この薬でハゲが治る!?プロペシアの効果と副作用

この薬はどうですか?

「ハゲがどんどん進んでいる。でも育毛剤は効果がなかった。何とか治せないだろうか・・・」

そんなとき、最後の手段として検討したいのがAGA治療

このAGA治療では投薬によるハゲ治療が行われるのですが、そこでよく使われる薬がプロペシア。

いったい、プロペシアにはどんな作用があるのか?本当に育毛は期待できるのか?副作用はあるのか?

調べてみました。

プロペシアとは

プロペシアは2005年12月に発売されたアメリカの製薬会社が開発したAGA治療薬。

プロペシアを飲むことで、ハゲの原因であるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を抑制。それによって、ハゲの予防や進行を抑える効果が期待できる薬です。

脱毛・薄毛を予防する効果が期待出来ると言われる飲み薬です。薄毛の進行防止に役立つようです。

プロペシアを使うことによって多くの人が育毛実感。ハゲに効果的な薬として知られています。

ちなみに、この薬はなぜか男性だけにしか効果がないらしく、女性の脱毛には効果がないのだとか。同じ薄毛でも、性別によって原因は変わってくるのかもしれませんね。

特徴は初期脱毛

プロペシアを飲み始めてまず起こるのが脱毛。

飲んだ人の話によると、プロペシアを飲み始めると、どんどん毛が抜けていくそうです。そのため、シャワーを浴びると、恐ろしいくらい髪が抜けているそう。

しかし、これは薬が効いている良い証拠。

髪が抜けていくのを恐れて薬をやめてしまうとダメだそうで、継続してプロペシアを飲み続けていくと、不思議なことに、どんどん髪が復活していくそうです。

初期脱毛の期間はおよそ1ヶ月程度と言われ、そこを乗り切れば、徐々に効果が出てきて、「生えた!」を実感できるようです。

最初、髪が抜けていくのは本当に怖いそうですが、そこで諦めてしまってはダメなんですね。

どうやって手に入れる?

プロペシアを飲んでAGA治療をする方法は3つあります。

1つはAGA専門のクリニックに通うこと。1つは病院で処方してもらうこと。最後は自分で個人輸入して服用する方法です。

病院でプロペシアを処方してもらう場合は医師の処方箋が必要になりますので、一般病院に行って薬を処方してもらうと、プロペシアを手に入れることができます。

この場合、AGA専門のクリニックに通うよりも安く経済的ですが、服用は自己責任になります。

プロペシアを個人輸入することもできますが、全て自己責任です。自分判断での投薬はやめたほうがいいと思います。

どれくらいかかる?

ちなみに、プロペシア服用によるAGA治療には健康保険が適用されません。

そのため、毎月の薬代もそこそこお金がかかります。一般的には1万円程度の費用がかかってしまいます。

また、プロペシアはある程度の期間、薬を飲み続ける必要があります。

多少効果が出たからといって、自分の判断で服用をやめてしまうと、またAGAが進行してしまう危険性があります。

プロペシアでAGA治療を始めるのであれば、自己判断で服用するのではなく、専門医の指示のもと、治療をしていくのが安心です。

AGA治療にかかるお金について

副作用は?

次に知っておきたいのがプロペシアの副作用です。

プロペシアを服用することで、AGA進行を抑制してくれる効果が期待できる一方、男性の性生活には致命的な影響が出る可能性があります。

すなわち、次の2点です。

1・性欲減退

2・勃起力の低下

調べたところ、副作用が出る確率は数%と低いそうですが、薬を飲む以上、何らかのデメリットが発生する可能性があることは覚悟しておいた方が良さそう。

そのほか、眠気や下痢、頻尿などの症状が出る場合も。

プロペシアを服用する場合はある程度の期間、飲み続ける必要があります。そうなると、男女生活等、いろいろ副作用が出てくる可能性があることは、覚悟した方がいいかも。

もし、AGA治療でプロペシアを服用する場合、必ず医師に服用のマイナス面を確認することが大切です。

最後に

以上がプロペシアの基本的な知識になります。

ハゲ治療に希望が持てる薬ですが、服用をするならやはりAGA専門クリニックの門を叩くのが安心です。

一昔前までは、ハゲてしまった頭を元に戻すのは不可能な状況でしたが、医学や薬の進歩によって、ハゲを治療できる可能性がアップしています。

「ハゲてしまった。育毛剤などいろいろ試したが、上手くいかなかった・・・」

と悩んだときは、最後の最後の手段として、専門クリニックでのAGA治療を検討してみるのも一つ。

プロペシアに興味を持った方は、AGA専門のクリニックの情報を参考にしてください。

どこが安心?失敗しないAGAクリニックの特徴&ポイント