万遣おうが、50万遣おうが、待っている未来は同じです。そして、あなたがその女性にお金を遣えば遣うほど、あなたはその女性にハマっていき、むしり倒されてしまいます。

この意味で、「3万円使ってダメならあきらめろ」という主張は、本当にもっとも。見切りをつけるのは、早いに越したことはありません。

デート回数はMax5回まで

それともう一点、ポイントはデートの回数です。

一番理想なのは、最初のデートで手を握る。二回目でキス、そして三度目で・・・。というのがスムーズですが、多くとも5回以内に勝負を決するのが合理的な考え方です。

それ以上、ダラダラデートして、キスもできず付き合うこともできない相手は、可能性的に「脈なし」と考えておく方が失望しません(男性経験が少ない女性は除く)。

そのため、最長5回デートしてそれ以上進展が見込めない場合は、「こりゃ無理だな」と徹底し、次へ進むのが安心です。

5回デートすると3万円を超えることになるので、個人的には3回以内のデートでキスができるかで判断した方が確実だと考えています。)

人生のムダは何かというと、実現の見込みがないことに執着し、時間とお金、そして労力を無意味に浪費してしまうことです。

それだけ頑張っても結局何も得られない。そして何も残らない。一言で言うと最悪です。だからこそ、無理目な相手は、さっさと見切るのが幸せで自信満々な男の鉄則です。

まとめると

以上まとめると、「この女性を彼女にするのは無理だな」とあきらめるポイントは次の2点が妥当です。

1・その女性にデートで3万円使っている。

2・デートを5回したが、キスすらできていない(=今後の発展の可能性がゼロに近い)。

この場合、確率的に考えて、思いが成就する可能性は極めて低いと判断した方が現実的です。

そのため、それ以上その女性にお金、労力、気持ちを費やすのはあなたにとってマイナスになります。

あなたが手にする女性を手にするために、あなたの貴重なお金や時間、労力をムダにしてはいけません。

あきらめるときはスパッとあきらめ、次へ向かう。それを繰り返していればきっと、出会うべきご縁と出会います。

どうせお金や時間、労力を使うなら、自分に気持ちがある女性の方が男として幸せ。手に入らない女性ではなく、手に入る女性を幸せにしたいものです。