男が寂しさに悩んだら仕事か趣味に打ち込むことで男が磨かれる

一人飲む男

独身で彼女なしで一人暮らし。

仕事が終わって一人家路につき、真っ暗な部屋に帰ってくる。そんなときは最高に侘しさを感じ、寂しさを紛らわそうとお酒を一杯。

「オレは何のために生きているのか・・・」

と悩みつつ、また新しい1日が始まる。そうして仕事が終わったらまた、一人侘しい夜を迎える。

一人暮らしで寂しい。休日も一人で寂しい。もしかしたら、あなたもそうですか?

孤独感が男を磨く

しかし、この寂しさを感じたときは男を磨くチャンス。寂しい気持ちを紛らわしたい。それが成長の刺激剤になります。

寂しいということは今目の前のことが手持ち無沙汰ということ。

なので、寂しいとき、お酒を飲んだり、大人なお店へ行って寂しさを紛らわすのもいいかもしれませんが、それは本質的な解決につながりません。

寂しいときはその気持ちと向き合い、一人の時間を大切にして、自分のために贅沢に時間を使う。

読書をしたり趣味を楽しんだり、はたまた仕事を人の数倍頑張ったりして、夢中になれる何かを見つけることが大切です。

夢中になることがあれば寂しさは消える

何かに夢中になっていれば、寂しい気持ちが湧いてくるスキはありません。なので寂しいときこそ何かをするとき。

勉強でも読書でも趣味でも仕事でも、夢中になっていれば、それが結局自分のためになります。自分のためになれば、自分が変わります。

特にしたいことがないなら、思い切って仕事の鬼になるのもありでしょう。仕事を頑張って一皮剥ければ、変わった自分を魅力に感じてくれる誰かが現れるかもしれません。

そうなったときはもはや寂しさは無縁。むしろ逆に、一人の寂しさが恋しくなってくるかもしれません。

だから結局は一人で寂しいときというのは、それ相応の貴重な時間。孤独な時間というのは、それほど悪い時間ではないのです。

寂しいときこそ必要なこと

男は黙って前へ進む。だけど男でも寂しさを感じるときはあります。

男が寂しさを感じるときは何か夢中になれることを探すとき。仕事や趣味、とことん頑張り尽くしてみるとき。

何かに夢中になることで、人生の楽しみを発見したり、自分の新たな可能性に気づくことができるかもしれません。

ジムでの筋トレ、音楽のライブ、本屋巡り、そして仕事。夢中になれることはたくさんあります。寂しさをバネに新しい何かをスタート。

寂しいだけでは何も変わりませんが、そこから何かを始めることで、寂しさはマイナスからプラスに変わります。

寂しさを感じたらそれをごまかさず、自分のために生かしましょう。それがきっと、男を磨いてくれますよ。