彼女をモノにするために誠意なんて必要ない

今日もぼくはフラれました

「この彼女だけは絶対に幸せにしよう。誠実に彼女と向き合おう!」

私にも、かつてはそんな純粋な時期がありました。

ところが・・・。

心から誠実に彼女のためを思って尽くしても、真摯かつ誠実に努力しても、状況は悪化する一方。

最終的には彼女からどんどんなめられるはめになり、結局彼女は他の男にハメ逃げされる存在となり果てて、ジエンド。

この体験によって、私の少年のような女性への思慕は消滅。

いかに人の心というのは誠実さとか熱意とか、綺麗事ではどうにもならないものがあることを悟りました。

それは私が21歳のときのことでした。

女にフラれる惨めさから気づいたこと

このとき私は、いかに女性にフラれることが男をかんたんに不幸にするかを学びました。そして、男女関係において綺麗事は何一つ役に立たないことを知りました。

そして改めて、恋愛で上手くいっている男。私と同じように、恋愛で辛酸をなめている男。両者の違いは一体何なのか、自分なりに観察し、一つの学びを得ました。

それは結局、恋愛はある種の競争であり、恋愛で勝者となるためには、人間としての誠実さよりももっと重要な何かがあることに気がついたのです。

例えば、もしあなたがマジメで誠実にも関わらず、好きになった女性からは軽んじられ、満足な恋愛体験ができていないとします。

女性の話を真摯に受け止め、彼女が連絡を欲しいときはそれを与える。デートでは彼女に気を使い、レディファーストを実践。もちろんデート費用はしっかり負担。

おまけにあなたは他の女性に気持ちを持たず、真剣に彼女だけを見つめています。

にも関わらず、あなたに対する彼女の態度は横柄になり、あなたの優しさ、誠実さを当然のように受け止めます。

やがては、彼女は「刺激」を求め、他の男に平気で股を開くようになります。恋愛においては、このような現実が実際にあります。

ク○男ほどモテる理由

逆に、彼女の扱いはテキトー。彼女のことをまるで肉○器としか思っていないかのごときひどい扱いにも関わらず、なぜかモテまくる男がいます。

この男は人間としては下の下。女性を妊娠させても責任は決してとりません。

日本の少子化には貢献しているかもしれませんが、本質的には周りに不幸な存在を生み出すピース・オブ・シットです。

しかしなぜか女性からはモテる。あなたの周りにも、きっとこのような実例が見つかるはずです。

誠実でマジメ。女性思いの優しい男はあなたはモテない。しかし、女性をゴミのように扱い、やることだけはきっちり済ませ、何人もセフレを作りまくっている。

ここに、世の中のモテの現実があることを、私たちはまず受け入れる必要があります。すなわち、恋愛で勝つには誠実さや優しさは不要。それ以外の何かが必要なのです。

そのためには、恋愛とは綺麗事抜きの争いであること。気持ちと気持ちのシーソーゲームであることを理解する必要があります。

だからこそ、欲しい女性をモノにしようとするのであれば、駆け引きなどの戦略が必要になってきます。

恋愛は究極的には想いと想いのシーソーゲーム

世の中、一番理想なのは、誠実な態度で女性と向き合い、女性としっかり向き合い、暖かな気持ちを育みあって、映画のように、誰かを愛して愛される関係が幸せなのかもしれません。

ところが実際、あなたが優しさと誠実さを発揮しようと努力しても、その結果は、あなたの意志とは真逆の方向に進んでいく。

すなわち、優しく尽くせばつけあがる。誠実に向き合えば裏切られる。男女の間にはそんな現実があります。

だから言葉は悪いですが、「女性を同じ人間だ思うな、動物だと思って調教しろ」というようなモテの暴言(?)が飛び出すのです。

この言葉の表現は非常に不適切なのは間違いありませんが、一つの真理を含んでいることは確かです。

すなわち、ただ女性に与えるだけでは不十分。与えるだけの男は決して彼女を本当の意味でものにできないということを頭に入れておく必要があります。

だからこそ、我々には戦略が必要なのです。

勝てば官軍負ければ賊軍

もしあなたが、今まで女性に散々誠実に尽くした挙句、ゴミのように捨てられたり、女性からなめられて、男として不本意な人生を送っているのであれば、あなたはもはや、誠実な男である必要はありません。

ク○男のモテ術を参考に、現実問題、モテるための戦略を再検討する価値があります。

それによってあなたは、ただ女性に尽くす男ではなく、女性から尽くされ、大切にされる男に変身することができます。

そして、あなたはそれによって、ますます他の女性を引き寄せ、今までの苦難が一体何だったのか、不思議に感じることでしょう。

大切なのは、綺麗事に逃げないことです。

自分が彼女を真剣に思えば、きっと彼女もそれを理解してくれる。このような綺麗事、幻想の世界に逃げないことです。

今の時代、思いが強ければ強いほど、「重い男」として嫌われるだけ。それではあなたの想いは決して成就されることはありません。

だからこそ、なぜうまくいくか。どうやったらうまくいくか。誠実さではない別のものが必要なのです。

モテ男から学ぶモテる男の恋愛術