女性にモテたいのなら、たったこれだけを意識すればいい

口説き中

モテる男とモテない男。その違いは一体何なのか。

この問について、私はずっと考えてきました。そしてある一つの結論に達しました。

この記事では、そのことについてざっくばらんにあなたにお伝えしたいと思います。

「女にモテたい!彼女を作ってあんなことやこんなことをしたい!」

という方は、もしかしたらそのヒントになるかもしれません。

「そういう考え方もあるのかね」

という気持ちでご覧いただければ幸いです。

モテとは端的に言って、正答率のことである

まずはじめに結論を言うと、

モテる=女性の好意を察する能力。OKが出やすい女性を見分ける能力

という答えになります。

このことは、いわゆる身近なイケメンから話を聞けばよく分かります。

イケメンといえど、恋愛において勝率100%ではありません。イケメンくんですら、どうしても落とせない女性はいます。

イケメンがなぜモテるかといえば、多くの女性に好かれやすいから。つまり多くの女性に好感をもたれやすいから。

ここに、モテの最大のヒントが隠されています。

なぜイケメンがモテるのかといえば、女性の方が最初から好意を持っているからです。だから女性を口説いて、かんたんに落とすことができます。

まさに、これこそがモテにおける最大のポイントなのです。

女性は好きな男からアプローチされたい

好意を持っている女性は落としやすいのはこの世の定理。

これが何を意味するのかというと、自分に好意を持っている女性だけにアタックすればNoをもらう確率は究極的に下がるということ。

つまり、自分に好意を持っている女性を見分ける力、すなわち脈アリ女性を見分ける力さえあれば、モテ力はどデカくアップ。

失恋の憂き目で悩んだり、脈なしを脈アリに変えようと不毛な努力をする必要もありません。

この意味で手っ取り早いのは、いかに自分に好感や興味を持つ女性を見抜くか。そこの分析が一番大切なポイントになってきます。

そう、モテる力とは脈アリを見抜く力。端的に言えば、そういう話です。

無理な女性は無理という現実

現実的な話として、脈なし女性を脈ありに変えるのは至難の業です。というか、時間とお金のムダに終わることがほとんどです。

だからモテない男は一途に脈なしを負い続けてNoと言われ自分に自信を失くし、ますます恋愛から遠ざかってしまいます。

しかしモテる男は一人の女性に一途にはなりません。そのかわり、複数の女性にアプローチをかけ、脈なしか脈アリかを絞った上で、やるべきことをやっています。

だからモテるのです。

早い話、どんなに頑張っても口説けない女性は口説けません。だからそんな女性に関わるのは時間のムダなのです。

そのかわり、自分に興味を持ってくれる女性。好感を持ってくれる女性。頑張ればなんとかなる女性。それを最初の段階で見分けることに全力を注ぎます。

そうすれば、その後、時間とお金をムダにするリスクを極限まで抑えることができます。

まとめると

ということでモテの本質はシンプル。

自分に多少なりとも気を持ってくれる女性を見分けて、その女性にアプローチをかけること。自分に興味を持たない。脈が感じられない女性は相手にしない。

それが原則になります。

もちろんあなたは叶わぬ恋を追い求め、一人の女性を想い続けることはできます。しかしそれで本当にあなたが幸せになるのか。男として満足と自信を得られるのか。

熟考する価値がある問題です。

ということで男なら結果。手に入らない女より手に入る女。いろんな女性と付き合ってれば自信もつきます。

自分がどんな女性に好かれやすいのか。どんな女性が興味を持ってくれるのか。それを考えた上で、アクションを起こしていくことをおすすめします。

こちらもどうぞ

「モテない・・・」と悩んだら5万円持って○○へ行く