「女遊びは若いうちに経験しておけ」の真意

絶賛ナンパ中

英雄色を好む。

世の中では、女性に夢中になり、ガツガツできる人間が大いに成功するという話があります。

だからこそ、若いうちは真面目真面目と小さく男としてまとまらず、麻疹にかかるがことく女遊びに狂いに狂う。

これまた一つの、処世術と考えられています。

スポンサーリンク

若いうちに遊べなかった男の末路

この話が本当かどうかはわかりませんが、若いうちに女遊びをしておくこと。少なくとも、自分にとって女性経験に満足感を得ること。

これは男の人生において、とても大切なことだと感じています。

というのは、若いうちに満足に遊ばず、いい年になって女遊びに狂ってしまうのは、まさに我が身を滅ぼす愚行。

それは、日々ニュースで報道される名誉や地位ある方々の話を耳にすれば、十分納得できる話でしょう。

権力ある地位にありながら未成年の女性を売春、晩節を汚した役人。撮られてはいけない写真を撮られて政治的に終わってしまう政治家。

40代にして女遊びに目覚めた結果、妻や子供に愛想を尽かされ、挙げ句愛人にすべてを奪われた非モテメンの成れの果て。

世の中には、教訓として記憶すべき話がたくさんあります。

関連記事

男が出会いを求める限り、つねに美人局の危険がある。

女遊びができる男は出世する事実

それはともかくとして現実問題。

世の中では女遊びをしない真面目なタイプより、遊びに遊んでイケイケに人生を楽しむ男の方が出世する傾向があるのは否定できない事実。

彼らをたかが遊び人と侮ることなかれ。

女遊びに夢中になるにも、それこそ様々な試行錯誤。泥臭い行動を要求されます。

そして、女性を口説いていくその過程で、コミュニケーション力や忍耐力など、社会で活躍するために必要な能力が磨かれていきます。

これは実際にやってみると非常に苦行で、そう簡単なことではありません。

特に、自分を拒絶する女性とそうでない女性を見分け、口説くための行動を起こし、アクションを仕掛けていく。

この行動力は結局のところ、人生で成功する方法となんら違いはありません。

だからこそ、女遊びができる男は出世する。これはそれなりの根拠がある話です。

一番大切なのは未来に後悔を残さないこと

そうした云々はおいておいて、大切な、将来に後悔しないうち、若いうちはできる限り、女性に夢中になるのが吉。

特に10代20代。性欲があまる若いとき。

このときの欲望の燃え上がり具合は、30代40代になって、もう2度と体験することができない生命の輝きです。

女性とあんなことやこんなことがしたいがゆえに、必死で気になる女性を口説く。

それ自体がまさに、男として必要な能力をアップさせてくれるレベルアップチャンス。

ゲスで卑怯なやり方は絶対に避けるべきですが、真正面に恋愛に夢中になる。女性を傷つけないやり方で女遊びに夢中になる。

それができれば、40代以降、女性で運命が狂うこともないでしょう。

まとめ

若いうち、満足するほど恋愛ができなかった。女性とあまり縁がなかった。

この後悔は長い人生、自分の人生を詰ませる危険な罠になりえます。特に、結婚して家庭を持ち、会社などでそれなりの地位を得た瞬間。

むくむくと、若い頃果たすことができなかった、女遊びへの欲望が内側から芽を出してきます。

その欲望は理性ではなんともしえない本能的な強い欲求です。その欲求に飲み込まれてしまったなら。

もはや人生がボロボロになるのも、時間の問題でしょう。

そうならないために。何より、男としてグングン成長して世の中で結果を出していくために。

若い頃は恥ずかしがらずに女遊び。後悔がないよう、女性を追求していくことに意味があります。

ということで、10代20代の独身かつエネルギーが有り余るあなたは、家で自分を慰めず、外に出会いを求めるのが吉。

30代、いよいよ年貢の納め時が迫ったあなたは、残りの人生で後悔しないように、死ぬ気で女遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

そうすれば人生に悔いはなし。自然に女遊びを卒業でき、男として一段階、上のレベルに到達できることでしょう。

こちらもどうぞ

今年こそ彼女を作りたい。そんなあなたが意識したい5つのこと

金の力でモテたとしても、それでは最後に不幸になる

20代男性の交際経験率53%が意味するもの