結局、メタボ腹をなんとかしたいなら1日30分ウォーキングに勝るものはない

やべえ、最近腹が出てきた

「最近腹が出てきた。もう俺も、おっさんか・・・」

30を超えた男が悩み出すのがメタボ。

いわゆる腹が出てくる悩みで、この問題を放置しておくと、体型の見た目だけでなく、健康上の問題など、好ましくない問題に発展する可能性あり。

つまり、腹が出てきた段階で、早急になんらかの行動を起こす必要があります。

早い話、食事改善&やせるための運動が必要という話で、この記事では特に、ウォーキング(歩くこと)によるメタボ改善について語りたいと思います。

たった半年でメタボを劇的に改善した男

なぜウォーキングがメタボ改善に良いのか?

今回それを語るきっかけとなった私の某友人の話をご紹介します。

彼は30代半ばのアラフォー。サーバーの保守点検をする仕事をしている男で、近頃はおっさん化が進んでおり、以前会ったときは、まさに絵に描いたようなメタボ男。

そのおなかはまんまるとしていて、本人もその体型を気にしていました。

ところが先日、半年ぶりに彼と会ってみると、なんとあのだらしないメタボ腹がスッキリ改善。

「一体どうしたんだよ!?」と聞いてみると、毎日30分歩いて会社に出勤するようになったそうです。

水道橋から大手町まで歩いて30分。往復で60分。月から金まで欠かさずに歩いているそうで、その結果は本当に明白。

顔はスッキリして、お腹周りもスッキリ。ただ歩くこと。たったそれだけのことで、見事に彼はメタボを克服し、以前よりも若返っています。

毎日歩かない、たったそれだけで

結局は論より証拠で、メタボをなんとかしたいなら、結果で物事を判断するのが一番です。

あれだけ腹が出ていた男が、この半年で見違えるようにスッキリとした体を手に入れ、何より体調も良く絶好調。

そのきっかけは、会社まで30分かけて歩いて通うようになったこと。ただそれだけなのです。

1日合計60分歩くのは相当なことですが、それでも、やはり歩くことは本当にすごい効果があるのだと、彼を見て実感します。

そういう私も実は近頃、自分のメタボ化を実感し恐怖を感じています。

というのは、以前は毎日45分は散歩の習慣を持っていたので、体調も良く、体もスッキリしていました。

ところが、歩くのをやめてサボり出したとたん、今や体重激増。お腹も出始めて、「これではまずい!」という恐怖を感じています。

メタボ改善にお金はいらない!

ということで、やはりメタボ改善は日頃の運動から。

激しい運動なんて必要なし。大切なのはまず歩くという基本の大切さを実感しています。

ポイントは毎日歩くこと。そしてできれば、食後に歩くこと。

体の反応は素直です。頑張れば頑張っただけ、その変化を実感できます。歩くことはお金がかかりません。そして、今すぐ、始めることができます。

思ってみれば人類は、歩くことによって成長を遂げてきました。

ということは、やはり歩くことそれ自体、人にとって、とても大切なことに違いありません。

そのことを、見事メタボなおっさんから復活を遂げた友人から教えられました。

たった半年で、あそこまで体型が見事にスッキリすること。その衝撃、驚きをあなたにお伝えしたくて、この記事を書きました。

つまり言いたいことは一言だけ。メタボには歩くこと。ウォーキングすること。その変化は絶大です。

「最近、腹が出てきたよ。このままではおっさん一直線だ・・・」

と悩む30代以上のあなたはぜひ、ウォーキングを始めてみませんか?

私もがんばります。

こちらもどうぞ

腹が出たらこの動画でメタボを解消