人生は苦労するな。ムダな苦労はハゲの原因

過労で死にそう

なぜハゲてしまうのか?

その理由を考えると遺伝とか生活習慣とか、様々な原因がありますが、ハゲてしまう危険要因の一つにストレスがあります。

「円形脱毛症」という症状があるように、日々蓄積されたストレスが髪の成長に何らかの悪影響を与え、結果ハゲてしまう。

それを考えると、もしかしたら、ハゲてしまう身近な原因は日々苦労が原因なのかもしれません。

確かに、周りでも「こいつ、苦労してるな・・・」という人は、薄毛や若白髪、髪に何らかの症状が出ているケースが多いように思います。

そういう現実を間の当たりにすると、「人生、あれこれ苦労しすぎるのはダメじゃないか?」という気がしてきます。

だって、毎日頑張ってストレスをためて、それで何らかの見返りがあればいいのですが、ストレスでハゲてしまったり、他いろんな悪影響があるとしたら、ただ損でしかないと思います。

経験上、「苦労するとハゲる」は正しい

世の中では、「若い内は苦労は買ってでもしろ」などと言われますが、苦労でも良い苦労と悪い苦労があります。

特にヤバイのは過労と人間関係のストレス。

長時間労働で死ぬほど働いて、おまけに人間関係でさんざんストレスをためていると、秒速で髪にダメージが蓄積、育毛サイクルが狂ってきます。

実際、私もそういう経験があって、20代の一時期仕事の人間関係でかなーり苦労しましたが、そのときはウソのように白髪が急激に増えました。

抜け毛はなかったですが、この体験からストレスは髪にとってヤバイのは確かだと感じています。

なので、「苦労するとハゲる」という話がありますが、まんざらそれはウソではないと思います。

朝から晩まで働いて過労気味の人は当然食習慣、生活習慣が乱れます。

すると栄養不足、睡眠不足になります。お風呂にゆっくりできる時間もなければ髪も綺麗に洗えません。ケアができません。

それはまさしくハゲてしまう習慣となり、やがては薄毛の影がジワリジワリ、忍び寄ってきます。このような具合、やはり人生は、ムダな苦労はすべきでないと思います。

解決策は自然な暮らしを取り戻すこと

薄毛が気になったとき、たしかにハゲ対策の手を打つことは確かに大切です。

それと同時に、今の自分の暮らしを振り返り、ムダな苦労をしていないか、ストレスをためすぎていないか、そういったことから、改善していくことが大切ではないでしょうか。

一度ハゲてしまうと、それを挽回するには長い時間とお金が必要になってきます。それに、髪のことで悩んでいては悩みの解決に時間を奪われてしまいます。

そうならないために、人生でムダな苦労はしない。できないことはしない。そんな自分の生活を守っていくことが大事ではないでしょうか。

ムダな苦労はハゲのもと。頑張り過ぎずほどほどにやっていく。だから髪もいつまでもフサフサ。そんな暮らしが一番、人間にとって自然なのかもしれませんね。