気になる彼女とのメール&LINEは盛り上がったあとに放置する。これこそが

この技を試してみてほしい

気になるあの子を自分の彼女にしたい。

そこで絶対に欠かせないのがメール&LINEでのやり取り。

基本的に、彼女の連絡先をゲットする目的はただ1つ。すなわちデートに誘うこと。

とはいえ、女の子によっては、男の本気度を測る目安として、メールやLINEでのやり取りを重視する子がいます。

そういう子には、定期的に連絡を取って接触を測ることで、彼女の気持ちを大きくつかむことができます。

特に、こちらから連絡すればしっかり返信してくれる子や、こちらから連絡しなくても「どうしてる?」など連絡してくる子はもはやチャンス以外の何物でもありません。

あなたがよほどのヘマをしなければ、デートして、彼女をモノにするのも、それほど難しいことではありません。

返信は返ってくる、しかし

とはいえ、そう簡単に物事が進んでいかない子もいます。

特に、警戒心が強くてなかなかデートに進めない。そういう女の子には、必然的にメールやLINEで接触をはかって、彼女の警戒心を解いていく必要があります。

ただ難しいのはタイミング。

あまりに頻繁に連絡しすぎるとうざがられ、かといって彼女が男を決めて欲しいタイミングを逃してダラダラメッセージのやりとりを繰り返していると、「この男はやる気がない」判定をされ、チャンスが一気に遠のきます。

そのため、然るべきタイミングで連絡をとり、かつ、やり取りで盛り上げていくテクニックが必要になってきます。

そこであなたにご紹介したいのが、メールやLINEにおけるテクニックの一つ、名付けて「与えて奪う」放置プレイです。

この方法は上手くはまれば、面白いくらい、女性の食いつき度が変わり、なかなか会えなかった彼女とも、上手くデートができるようになります。

そこで、

「気になる子がいて、LINE(orメール)でやりとりしてる。一応盛り上がってはいるように思うけども、なかなかデートが決まらない。彼女は脈なしなのかと、悩んでいる・・・」

というあなたはぜひタイミングを見極め、この技を実践してみてください。そして、あなたが望む栄光を、ぜひつかんでみてください。

方法の説明

まずはじめに、このテクニックを使う条件としては、女性と定期的なやり取りができることが条件です。

具体的には、あなたが連絡をすれば、ほぼ彼女から連絡が返ってくる(基本的に1日以内)のが条件です。

ではあなたは何をどうすればいいのかというと、次の手順に従い、彼女に連絡を取ります。

基本的な流れ

1・基本的に同じ時間(夜の9時など。)にあなたから彼女に連絡をします。それを一週間くらい続けます。

2・その間、1日のメールのやりとりは3回以上が理想。話題は何でもいいので、あなたが彼女に質問をする→それに対して返信が返ってくるという状況を作ります。そして、やり取りは彼女からの連絡で終了させます。

3・これを一週間くらい続けて、やりとりが盛り上がってきたタイミングで、突如あなたは彼女に連絡を送るのをやめます。おすすめなのは最低3日間。この間は、あなたから連絡を送ってはいけません。

4・ここで、彼女から「連絡が来ないけどどうしたの?」的なメッセージが来たらあなたの勝ち。連絡できなかった理由をテキトーにでっちあげ、彼女をデートに誘います。

5・3日放置して彼女からの連絡が来なければ時期尚早と判断。また何食わぬ顔をして連絡をとり、今度は3週間、また同じ時間に連絡を取るにようにします。

6・そして、3週間経ったら、今度は一週間くらいあなたは彼女に連絡をしません。彼女から「どうしたの?」と連絡が来るのを待ちます。

7・これでも向こうからの連絡が全く来なければ、彼女との関係を深めることはかなり厳しいと判断し、撤退します。

これが「与えて奪う」放置プレイの基本的な戦略です。

早い話、普段彼女に積極的にコンタクトを取り、「私はあなたに関心を持っています」ということを、行動によって示します。

いわゆる押すの段階で、毎日習慣的に彼女に連絡を取ることによって、彼女に「この人はこの時間に連絡をしてくる」という印象を「与える」のです。

そして、メッセージのやりとりでだんだんと盛り上がった段階で、突然連絡を取るのをやめます。

そうすると、彼女的には、「あれどうしたんだろう?あんなに盛り上がったのに、連絡が来ない・・・」という心理になります。それによって、彼女の気持ちを揺さぶることができます。

だからこそ、彼女から連絡が来ればそれはチャンス。あなたのことが気になり始めている動かぬ証拠です。

私の体験から

このテクニックは、脈なしを脈ありに変えるための合理的な戦略になります。

例えば、某有名スーパーで働いてる女性を口説いたときのこと。

こちらから連絡先を渡して、幸いにも返信が返ってきて、「これはいけるぞ!」と思ったのですが、そこからなかなか進展せず。警戒されているせいか、なかなかデートに進むことができませんでした。

そこで、私は長期戦を覚悟、放置プレイを決行することにしました。

先程書いたとおり、まずは下準備として、毎日夜の9時、こちらから女性にSMSを送ることにしました。その結果、1日およそ10通程度、往復で連絡が取れるような状況に達しました。

おまけに、彼女からは連投でメッセージが届くほど、彼女のノリは良くなってきました。そして、メール内容から、個人的な情報開示度が増えたことを確認。「時は来たれり!」と確信した段階で、いきなりSMSを送るのをストップしました。

するとどうでしょう。

2日後には向こうから「どうしたの?忙しいの?」という連絡が来たではないですか。あとはもう予想がつくと思いますが、散々スルーされたデートもスムーズに成立。私は男として、やるべきことスッキリ完了することができたのです。

もちろん、上手くいかなかった例もありますが、この方法は時間はかかるものの、方法としてはオーソドックスかつ融通がききますので、かなりおすすめの方法です。

特に、メールやLINEはできて、相手からの返信もあるにはあるけれど、デートに誘えない相手には有効な方法です。

脈なしを脈ありに変えるために

一番理想なのは、気になる女性と連絡先を交換できたあと、速やかにデートが成立することです。ところが中には、なかなかデートに応じてくれない、警戒心の強い女性もいます。

このような女性を勝算のないままデートに誘ってしまうと、「この人、うざい・・・」と思われて秒速で音信不通な存在になってしまいます。

だからこそ大切なのは、マメさ。普段から彼女に連絡をとり、それが習慣になった段階で、一気に連絡をしないで心を揺さぶる。このテクニックが役に立ってきます。

まぁ小細工といえば小細工ですが、結果が良ければ手段は正当化されます。

ものは試し、もしあなたが「LINEでメッセージのやりとりはできるけど、男女関係に発展しない!」と悩んでいるお相手がいるなら、この方法をぜひ参考にしてみてください。

人は手に入れたものを失いたくない生き物です。とくに女性はこの傾向が強いです。その習性を利用したのがこの方法です。

効果を100%保証することはできませんが、場合によっては、脈無しを脈ありに変えるきっかけになるかもしれません。

ぜひ、参考にしてみてください。

まとめ

・なかなかデートに進めない脈なし女性は焦らないで、普段のメールorLINEのやりとりからチャンスを作ることが大切。

・そのために、「与えて奪う」放置プレイ戦略が有効。とくに、メッセージのやり取りが順調になって、女性が乗ってきたタイミングが最高の引き時。女性からすれば「なんで?」となるので、大いに彼女の気持ちを揺さぶることができます。

大切なのは返信のタイミング。メール・LINEで失敗しないための原則とは