モテたい男が知って損しないモテる香水の付け方

モテたい男

清潔な男はモテる!良い匂いがする男はモテる!

そこで活用したいのがモテ香水ですが、肝心なのが香水の付け方。

香水は上手くつかえばサブリミナル効果によってあなたのモテ度アップに役立ちますが、香水を付け過ぎたりして使い方を失敗してしまうと、効果はプラスどころかマイナスになってしまうことも。

大切なのは適切な使い方。香水の正しい使い方を知っておくことで、香水のモテパワーをフルに活用することができます。

覚えることはそれほど多くはありません。ポイントは次の2つです。

1・適量をつける(ワンプッシュでOK)

2・場所(体温が高いところにつける=主にウェスト、下半身)

以下、詳しく見ていきます。

香水の適量について

まず、香水というのは自分が思った以上に周りに匂います。そこで、香水をつけるポイントとしては、さり気なく匂う程度がちょうど良いです。

もろ香水の匂いがすると、それは嫌味になったり、人によっては「香水クサイ・・・」と悪印象を持たれてしまいます。

なので、香水は自分で匂いが実感できない程度、軽くつけるくらいのイメージの方が失敗しません。

具体的には、ワンプッシュする程度しか使わない。それを意識していれば、香水をつけるときにつけすぎることはありません。

場所はどこがいいか?

次に意識したいのが香水をつける場所です。

香水をつけるベストな場所を理解するためには、まず香水の特性を理解しておくと便利です。

香水の特性として知っておきたいのは、香水は体温が高い場所につけるとより香りが立ちやすくなります。

というのは、体温によって、香水に含まれているアルコールを揮発させることができるからです。

そのため、体温の高いところに香水をつければ、自然と香水が香りだし、良い匂いを漂わせることができます。

ではその場所はどこがいいかというと、ウェストやお腹周り、下半身がおすすめ。香水は下から上へと香っていきますので、より香水の香りを、自然に漂わすことができます。

香水のNG

それと最後に知っておきたいのが、香水の付け方NGです。

香水はよく、手首や首筋につけてこすったりしてつけるイメージがありますが、これはあまりよろしくありません。

こすることで、香水の香りを損ねてしまう可能性があります。特に首筋は匂いが目立ちすぎる場合があるので、こするのも、つけすぎるのもNG。注意が必要な場所です。

それと、汗をかきやすい部分(たとえば脇とか)に香水をつけるのも避けたほうがいいでしょう。

汗と香水が混ざったときは、微妙な匂いになってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

最後に

以上が男のための正しい香水の付け方になります。

香水はその性質を理解して、正しい場所につけるのが効果的。香水の量、つける場所を間違えなければ大丈夫。特に、つける量は気持ち軽めで十分です。

上手く香りを出せれば香水はモテパワーをサポートしてくれますが、つけすぎると逆効果。適量、用法を守り、正しく使っていきましょう。

「香水の付け方が分からない!」

という方は、参考にしてみてください。

こちらもどうぞ

メンズの香水入門はカルバン・クライン「シーケーワン」が鉄板な理由