【これだけはしておきたい】いざという時のハゲ対策

未来を見つめる男

「とうとう髪がキテしまった・・・」

将来のいつか、髪で悩まないために必要なのが、最低限のハゲ対策。

人生一寸先は闇。今ふさふさでもこれから将来はどうなるか分からないのが怖いところ。

だからこそ、今問題のない間から、打つべき手を打ち、未来の不安を解消しておくことが大切です。

では、そのために今何ができるのか?

このページでは、ハゲないために最低限しておきたい対策をまとめました。

2323な未来を守りたい方、将来に不安を感じてる方は、このなかの1つでもいいので、今すぐ始めることをおすすめします。

育毛剤を始める

薄毛は些細なところから判明します。抜け毛、生え際の後退、症状が明らかになってきたときいは、事態は急を要します。

そのため最善なのは、「今」特に問題がない状況において、予防のための一手を打つこと。

育毛剤の生える効果は正直疑問ですが、育毛剤のメリットは頭皮の環境を整え、髪にとって清潔な環境作りができるところにあります。

頭皮の環境をコントロールできれば、そこから薄毛が発生するリスクを抑制することができます。

この意味で、育毛剤は薄毛を治すのではなく、薄毛を予防するために利用するのが適切ではないかと考えています。

だからこそ、「薄毛予防」という視点で育毛剤を使用すれば、そのメリットが実感できます。

ハゲを進行させない!育毛剤はいつから使えばいいか

髪に悪い習慣をやめる

薄毛は遺伝だけでなく、日々の悪習慣の積み重ね。

不健康な習慣が頭皮の環境の悪化へつながり、それが薄毛という芽になります。具体的にはストレスタメすぎの生活。過度の飲酒や喫煙。夜更かし。

基本的に、体に悪いことは髪にもよくありません。逆に、悪い習慣を元気な習慣に変えていくことで、薄毛の不安に抗うことができます。

健全な魂は健全な肉体に宿る。髪は生えてくるものです。では髪はどこから生えてくるのか?

それを考えれば、将来ハゲないための答えが見えてくるはずです。

シャンプーを見直す

薄毛を気にするなら絶対に意識したいのがシャンプー。

髪がきちんと生えて成長するか。それとも途中で成長が止まって抜けてしまうか。それはずばり頭皮の環境。

その頭皮環境に影響するのがシャンプーです。

シャンプーは髪を清潔にし、頭皮をスッキリさせますが、なかには髪によくないものもあります。

そして、自分に合わないシャンプーを使っていると、知らず知らずのうちにそのダメージが蓄積されていき、それがある限度を超えると、不安な未来が待っています。

私も20代の一時期、髪で悩んだことがあるのですが(ハゲる不安に怯えました)、それでシャンプーを変えることで、悩みが解決した経験があります。

そのため、最低限、シャンプーは安心して使えるものを使い、薄毛の不安を解消していくことが大切です。

そのシャンプー習慣がヤバイ!?ハゲとシャンプーのこんな関係

頭皮ケアを始める

頭皮ケアといっても、そんなに難しく考える必要はありません。美容院で髪を切ってもらうと、美容師さんに頭をマッサージされますよね。あれを自分で毎日やるだけです。

個人的におすすめなのは、育毛剤か育毛剤が無理なら市販の頭皮ケアスプレー等を使い、1日1回10分ほど、マッサージをすることです。

これはスッキリ気持ち良いだけでなく、頭皮の環境を改善するお手軽かつ安心できる方法です。

しばらく続ければ、頭皮の環境がいかに髪にとって重要か、身をもって実感できます。

食事に気を使う

私たちの体は私たちが食べたものによって作られます。大切なのは、自らの身体、髪に良いものを食べること。

これは理屈以前にまず実際に経験してみることをおすすめします。

まずは1ヶ月、食事に気を使い、食べ物がいかに大切か、論より証拠で体験することが大切です。体に悪いものは髪にも悪いことが実感できるはずです。

毎日&手軽に食べれる髪に優しい食べ物5選

まとめると

ハゲにならずに2323の自分でいる。

その未来を実現するカギは今、そこにあります。薄毛は気づいた段階で早めの行動になります。それは潜伏期間という言葉を使った方がわかりやすいかもしれません。

症状が出た段階で、早急に対応が必要ですが、もっと大事なのは、症状が出ていない段階でどう薄毛を予防していくかということ。

つまり、未来を守るカギは、今、あなたのその手の中にあるのです。

もちろん、運命に絶対はありません。最善を尽くしても、「そのとき」はやって来る可能性だってあるでしょう。

しかし、今すべきことを始めることによって、未来が変わる可能性は常にあります。

だからこそ、2323の未来を守るために大切なのは、今このときから、髪を守るための行動を起こすことです。それが将来後悔しない、唯一の方法と言っていいかもしれません。

ぜひ、40になっても、50になっても、人並み以上に2323な自分を目指したいもの。

このページを読んで「ピン!」と来ることがあれば、ぜひ実践してみてください。それがあなたの未来を分ける、十字路になる可能性だってあるのです。