【体験談】こんな女性と付き合うとダメになります

重い系の彼女

この記事は、ある特定の男性に向けて書かれています。

それは、今現在彼女と付き合っており、

「彼女と付き合ってから、なぜか自分が自分でないような感じがする」

「自分が男としてダメではないかと不安になる。昔の俺はもっと自分に自信があった」

「彼女を喜ばそうとするけれど、どうにもこうにも自信を実感できない」

あなたがこのような傾向を実感しつつあるならば、もしかしたらこの記事があなたのお役に立てるかもしれません。

ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

「男をダメにする女性」の存在

まず結論から言います。

男女関係は相性があります。そして、女性のなかには、男性の自信を奪う女性がいます。

すなわち、いくら彼女に尽くしても、「自分が男としてダメではないか」と萎えてしまう。男としての自信を失ってしまう。そして女性に完全に主導権を奪われ、コントロールされてしまう。

そういう女性がいます。

なぜそんなことが言えるのかというと、私自身が3年近く、その厳しい試練を経験した過去があるからです。

それはあくまでこれは個人の体験談かもしれません。

しかし、自分が経験したことに折り合いをつけるため、様々な情報を収集。その結果、女性には男性に自信を与える女性と、逆に男性の自信を奪ってダメにしてしまう女性がいるという確信を持つに至りました。

その点の大まかな概要については別途記事(ページ下部)にしていますので、そちらを参照いただければ幸いです。

こちらのページでは、「こんな女性と付き合うとダメになります」という話を、私自身の体験談をもとに、ご紹介しています。

あなたが女性に対して誠実な男性であり、付き合う女性と真摯に向き合うタイプならこの話は、あなたが男性としての誇りを全うするために、価値がある情報になるかもしれません。

私の手痛い失敗談

それは私の仕事が軌道に乗り出した30代はじめのこと。

どこでどのような形で出会ったという話は割愛しますが、ある20代の女性と恋に落ちました。

正直に言って彼女の第一印象は最悪だったのですが、なぜか強く心を惹かれる何かがあったのです。その後、不思議な縁でおよそ3年間。彼女と逢瀬と重ねることになったのですが間ずっと、私は不幸でした。

なぜかというと、いつも彼女に振り回されっぱなし。いわゆる「なめられた」状態で、一緒にいても安心できない。どこまで頑張っても報われない。

そんな、虚しい何かを感じ続けていたのです。

ただし、あれの相性は最高でした。だから、自分のことをなめるような女性は即効縁切りする自分でさえ、ずるずる、逢瀬を重ねていたのです。

しかし、どれだけ進めどまるで霧の中にいるかのよう。

彼女が不機嫌な表情を見せれば心がぐらつき、まるで自分が10代の頃の童○マンに戻ってしまったかのような、そう、男として自分が退化している現実を見せられることになりました。

結局、「もう自分はこのまま堕ちるわけにはいかない!」と一念発起し、彼女に会うのをやめ、フェードアウト。再度、男として新しいスタートを切ることができました。

彼女との経験から得た教訓を記事にしたのがこちらです。

この話はガチで、今「それは俺のことだよ!」と当てはまるものがあるあなたには、強くお伝えしたいことです。

男をなめてくる女性と付き合っても一つも良いことはない

男にとって最高の彼女とは

この情けない体験から強く実感できること。それはやはり、男は自分に自信をもたせてくれる女性と付き合うのが最高だ、という話です。

女性を喜ばせようと、ありとあらゆる努力をする。それは一歩間違えば、「なめる」「なめられる」の関係になってしまいます。そして、女性のなかには、意図して男性を自分の思い通りにコントロールしようとする女性がいます。

そのような女性は、率直に言って性的に非常に魅力が高く、嗚呼男の悲しい本能かな、女性の意のままに動かされてしまうのです。

彼女もそうでした。理屈では表現できない、なんというか、本能的な魅力があったのです。

しかし、愛情の温度差がありすぎて、かつ自分が退化していく現実を目の当たりにしたとき。そうか、彼女はまさに、自分をダメにする女性であったことに気づいたのです。

仕事の集中力は落ちるし、彼女の挙動がいちいち気になる。まさにダメメンになりつつあったのが、偽らざる現実でした。

あなたはもしかしたら「それはあんたが元からダメな野郎なんだろ?自分のダメさを女のせいにしなさんなよ」と思うかもしれません。

もちろん、私自身が一切の責任がないことを弁明するつもりはありません。ただ言えるのは、自分がここまで、男として自信を失ってしまったのは、過去一度もなかったということです。

だからこそ、それは大きな衝撃だったのです。嗚呼、自分はここまで男として情けない野郎になっていたのか、という現実が。

この傾向があれば要注意!

もしあなたが、私と同じように、今の彼女と付き合いだして、なぜか仕事に集中できなくなった。自分がOKでないような不安を感じるようになったとすれば。

一度ぜひ、彼女との関係後、どのような影響が起こったのか。じっくり考察することをおすすめします。

例えば、あなたにはこんなことがなかったですか?

・ついつい彼女を喜ばせようと、プレゼントでお金を使ってしまう。

・彼女から連絡があれば即答してしまう。

・彼女から返信がないと気になって他のことが手につかない。不安になる。

・友達付き合いがおろそかになり、彼女が生活に中心になってしまう。

・彼女から要望があれば何でも叶えてあげたいと思う。わがままも許容する。

率直に申し上げて、これらのうち最低2つでも当てはまれば、あなたは将来、彼女と幸せなゴールを迎えることはできない可能性があります。

なぜか。彼女はあなたの運気を吸いつくしたあと、あなたを捨てる可能性が高いからです。

問題は彼女と付き合ってどうなったか

大切なのは結果論。

「彼女と付き合ってからどうなったか?」という結果です。

幸せな恋愛をしている人は、付き合い始めてときにケンカをしたり不安な気持ちを感じることは当然ありますが、それでもトータルでみて、関係が深まることにより、しっかりと安定度が増してきます。

すると心に余裕ができ、無意識の自信が芽生えます。

だから、「彼女がいる男はモテる」という言葉の通り、より異性関係も充実し、男としての役割を積極的に果たすことができるのです。

しかし、付き合うとダメになってしまう女性と付き合い続けていると、逆のことが起こります。

すなわち、交際しているのに、いつも不安で、心がざわざわする。そして、「自分は男としてダメではないか?」という劣等感を感じるようになっていく。

するとそれが仕事や人間関係、様々な面にも影響を及ぼしてきます。その結果・・・、は割愛とするとして、つまるところ、良い結果にはなりません。

最後に

このページで私があなたに一番お伝えしたいことは、女性との交際は、その全てがプラスになるということではなく、ときに相手によっては、超マイナスの影響を受ける可能性がある、ということです。

その例がまさしく、男をダメにする女性です。

その具体的な特徴に関しては別途下記のページにて詳細をシェアしています。当記事とあわせ、参考にご覧いただければ幸いです。

以上長くなってしまいましたが、男性にとってどんな女性と付き合うかは、とても大切な問題です。

それは性的に満足できるとか、彼女がいる自分に安心できるとか、そういった問題以上に重要な話です。

最悪、「こんな女性と付き合うとダメになります」という女性と付き合うくらいなら、誰とも付き合わない方が、男として幸せで充実した人生を送れること請け合いです。

あなたが今、「これはまさに俺のことだ!」と当てはまるものがあるとすれば。ご用心を。

ガン逃げ推奨。「サゲマン」についての7つの考察