3足1000円の靴下VS1足1000円以上のブランド靴下

私が調べます!

おしゃれは足元から。

モテたいと思ったときは良い靴&良い靴下を履きこだわりを見せるのが吉。

靴は値段と質が比例するので、比較的悩みの種にはなりませんが、問題は靴下。一体いくらまでお金をかけた方がいいのか?

1足1000円以上のブランド靴下を買った方がいいのか?それとも、ユニクロや無印良品で3足1000円の靴下でもいいのか?

それを知るためには、まず3足1000円の靴下と、1足1000円以上のブランド靴下は何が違うのかを知ること。

正直、この点について私自身はとても疑問に感じていたので、自ら自腹を払いおよそ半年間試してみたので、その違いを書いてみたいと思います。

比較条件

1・3足1000円の無印良品やユニクロの靴下(ともに紺色の無地のタイプ)

2・カルバンクライン(1足1000~1500円程度、黒と紺)、タケオキクチ(1足1000円程度、紺色)、ラルフローレン(1足1000~1500円、黒と紺)、マッキントッシュフィロソフィー(1足1000円~)

スポンサーリンク

耐久度(劣化速度)

ブランド靴下>>>>>>>>>>>3足1000円靴下

耐久度はダントツ、ブランド靴下が持ちます。3足1000円の靴下はすぐダメになりますが、ブランド靴下は10回くらい洗濯しても明らかに持ちが違います。

これは明らかに違いが実感できたポイントで、持ちの長さはブランド靴下の圧勝でした。

モテ度

「女の子は靴だけでなく靴下もチェックしている」という情報を入手し、実地調査にGo。

大人のお店(キャ○クラ)、普通の生活の中で女の子から靴下をチェックされるかどうかをテストしました。

まず、キャ○クラですが、靴と時計は露骨にチェックされます。

2回調査しましたが、1度目はチャーチの靴(茶色のディプロマット)とロレックス(デイトジャスト2、黒字、バーのインデックス)で靴下はユニ○ロ。

2回目はクラークスのデザートブーツとグランドセイコーで靴下はカルバンクラインで行きましたが、結構反応が極端で面白かったです。

チャーチの靴とロレックスのときは「靴、かっこいいね」とか「いい時計してる」言及がありましたが、2回目のときはそうでもありませんでした。

が、靴下は一度も言及されず。「まぁそんなもんだな」と思い靴下はそこまで致命的な影響がない気がします。

この傾向は日常生活でも同じでした。女の子は時計や靴はよく見てきますが、靴下まで言われるのはよほど意識が高い子に限られる気がします。

デザイン性

このように、靴下までチェックする女性は少ないですが、座敷など靴を脱ぐ必要がある場面では、ブランド靴下が明らかにメリットがあります。

なぜかというと、パッと見の生地の質。デザイン性が明らかに違うからです。

3足1000円のものよりもブランド靴下のデザインは凝っており、見る人が見なくても。

誰が見ても、1足1000円のものとは違うということはそのデザインから判断することができます。

まとめると

ということで結論ですが、靴下は3足1000円のものを選ぶより、1足1000円以上のブランド靴下を選ぶ価値があります。

単純に耐久性が違うだけでなく、デザイン性、そしてトータルのコスパで言えば、十分に合理性がある選択肢だからです。

1足1000円のブランド靴下についてはこちらで詳しくご紹介していますので、あわせて参考にどうぞ。

1足1000円以上のブランドソックスを語る