脈なしを見分けるシンプルなポイントはLINE交換後にデートできるかできないか

スマホチェック

気になる子の連絡先(LINE)をゲット。

そこからデートへつなげ、関係を近づけていくのが彼女を作る定石。

そこでまずは彼女のLINEを交換しなければ話にならないわけですが、問題はそこから。早い話、彼女とLINEを交換できたとしても、それで脈があるかとういうと、全く別の話になります。

女性の場合、連絡先を聞かれたら、

「断るとメンドーなことになるし、まずは交換して、後でブロックすればいいや!」

と考える女性も少なくありません。

そのため、LINEを交換して勇み足でいると、後から大きな失望を味わうハメになります。

LINE交換後のポイントはここ

そこで大切なのが、LINE交換後に脈があるかないか。

それはどう見分ければいいのか、ということですが、単純に言うと、LINEを交換して比較的スムーズにデートができれば現時点で脈はあります。

しかし、何度LINEでやりとりしても、「会いましょう」という話にならなければ、脈なしと考えた方が安心です。

実際私も、LINEを交換して脈があった子は、やりとり数回でデートができるようになっています。

逆に話の流れ的に「会いましょう」とならない場合があって、そこは相手の気持を察して深追いをしないことにしています。

いつまでも話が進まない場合は

まぁシャイな女性とかはなかなか距離を近づけていくのが難しい場合がありますが、結局のところ、相手にその気があれば、「会いましょう」という流れになります。

もちろん、デート出来たからといって脈が完全にあるかというと、そこは保証しかねますが、結局はデートによって彼女にできるかどうかが決まります。

なのでデートさえできない=脈がないと考えた方が、安心して次へ進むことができます。

この意味で、個人的にはLINE交換後はダラダラメッセージのやりとりをせず、さっさとデートへ誘っていく方が、白黒つけやすいように感じています。

ポイント

LINE交換後、「この前はありがとうございました、良かったら今度ご飯でもどうですか」と即連絡

現時点で脈ありの子ならデートができる!

ただし脈なしでもデートに乗ってくる女性もいます(ただ偶然、そのとき寂しかったときとか)ので、決定打ではありません。

脈を判断するということ

最終的に男なら当たって砕けろ。彼女の連絡先をゲットしたら、あとは前へ進むのみ。ただ、闇雲に前へ進もうとしても、可能性のない挑戦は時間とお金のムダ。

「この子はイケるかも・・・?」

という、最低限の見通しは立てておきたいものです。

それを判断するのがLINE交換後にスムーズに「会いましょう」という流れになるかどうか。あなたが誘い、相手がそれに乗ってくるようであれば第一関門突破。

あとは実際にデートを重ね、確実に距離を詰めていき、タイミングを逃さずに言うべきことを言うことで、彼女との楽しい時間を作っていくことができます。

デートでヘマをすれば好感度ダウン→脈なしに変わります)

なので大切なのはまずLINEを交換すること。その後早いうちにデートへつなげていくこと。そこで可能性のあるなしを判断することが大切です。

手に入らない女性は永遠に手に入らない

彼女を作る上で絶対避けたいのは、脈なしの女性にいつまでも時間とお金と気持ちを捧げ続けることです。

恋愛においてはご縁がある女性はご縁がありますが、ご縁がない女性は何をどう頑張ってもご縁がありません。

だからこそ脈のあるなしは可能な限り早く判断したいところ。

男のサガとして、お金と時間をその女性に費やせば費やすほど、ますますその女性に執着して、撤退が難しくなります。

そこでぜひ、彼女にできる女性と出来ない女性を早めに区別し、ムダな努力をしないように注意したいところです。

そして、お金と時間と気持ちを費やす価値がある女性に、全てを懸けていきましょう。

女性にメッセージを送るときに絶対外さないタイミング