金の力でモテたとしても、それでは最後に不幸になる

「俺は金を持ってるんだぞ」と匂わす男

男が女性にモテる。その古典的な方法が権力を握ること。そして、お金を手に入れることです。

世の中の現実として、モテ度の比較では、

お金持ちの男>>>>>貧乏な男

社会的に成功している男>>>>>無名な男

となることはきっと、あなたも経験的にご存知の話でしょう。

もちろん、例外もあります。

無職で貧乏でもモテまくり。下っ端だけどモテまくり。そういう例は、実際にあります。

ただそれはあくまで例外。一般論では片付けられない極めて特殊な例である、ということを、忘れない方が安心です。

この意味で、モテる努力をする。そのために仕事を頑張って出世。収入アップしてお金持ちになって女性にモテる。

それもモテの方向性の一つであることは、間違いありません。

お金で女性を引き寄せる危険性

ところが、お金の力で女性を引き寄せる。

それには決定的な問題が一つあります。そう、お金目当ての邪悪な女性を引き寄せる、という問題です。

あなたもご存知のとおり、世の中ではお金に絡んだ凶悪犯罪が発生しています。

「女を抱くために俺はお金持ちになったんだぞ!」と豪語し、殺されてしまった大富豪。

一般人の事例では金を貢がされた挙げ句毒薬で殺されてしまった40代独身の男性。

妻が保険金狙いの悪女とは知らずに結婚、そして妻とその愛人に殺害されてしまった20代の夫。

今すぐ具体例が浮かぶほど、お金と女性に関わる、危険な現実を目の当たりにすることができます。

この意味で、お金の力で女性にモテようとするのは諸刃の刃。プラス面だけでなくマイナス面がある、そのことを認識する必要があります。

あなたがお金に欲がくらんだ女性に邪悪な手段で人生を終了させられたくないのであれば。

かつて、「お金さえあれば女性はいくらでも自由になる」「カネ目当ての女のどこが悪いの?」と豪語したお金持ちがいました。

その後その人には「女装した男性」と恋仲になった話が流れました。この話にこそ、モノ言わぬとも理解できる真実を、察することができます。

お金があれば劇的にモテやすい事実

面白いことに、お金というのは、モテの効果を分かりやすく実感させてくれる、非常に便利なツールです。

それはあきらかに、即効性があります。

例えば異性から「人気度」を露骨にジャッジされる婚活の市場では、年収1000万のときと年収300万。その待遇の差は明らか。

また、夜の世界では、20万円以上のブランド高級スーツを装備。その上で高級革靴を履き、ロレックスを身にまとう。

一方で量販店のポロシャツに穴が空いたジーンズ、フェイクレザーの革靴、それに時計は安い国産のモデルをつけたとき。

その差はもはや言葉を必要としないほど歴然としており、夜の蝶たちの食付き具合に、素直に納得することができるでしょう。

よく言われるように、ハゲでデブのおっさんでも、お金さえあれば女性にモテる。それは確かな事実です。

本当の問題

しかし、賢明なあなたならすでにご推察かと思いますが、そんなお金の力で寄ってくる女性に、どれほどの意味があるのか。

そのことをお考えだと思います。

というのは、お金の力に魅せられた女性が興味を持っているのは、「あなた」という人間そのものではありません。

お金に引き寄せられた女性が本当に興味を持っているのは、あなたが持っている「お金そのもの」であることが明白だからです。

そんな女性と、あなたは一生をともに生きたいと思うか。シンプルな疑問に到達します。

ただ1つ、確実に言えるのは、お金に魅入られ近づいてきた女性は、あなたのお金がなくなった途端確実に、あなたのもとを去っていきます。

そう、それはまさに、金の切れ目は縁の切れ目。過去何百年と、男たちが経験してきた悲哀を、味わうことになるだけなのです。

男の人生にお金は絶対必要だ

もちろん、お金はあるにこしたことはありません。生活のため。良い暮らしのため。何より生きる価値のある人生を送るため。

お金はないよりあったほうがいいでしょう。この意味で、仕事を頑張ることは決してムダではありません。

しかし。それによって、女性を自分のモノにしたい。それはただただ、虫がいい話かもしれません。

むしろここで強調したいのは、どんな女性にモテる価値があるのか。その本質的な話です。

つまり、お金があろうとなかろうと関係ない。あなたという人物像を見極め、そしてそれを知った上で好意を持ってくれる。

人間性が感じられる女性にこそ、モテる価値がある、という話です。そのため、お金の力は役に立ちません。

なぜなら、男を持ち物や年収でその価値を見ようとしない女性はすべてにおいて上級かつスマートです。見せかけのものは通じないのです。

良い男には良い女が寄ってくる

そのような女性の心をつかむにはどうすればいいか?

結局のところ、それは人間性を磨くほかない、男として根本的に魅力を磨くしかない、そういう話になります。

仕事を頑張り収入を伸ばすことはもちろんですが、もっと根本的な部分。人柄や教養といった、はっきりと目には見えないけれど、うっすらと感じることができる。

つまり、お金では買えないものを、自分自身の努力で磨いていくことが大切ではないでしょうか。

そうすれば類は友を呼ぶ。自分の人格。品格に応じた女性を引き寄せることができます。だから夫婦は似た者同士。

人格が卑しい、せこい男性は、自分と似た卑しくせこい人格の女性を引き寄せます。

逆に、人格が気高く思いやりのある男性は、自分と似た気高く思いやりのある女性を引き寄せます。

この意味で、やはりモテに小細工なし。

綺麗事のように聞こえるかもしれませんが、結局は人間性を高めることが、本当に意味で「幸せなモテ」につながっていく。

様々な女性を知ることで、それを強く実感することでしょう。

最後に

男なら甲斐性を持つ。それは別に悪いことではありません。

しかし、お金の力を使ってモテようとするのはもはや、不幸フラグを踏んでしまうようなもの。

お金を持つ男はモテるが、そこにはお金目当ての魑魅魍魎が寄ってくる。そこで罠にハマれば・・・。

このような例が多いのが世の中の現実です。

でもほんとに、人生の最後、金の切れ目が縁の切れ目とか、控えめに言っても最悪としか言いようがありません。

そうならないためにも結局は自分自身の品格。人格。何より人間性を高めること。そこが肝心ではないでしょうか。

ということで、人に優しく自分に厳しく。人として恥ずかしくない振る舞いをする。かつてのサムライたちの魂を取り戻す。

つまり自身の人間性を問い、高めていく。それこそが最終的にはモテの王道。

不幸なモテメンになりたくないあなたは、絶対にお金の力に振り回されないよう、ご注意ください。

こちらもどうぞ

女性にモテたいのなら、たったこれだけを意識すればいい