「もう恋愛はめんどくさい」と思ったら、無理に彼女を作る必要はない

彼女の鬼ラインに悩む男

恋愛とは良いことだけではありません。彼女とあんなことやこんなことが楽しめる反面、いろいろ面倒なことが付随します。

とくに、彼女が依存系のタイプだったり、常時連絡を欲する不安系のタイプなら、面倒事は激増します。

例えば毎日電話を要求されたり、週○回のデートを約束させられたり、自分一人でプライバシーを確保する時間が激減します。

それによって、疲れを一人で癒やすための時間がなくなり、ゲームをしたり本を読んだり、ネットをしたり、そんなささやかな楽しみを我慢する必要があります。

さらにもう一つ付け加えると、物理的に彼女と時間を過ごすことによって、出費は確実にアップ。お金の面でも負担がアップ。

彼女と付き合うのは、良いことだけは、決してありません。

「誰とも付き合わない」という選択

そんな現実に疲れて、「もうしばらくは、恋愛はメンドーだな」と悟ってしまう男たちも実際に存在しています。

彼女を作る大きな楽しみの1つであるアレも、何回もしていれば飽きてくるし、相性が悪い彼女や匂いに問題を抱えている場合、むしろ、苦行になります。

実際問題、専門のプロのところにお金を払って通ったり、一人シコシコ処理するほうが、よほど楽だし、気持ち的にもスッキリできます。

そう考えると、彼女はただいればいいというものではありません。

「彼女もいない自分はダメな男である」という理由から無理に彼女と付き合っても、実際のところ、得られるものはなにもありません。

ということで、もしあなたが恋愛に焦ったり、どうにも疲れてしまっているのであれば、無理に誰かと付き合う必要は、ないのかもしれません。

彼女の維持費は安くはない

結局のところ、いまいちしっくりこない彼女との恋愛は、長い目で見ると、時間とお金のムダになる可能性が高く、そのくせ、得られるものはほとんどありません。

あるとすれば、うまくいかない彼女と付き合っても、対して意味がないという、悟りに似た気持ちだけ。ますます女性が面倒になります。

人によっては、その面倒を我慢することが大人のオトコの責任である、と主張しますが、人生は限りがあります。

どうせ付き合うなら、心も股間も驚くほどワクワクできる。そんな彼女と恋愛をするに限ります。

せっかく付き合っているのにワクワクしない。義務感ばかりで楽しくない。それは本当にもったいない話です。

そんな時間を過ごすくらいなら、一人でじっくり、自分を見つめた方が、男の格を上げることができるでしょう。

恋愛をしたくないならしなくてもいい

ということで、結局大切なのはしかるべき相手と恋愛をすること。

今あなたが、恋愛は面倒で誰かを好きになっていない。ただ、一人でいるのはなんとなく不安なので、誰でもいいから彼女を作りたい。

そんな気持ちで行動しているのであれば、むしろ誰かと出会わない方が幸せかもしれません。

そう、彼女はお金も時間、いろんな維持費もかかります。どうせ維持費を払うなら、心から納得できる彼女の方がいいに決まっています。

そして、自分自身が、「俺はこの女を大切にするぞ」とコミットできる恋愛に限ります。

ということで、あなたに今、そんな気持ちがないのであれば、焦る必要はありません。時間とお金を大切にして、自分1stで、あなたの人生を大切にしましょう。

余裕を持って過ごしていればやがて、しかるべき出会いが、やって来るかもしれません。

こちらもどうぞ。

自分の気持ちにウソをつく恋愛は楽しくない