仕事疲れは年のせいじゃない?男性更年期障害の症状と対策

最近疲れててね

「最近仕事の疲れが抜けなくなってきた・・・」

「夜寝ているはずなのになかなか疲れがとれない・・・」

その疲れ、もしかしたら男の更年期かも?

このページでは、30代後半から40代男性が知っておきたい男性更年期障害(LOH症候群)について分かりやすくまとめています。

どんな症状が出るのか、そしてどうやって克服すればいいか。詳しくはこのページで。

はじめに

まず始めに男性更年期障害(LOH症候群)とは、文字通り男版の更年期のこと。

加齢とともに男の元気の源である男性ホルモンが減少。それによって、肉体面、精神面、様々な症状が出てきます。

「最近グラビアアイドルの水着姿を見ても、アレがうんともすんとも反応しなくなってしまった・・・」

という分かりやすい症状から、

「体がだるくて朝起きるのが辛い・・・」

などの症状まで、実は男性更年期障害と関係していることも珍しくなく、男の元気にとっていかに男性ホルモンが重要なのかを、ハッキリと思い知らされます。

ポイント

疲れやすい、だるいなど、40代以降の体の不調の根本原因は男性ホルモンの減少による男性更年期障害の可能性あり。

体が疲れやすい、性的な衰え、憂うつ感、意欲の低下など、男性ホルモンが低下することで、心身に様々な影響が現れる。

こんなにも!男性ホルモンの働き

男性ホルモンは人体で様々な働きをしています。そのため、分泌量が減ることによって、体や心に様々な影響が出てきます。

男性ホルモンの働き

・男性らしい筋肉質の体を作る

・メタボの予防(内臓脂肪を抑える)

・性欲増加&精力アップ

・女性を引き寄せるフェロモンを出す

・攻撃的、意欲的な性格にする

女性に更年期があることは知られていますが、それは加齢によって女性ホルモンが低下するから。

それと同じく、男性も加齢その他の要因によって男性ホルモンが低下、更年期がやってきます。

ただ、男性の場合は、女性ほどには急激に男性ホルモンが低下するわけではありません。そのため、日々の心がけによっては、男性更年期障害の影響を極力弱めることもできます。

男性更年期障害への対策は

では具体的にどうすればいいのか?

そこで知っておきたいのが、なぜ男性更年期障害が起こるのか、ということ。

その主な原因は次の3つです。

1・加齢

2・肥満

3・ストレス(影響力大)

加齢についてはどうにも対策のしようがありませんが、問題なのは2と3.

普段から食事に気を使い、メタボにならないようにする。そして、仕事や家庭でストレスを溜めないようにする。ここが重要になってきます。

特に大切なのがストレス。

男の40代は人生の危機がやって来ることが多いですが、その原因は男性更年期障害になりやすい年齢であるだけでなく、仕事や家庭において、責任を背負いやすい時期だからです。

加齢による男性ホルモンの衰えに加え、仕事や家庭で様々なことに悩む。それによってますます男性ホルモンが低下、元気がなくなり疲れ切ってしまう。そして何もかも嫌になってしまう。

そんな悪循環にハマりやすい年齢が、40代なのです。

【予防】男性ホルモンの減少はココでチェックする

男性更年期障害で男の元気がなくなる前に大切なのは予防。常日頃から、健康状態に気を使うことはとても大切です。

男性更年期障害を予防する上でまずチェックしたいのが、朝勃ち。朝勃ちはズバリ男の元気のバロメーター。男性ホルモンが減少すると、まず性欲が露骨に減退します。すると朝勃つはずのものも勃たなくなってきます。

朝勃ちがなかなか起きない。それはもしかしたら男性ホルモンが減少しているせいかも。

・最近性欲が落ちた

・男の自信が衰えた

・慢性的に疲れている

・体力の衰えを実感している

・最近面白いことがない

・理由もないのに落ち込むことが増えた

・仕事の能率が下がった

など、男性ホルモン減少の予兆をチェック。

当てはまることが多いようであれば、生活を見直して、男性ホルモンアップを目指していくことが大切です。

男性ホルモンをアップさせるには

それでは、減ってしまった男性ホルモンをアップさせるには一体どうすればいいのか?

そのためにできることは主に3つあります。

1つは食事。もう1つは運動。そして最後は日常習慣の改善です。

満腹になるまでご飯を食べない。揚げ物や肉料理など、太りやすい食事は控える。野菜や大豆など、健康に良い品を食べるなど、食習慣を改善。

そして、毎日少しでも体を動かす習慣を作り、活動量アップ。

そのほか、夫婦のコミュニケーションを身体的精神的に深めたり、新しい趣味を始めたりすることで、男性ホルモンはアップ。

食事や運動、日常の習慣を改善していくことで、男の元気を取り戻すことができます。

男の元気が増加するにつれ、疲れやすさやだるさ、精神面での不調が改善し、元気復活。あらゆることに意欲的になれるのを実感できます。

→男性ホルモンアップのための8つの習慣

最後に

以上が男性更年期障害の症状と対策になります。

注意したいのは30代後半から40代以降。ある心理学者は、40代を人生の正午と表現しましたがこれはまさに至言。

昼の明るい時間が過ぎ去り、だんだんと夕暮れへと近づいていく。それがまさに40代。その最たる症状が、男性更年期障害です。

20代30代の頃の元気や活力は失われ、体も徐々に衰えていく。仕事だけでなくプライベートでも様々な問題が山積し、日々ストレスの連続。

必然的に、「俺の人生はこれでいいのだろうか?」と悩まされます。

体の面では疲れやすく、精力も衰え、昔のようにブイブイ女性に欲情できない。「男としての俺は、もう終わってしまったのかもしれない・・・」とあきらめを感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし希望は常にあります。なぜ体がだるいのか。元気がでないのか。衰えの原因を知ることで、未来を変えるられる可能性だってあります。

大切なのはまず衰えの原因を知ること。

40代を迎えて体の変調を実感している方は、参考にしてみてください。

男の元気についてもっと詳しく知りたい方は、姉妹サイトのこの記事をご覧ください。