男性ホルモンが多くてもハゲない決定的な理由

それって本当なの?

薄毛の迷信の一つに、「男性ホルモンが多い男はハゲる」という迷信があります。

そこから様々なウワサが派生し、

「オ○ニーのしすぎはハゲる」

「筋トレするとハゲる」

など、様々な俗説が、髪の毛の未来を心配する私たち男性の心を翻弄しています。

ところが、次のことを考えれば、もう二度と俗説に心を揺さぶられることはありません。

もしウワサが真実なら

もし、男性ホルモンが多いとハゲてしまうのであれば、まずはあなたの周りの10代後半から20代男性の髪の量をチェックしてみましょう。

それできっと、あなたも真実に気がつくことができます。

男性ホルモンが多いとハゲてしまうのであれば、男性ホルモンの分泌量が高い10代後半~20代の男性にハゲが多くなければ不自然です。

また、男性ホルモンが減ってくる40代以降の男性もフサフサではなければおかしいことになります。

それを考えれば、男性ホルモンでハゲてしまうというのはただの迷信。真に受けて心配し、男性の喜びを放棄する必要は一切ないのです。

大切なのは「今」から未来に備えること

ハゲるかハゲないか。それは男なら誰しもが潜在的に抱えている恐怖。恐れにおののくときもあるかもしれません。

しかし大切なのは不安と恐怖を克服し、冷静さを取り戻すこと。

心配のしすぎこそ、むしろハゲる危険を招きよせます。だからこそ、ウワサと真実、何が本当で何がウソなのかについては、冷静に見極めたいところです。

何より、頭髪に不安を感じたらやるべきことをやり、準備をしておけばいいのです。不安に感じるより行動。その方が明るい未来が待っている可能性がグッとアップします。

以上、「男性ホルモンが多すぎるとハゲてしまう」というウワサの真実でした。

将来ハゲないために今すぐでも始めたいハゲ予防の習慣