おっさん化する男 おっさん化しない男

おっさんしてしまった30男

男がおっさん化するかワカワカしさを保つか。その境目は主に30代。

30代になってくると、まだまだ若くフレッシュな外見を保つ男がいる一方、「お前は一体何歳になったんだ!?」と驚愕してしまうほどおっさん化してしまう男がいます。

一体この違いはどこにあるのか?

そのことが不思議でたまらなかった私は、個人的考察からあることに気がつきました。それは「言葉」です。

おっさん化するしないの決定的ポイント

30代になってもワカワカしさを保っている男が使う言葉は、これからしたいことや希望や願望、つまり未来に対しての肯定的な言葉が多いことに気がつきました。

一方、30代になって急激におっさん化してしてしまう男が使う言葉を観察すると、「現実は」「オレには無理だ」など、自らの可能性を否定してしまうような、良く言えば現実的、悪く言えば否定的な言葉が多く見られました。

これは既婚や独身に関係なく見られた特徴で、早い話、まだ自分の可能性を信じ未来に希望を抱いている男は若く、もはや自分の可能性を信じることができず、今の延長線上の未来を見ている男は、どんどん老化が進んでいたのです。

つまり、「自分の未来はまだまだある」と信じられるかどうか。それとも「もう自分の人生はこんなものだ」と諦観しているか。

そこに決定的な違いがあるように感じています。

おっさん化の最終形態

私たちが10代20代と若かった頃は、自分の人生がこれからどんなふうになるのか、様々な希望を抱いていました。

しかし、年を取るにつれ、自分の現実に気がつき始め、無意識のうちに「自分の人生はこんなもんだ」「自分にはこの程度のものが相応しい」と、一方的に自己規定をしてしまいます。

これには悪いところだけでなく、良いところもあるのですが、それによって人生が窮屈になってしまう側面があります。

「自分はこんなもんだ」と自己規定してしまうと、必然的に失敗を避けるようになります。新しいことに挑戦する気概が失われます。

それによって考えや行動が保守化し、人によっては、人の足を引っ張るいわゆる「老害」になり果ててしまいます。

おっさん化しないために必要なこと

自分を信じられなくなってしまった人は、自らを磨くよりも、人の足を引っ張ることによって自分の身を守ろうとします。

このため、言い方を変えれば、おっさん化してしまうことはすなわち、自分が老害化してしまう危険があるということなのかもしれません。

だからこそ、いつまでも若々しく元気で魅力的な男であるためには、いつまでも自分へ希望を持ち続けることが必要なのかもしれません。

自分はまだまだ。したいことやりたいことがたくさんある。こんな可能性がある。

こんな風に、自分を信じることがすなわち、おっさん化を予防する習慣であり、老害化しないための心構えになるのだと思います。

最後に

もし、あなたが次に同窓会に出席する機会があるときは、ぜひ、容姿が衰えず若々しい友人、一気におっさん化してしてしまった友人をしっかり観察してみてください。

そして、彼らが口にする言葉に耳を傾けてみてください。そうすれば、何が人を老いさせるか、人生の希望を失わさせてしまうのか、その一端が分かるはずです。

それを知った上で大切なのは自分がどんな人生を送りたいか、ということ。

「もうオレの人生はこんなもんだ」と自己規定した人生を歩むか。それとも、「オレの人生はまだまだこれからだ」と希望を持ち続けられる人生を送りたいのか。

選ぶのは常に自分です。一度きりの人生、あきらめるのはまだ早いです。

いや、あきらめたときにこそ人生は終わります。だからこそ、私たちは信じることが必要なのです。「自分の人生の最良のときはこれからだ」という希望を。

こちらもどうぞ

「おっさんになりたくない」あなたに送りたいこの言葉