デートにはコ○ドームを必ず持参する。それが結婚にためらう30代独身男絶対の心得

「これからホテル行く?」と誘惑する結婚適齢期の彼女

この記事は、30代独身男性かつ、彼女がおり、かつ彼女との結婚に対して踏ん切りがついていない男性への警句です。

このことを肝に銘じておくことは、あなたのこれからの人生において、想定外のリスクによって人生が台無しにならないための、必須の話です。

結婚とはコミットメント。この意味でできちゃった婚の離婚率が高いのは

まずはじめに、結婚のうち、できちゃった婚とは、30代以上の男性にとって、最も避けたい結婚の形です。

なぜなら、それは意志を持って結婚を決めたのではなく、自らの不用心な不手際によってもたらされた、想定外の出来事だからです。

有名な話ですが、できちゃった婚の離婚率は、通常の結婚に比べ、飛躍的に高いというデータがあります。

つまり、体がきっかけで結ばれたご縁は、子どもを作るという生物学的な意味においては効果的なのかもしれません。

しかしその結果、結ばれた家族が不幸になる可能性もまた高くなる。そんな現実から、決して目をそらすべきではないのです。

人生において「想定外」は少ない方が安心できる

以上ができちゃった婚についての現実ですが、私はここで一つ、不幸な結婚、想定外の結婚を避ける上で、特に強調したい話があります。

もしあなたが彼女との結婚を望んでおり、それで生で楽しみ、結果が「できた」なら、それは全く問題ではありません。

問題なのは、自分の意志で、彼女の妊娠を予防したい考えてコトに及んでいるのに、事故によって「できて」しまった。

結果その責任を取ることになった。そういう事態は絶対に避けたい、という話です。

そのためには、まず自前でコンドームを常備しておくことは、30代以上の独身男の義務であり、責任です。

しかしここで私は、どうしてもこの話をしなければいけません。

それは、あなたは不本意な妊娠を望まないかもしれませんが、彼女は故意の妊娠を望んでいる可能性がある、という話です。

もう結婚以外道はない。それこそが

一時期、ネットで「妊活テロ」という言葉が流行しましたが、これはあくまで商業的なネタであり、現実的な話ではない。

妊活テロとは

女性が付き合っている男性に対して意図的に妊娠をさせようとするあらゆる試みのこと。

とくに、結婚に焦る28歳~33の女性が妊活テロを確信犯的に実践するケースが報告されている。

あなたはそう考えたかもしれません。しかし、女性の結婚に対する意志は、男性が想像している以上の何かを持っています。

いつまでも結婚に対して明確な意志を示さないあなたに対し、女性は外堀を埋めようと、あらゆる努力をします。

なかにはあなたが逃げられないよう、もっと直接的な形で、決定的な手を打とうと狙う女性もいるのです。

そう、そうなった以上は結婚という形で責任を取らざるを得ない。早い話、そういうことです。

「今日は大丈夫だよ」その一言を信じれば

繰り返しますが、妊娠を気に、あなたが彼女と結婚する意志がある。その場合は何の問題ではありません。

しかし。妊娠という突発的出来事によって、そう決定せざるを得ない。自分の心のからの本意とは違う決断をしなければならない。

それは早い話、できちゃった婚の高い離婚率が示すとおり、皆を不幸にする可能性があるのが現実です。

だからこそ、望まない形での結婚は、避けられるにこしたことはないのです。

しかし彼女の気持ちは結婚を焦るあまり、間違ったことをしてしまうかもしれません。

例えば、「今日は大丈夫な日だから」とウソを言ったり、場合には、穴が空いたコンドームを手渡してきたり。

なかには、手段は選ばない彼女もいるかもしれません。

最後に

ということで、男として大切なのは常に、自分の進退を自分自身で決断できること。

この意味で、不本意な突発的事態を避けるために、あらゆるリスクマネジメントが必要になってきます。

その最低限のことがまさに、自分で自分のコ○ドームを用意しておく、ということ。

当たり前の話かもしれませんがただ一言、彼女から手渡されたコンドームは信用するな、そのことは、強く強調したいところです。

そう、何にせよ、これから起こることの責任については、あなたが取ることになるのです。

だからこそ、自分自身の行動についてきちんと責任が取れること。そして、その結果について後悔しないこと。

つまりはまぁ、

「できることなら、あの日に戻って、なんとしてもあのときの自分を止めたい・・・」

そんな間違いを侵さない、そういう話です。

こちらもどうぞ

男が恋愛をするときは、自分の気持ちに正直であれ