たまった脂肪を今すぐかんたんにスッキリ。そんな美味しい話は

メタボマン

気がつけばお腹に脂肪。

ずっとなりたくないと思っていた腹の出たおっさんに自分がなりつつあるという現実を目の当たりに。

それをなんとかしようと、

「わずか○○日で激ヤセ!メタボ解消!」

などの美味しい広告の文言に釣られ購入。

試せど試せど効果なし。

結局美味しい話はウソがほとんどを実感していた私のメタボ改善体験です。

お腹が出る意味

メタボは生活習慣の現われ。であるならばその根本原因を変えない限り、どうにもならない問題です。

つまり、たまった脂肪を着実になんとかするにはメタボになる悪い生活を変えていくほかない、というのが正しい答え。

そこでジム通いで筋トレ。男性ホルモンを高めて体引き締まり。多少お腹が出ても、筋トレを始めれば露骨に見た目が変わります。

お腹が出ていてもそれはやがて、自然な形におさまっていきます。まぁ、そのためのジムでの筋トレは、そう楽ではないのですが。

関連記事

筋トレが男にとって最強のモテ啓発である理由

食べ物はマジで重要!

次に絶対的に重要なのが食事。

「食べたものがあなたを作る」という名言のとおり、普段の食事で露骨に自分のデブ度が変わります。

例えば朝は白米でもトーストでも糖質の食事を摂ることはそれほど悪いことではありません。

しかし昼、夜と、ラーメン大盛りや油こってりの餃子、チャーハンなど、糖質ばかりのものを食べているとどうなるか。

日に日にお腹に脂肪はたまるばかり。おまけに、若い頃よりもデブ加速度がアップ。

食事に無自覚でいれば、もはや挽回が難しいラインまで、メタボが進行する恐れがあります。

30超えて節制しなければデブ一直線

自分も例に漏れず、食事に無頓着。好きなものを好きなだけ食べる暮らしをしていたところ、30代中頃になって露骨にその悪影響を実感。

顔は丸くなるは、お腹は出るは、食事のヤバさを身を持って実感。ジム通いとあわせて、食べるものに始めて、真剣に注意を注ぐようにしました。

ただ食事に気を配るのは非常に面倒。しかしコンビニなど簡単な食事はデブを加速化。

なのである程度自分が心から意識を変えないと、メタボ化は抗えない現実になります。

そこで、シンプル・イズ・ベスト。まずは夕食だけ糖質を抜く生活をスタート。

朝と昼は糖質OK。夜は主食抜きのおかずだけ。これだけで、増加傾向にあった体重の増加はとりあえずストップ。

「食事に気を使え」と医者に言われる前に、自分の身で、食事の影響力を実感次第です。

化学系フーズは特にNG

それとどうしても言及しなければいけないのが、ラーメン類のヤバさ。特に、カップ麺。インスタント麺は本当にデブリます。

私の体重が増加傾向であった頃、昼食が面倒で、カップ麺やインスタント麺ばかりを食べていたのですが、これがよくなかった。

まず麺は糖質たっぷり。何よりスープが化学調味料ばっちりで健康に悪い!油も悪い!

ということで、どう贔屓目に考えても、良いところは一つもなし。

なので、昼食に少しでも健康な選択を選ぶ。外食なら糖質少なめのランチ。ラーメン+チャーハンなど糖質コンボの食事は今すぐやめる。

これだけでも、驚くほど日常に変化が出てきます。

最後に

大切なのは、自分の行動と選択によってメタボが生じてしまったことを自覚すること。

そして、行動と選択をよりよいものに変えていけば、メタボもまた、解決できることを確信すること。

それは、筋トレ。食事習慣の変更によって、私自身が見つけた希望でした。

別に難しい話ではありません。きちんと運動して体にいいものを食べる。ただそれだけの話です。

ご飯やラーメン、チャーハン、油コテコテの料理もときにOK。チップスやチョコレートもたまにはOK。

しかし日常的に食べているとヤバい。だから食事はきちんと管理する。そういう話です。

結局当たり前のことかもしれませんが、その当たり前が大切。そう真実とは常に、平凡でシンプルなのですから。

こちらもどうぞ

「腹の出たおっさん」にはなりたくない30代男が意識したいメタボの原因&対策

まだ20代なのにぽっこりお腹!その原因と対策は

自分の体型に自信が持てずに悩んだら筋トレ+HMBサプリで解決