仕事のメールやLINEは即レスが基本。ただし恋愛に限っては話が別

ナンパな雰囲気の男

できる男は即レスが基本。

反応率を高めることで周囲からの信頼性アップ。社会では「仕事ができる男」の仲間入りをすることができます。

ところが、即レスにおいて唯一の例外があります。それが、恋愛における即レスです。

この話は多少小細工的な感じもしないではありませんが、恋愛においては、誠実さ、正直さが必ずしもプラスになるとは限りません。

必要におうじて即レスをしない。連絡が来ても返信を放置する。それが必要な場合がある、という話です。

あなたは女性からの連絡に即レスしていませんか?

連絡が来たらできる限りすぐ返す。その態度はまさに、「私はあなたのことを尊重しています」という誠実な態度そのもの。

ところが、世の中にはいるんですね。その誠実さを勘違いする女性が。

女性から連絡があれば即座に返信をする。そんなことをしていると、

「こいつはいつも即レス。暇な男?」

と勘違いをし出し、あなたのことをなめ始めます。

すると、その女性を口説くことは不可能になります。なぜなら、女性は「自分より下」と思ったら男にはキュンキュンしないばかりか、軽蔑する生き物だからです。

「そりゃ間違いだろ?女性は豆な男が好きって言うじゃん。返信が速いのは豆ってことでしょ?」

と思うかもしれません。

しかしそれは、こんな間違いがあります。

マメな男は確かにモテる。ただしそれには条件がある

女性が言うマメな男とは、女性が興味を持っているor「好き」な感情がある男です。

なので、女性からその他大勢扱いされているときや、全く関心を持たれていないとき、女性に対してマメになってしまうと、

「こいつは暇野郎だ」となめられたり、「返信早すぎ。重すぎる」とあなたの意図とは全く違った結果になる可能性が高いです。

そのため、マメな男になるには、あなたが目当ての女性の彼氏にランクアップした後がベストです。

そうすれば、「釣った魚にも餌をあげる」誠実な男として、彼氏の地位を維持することができるでしょう。

この意味で、特に恋愛初期においては、即レスはNG。適度にタイミングを伺う必要があります。

では、女性に対するベストな返信タイミングはどうなのか。

その話についてはこちらの記事にて詳しくご紹介していますので、そちらをご覧ください。

気になる女性とメール・LINEをするときの返信タイミング

ポイントをかいつまんでご紹介すると、「相手の返信ペース」に合わせるということです。

その理由を考えれば、なぜ即レスがNGなのか。マイナス効果なのか。ご理解いただけると思います。

最後に

以上、実社会においては基本的に男性は即レス。上司に対しても部下に対しても職場のカワイコちゃんにしても。

ビジネスの現場においては速さは正義ですが、恋愛で同じように行動すると、あなたは女性から低い評価をされる可能性があります。

大切なのはTPO、そして相手に応じて対応を柔軟に変えていくこと。

もしあなたが、気になる女性の連絡先をゲットして、そこから口説きにつなげていこうとするならばぜひ、返信のタイミングについて、正しく考慮することが大切です。

そのタイミングを間違えないことによってあなたは着実に、女性との距離を縮めていくことができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

こちらもどうぞ

最低限覚えておいて損がない女性の「誘って欲しい」サイン