結局、気になるあの子が「脈あり」かどうかはこの一点だけで分かる

脈あり女子

女心と秋の空。

気になるあの子を自分の彼女にできるかできないか。すなわち脈があるかそれとも脈がないのか。

その判断についてはいろんな話があって、何が本当で何が間違っているのか、それを判断するのは容易なことではありません。

例えば、LINEでの脈あり診断についても、

「返信が早いのは脈があるぞ!」

と主張している人がいる一方で、

「返信の早さは関係ない。大切なのは内容だ」

という話もあり、結局のところケース・バイ・ケース。

その女性の性格や普段の態度などを総合的に勘案して判断するしかありません。

脈ありor脈なしはココで分かる

とはいえ、個人的にもしも、「これこそが脈ありである!」という判断法があるとするならば、それは「これではないか」と考えています。

すなわち、

会えるか会えないか、デートできるかできないか。

この一点に集約できると個人的には考えています。

単純な話、脈ありの女性は、LINEをしていても「会おう」と速やかに話がまとまります。デートできるかできないかは、こちらの意志と努力だけでなく、女性側の反応が最も重要です。

つまり、女性にその気があれば、向こうもこちらに会うために積極的にスケジュールを調整してくれます。

だから、もしあなたが気になる女性をLINEで誘って、そのときは「ごめんね」という話だったとしても必ず、「その日はだめだけどこの日なら」というように、あなたに会うための別の代替案を提示してくれます。

逆に言うと、脈なしの場合はいくら誘っても「忙しい」とか既読スルーで、会う話が具体的になりません。

仲良くなってもデートできないのは

例えば、私がLINEをゲットしてデートに誘うとしていた某女性。

なんとかデートに誘うおうと、

「○○(カフェ)に行ってきたんだけど、コーヒー、おいしかったよ」

的なメールをして反応を待ったところ、

「○○に行ったんですね!私、行ったことないかも・・・」

というような返事が来ました。

「これは誘うチャンスだぞ!」

と私と直感、

「それなら今度、明るい時間にでもご一緒にどうですか?○日の△時とか」

と誘ったのですが・・・。

「それならいけるも!でも予定が詰まっているんですよね・・・」

という脈なし返信が。

このように、相手にその気がない場合は、いくらデートに誘っても、良い返事をもらうことができません。

ということでその脈あり女性を損切りして、他の女性を飲みに誘ったところ、秒速でデートが成立。驚くぐらいかんたんに、会う約束を決めることができました。

つまり、結局のところ女性の本当の「脈」を実感するためには、デートに誘って会えるか会えないか。

その一点で判断をするのが良いのではないかと思っています。

脈なしは早めの損切りをおすすめします

このように、脈ありの可能性がある女性とは、比較的かんたんにデートへ進むことができます。

もちろん、デートできた=脈ありと完全に断言できないのが難しいわけですが、女性側とデートできるということは、多少なりともこちらへの関心があるわけです。

それに結局のところ、いくらLINEでやりとりしても、それで関係が深まるわけではありません。やはり直接デートして関係を深めていける方が、未来は確実に明るくなります。

この意味で、デートすらできないというのは「もはこれまで」と言っても良い状況ではないでしょうか。

だからこそ、

「気になる女性と毎日LINEしている。向こうも楽しそうだし、自分も楽しい。でも、誘っても向こうが忙しいみたいで、デートできないんだよね・・・」

というように、なんだかんだで2人きりで会えない女性は、「脈がないんだ・・・」と考えておく方が失敗しません。

「話は分かった。ではどうやって脈なしを脈ありに変えばいいんだ!?」

という話ですが、個人的にはその方法は分かりません。

個人的には何度かLINEでやりとりして、「仲良くなったぞ!」と思ったタイミングでお誘いしています。

それで3回誘ってもデートできない相手は「時間のムダ」と判断して、もうこちらから連絡することはしません。

こちらから連絡せず、向こうから連絡があって、それでやりとりしてデートできればアタックを継続。そんな感じで、最低限の損切りラインを決めています。

実際のところ、女性の脈なしを脈ありに逆転させるのはそうかんたんなことではありません。

自分のことがタイプではないのか、他に男がいるのか、理由はいろいろあるかもしれませんが、ようはどれだけ頑張ってもダメな相手はダメな可能性が高いです。

まとめると

男にとって何事も判断は早急に下すことが大切。

私が30年近くの人生で学んだ数少ないことの一つは、一人の女性に執着することの非生産性です。

結局、仲良くなって美味しい思いをさせてくれる女性は自然と仲良くなれます。

しかし、いくらこちらがマジで恋する5秒前状態になっても、口説けない女性は完全に無理ゲーです。

そして、可能性がない女性に執着することほど男の自信をダウンさせることはありません。

口説いて失敗し、片思いを続けることにでもなったら、体内の男性ホルモン度は激下がり。男らしい自信と活力、精力がどんどん奪われていきます。

それは男の人生において大きな損失。

だからこそ、脈なしを察知したらそれ以上の執着はNG。仲良くなれる可能性がある女性に気持ちを切り替えた方が、いろんな意味で気持ちが良い思いができます。

ということで、

「もしあなたが気になる女性がいて、何度誘っても2人でデートできない・・・」

「LINEで楽しそうにやりとりができているにも関わらずデートに誘うと忙しいとか理由をつけて会おうとしない・・・」

その場合の答えは明白。

気持ちを切り替えて、新しい女性を見つけて、活路を切り開いていくことをおすすめします。

気になる彼女をなかなかモノにできないあなたへ伝えたい引き際の話