モテないけど結婚したい。なら婚活すべき?

結婚してぇよぉ・・・

「学生時代に彼女がいたけど、フラレてしまってずっと彼女ができない」

「10歳の頃は、俺、いつか結婚するんだなと思ってたけど、現実もう30歳を超えてしまった」

「そもそも全然出会いがない。今のままだと結婚できる気がしない」

今、独身の割合がどんどん増えていますよね。

この傾向はどんどん続くようで、2035年頃には、人口の5割、つまり2人の1人が独身の時代がやってくると言われています。

ということは、結婚することがもはや当たり前のことではなくて、世の中の一部の人たちだけがするようになるくらい、結婚が難しいものになるのかもしれません。

でも、そんなこといったって、結婚したい。そういう場合はどうすればいいのか?婚活すればいいのか?

この記事では、男と婚活について考えます。

結婚したいなら婚活すべき?

今の時代、結婚って本当に難しいと思います。

もちろん、「結婚するなら誰でもいい」と考えれば今すぐとは言わないものの、できないことはないでしょう。

でも、結婚は継続ですよ。1年とかじゃなくて、10年20年、基本的にずーとするものだと思います。

つまり、離婚を前提に結婚はしませんよね。

となると、「誰でもいいから結婚する」ことがいかに危険なことか分かります。外見が好かない。性格が合わない。価値観が合わない。信用できない。

そういう相手と無理して結婚するなら、独身の方が絶対いいですわ。でも世の中、幸せに結婚している人もいるんですよねぇ・・・。

学生時代からずっとアツアツで、それで結婚して子ども持って一緒に年取って。

そんな幸せな結婚している人もいる現実を見ると、理想は学生時代、お金とか職業とか、そういうものが関係ないときに出会った相手と結婚しておくのが一番幸せなのかも、と思います。

が、社会に出るとそれは無理になります。純粋な恋愛結婚は難しくなるし、そもそも出会いが学生時代に比べて減ってしまう。

気がつけば年だけ増えて、「俺、詰んだかも?一生独身かも?」となってしまいます。もしかして、あなたもそうですか?

今の時代、20代男は結婚に自信が持ちにくい

男が結婚を考えるとき、そこには必ずお金が関係してきます。

今のご時世、20代でお金の余裕がある男は少数派。お金に困っていたり、仕事が上手くいっていないとか、そういうときは「結婚したい」なんて思えないもの。

デートするにもお金かかるし、給料少ないと、やっぱり不安ですよ。

「できちゃった」勢いで結婚する本能に忠実な男性は除く)

私も実際そうだったし、結婚が頭に過ったのは、仕事が安定して収入も増えた30代になってから。でも結婚を考えても相手が見つからない。うーん、なんというタイミングの悪さ。

私の場合は、それで出会いを探そうといろんな場所に顔を出して、いろいろ女性の知り合いとかもできましたが、「結婚したい!」と思えるような出会いがないのが正直なところ。

でも、だからといって、個人的には婚活だけはしたくないですね。

婚活は「職業・収入」がまず前提なので、一生を共にする相手をまず条件ありきで見る人たちと一緒になっても、幸せにやっていける自信がないからです。

もちろん、婚活で幸せにやっている人もいるかもしれませんが、婚活で相手を見つけて、その後どうなったのか。

そういうことをきちんと調査すれば、もしかしたらいろいろ察せられるものがあるかもしれませんね。

結婚には必然性が必要

早い話、結婚はただできればいいものではないと思います。

「結婚を目的にした結婚」によって本当に幸せになれるのか?婚活による結婚の意味について考えさせられる文章があるので、少し長いですが引用します。

「婚活」は、勝者と敗者が明確に別れる残酷なゲームです。

「婚活市場」という言葉に端的に示されているように、「婚活」を始めると、人々は、途端に自分が「婚活」というマーケットで価格をつけられる「商品」と化すことに気がつきます。

私の学生で、「優良物件には早く手をつけておかないと」と言ってすぐに結婚した人もいましたが、ことほどさように、今、未婚者の多くが「自分の婚活マーケット」での価格(プライス)に非常に敏感です。

本当は、婚活などせずに、自然な出会いを待っていたら、もっと素敵な人と出会えて、深い縁で結ばれる可能性があったであろうと思える男女が、自分の「市場における価値」が下がるのを嫌がって、「ここらで手を打っておこう」とばかりに妥協して結婚に踏み切るケースが増えています。

しかし問題は、「市場価値」を気にかけて落札しあった男女が、数十年と続く結婚生活をはたして充実した気持ちで乗り切っていくことができるかどうかです。

たとえば、20代後半、あるいは、30代前半で結婚するとしましょう。しかし当然のことですが、そのカップルも10年経ち、20年経つと、40代後半になり、50代前半になっていきます。

するとその夫婦が直面せざるをえなくなるのが、「中年クライシス」(中年期危機)という試練です。

婚活夫婦だけではありません。20代から30代前半に、いわば「勢い」で結婚したすべての夫婦に「中年クライシス」は訪れます。「中年クライシス」に直面すると、夫婦は「実存的な問い」に直面せざるをえなくなるのです。

それは一言で言えば、「あなたたち夫婦は、ほんものの夫婦といえるのか。そういえるほどの内面的な深い結びつきが二人の間には育まれているのか」という問いです。

形ばかりの夫婦、仮面夫婦でないといえるのか、という問いです。

諸富祥彦著『あなたのその苦しみには意味がある』(P105~106)

これを読んだときは「我が意を得たり!」という気持ちでしたが、結婚は継続です。理想を言えば、「結婚のための結婚」には、やはり必然性がないのかもしれません。

婚活は「損得」の見積もりで出会う関係

結婚って、男と女がただ一緒に暮らしてセッ○スして子ども作って暮らしていくだけじゃない。

そこには人生を共にする必然的な何かがある。一緒にいることで学べる何か、得られる何かがある。だから結婚する。そういうものだと思います。

でも、そういう必然的な何かがある相手と婚活で出会えるのか?そこが最大の疑問。

もしあなたが高収入で、有名な会社に勤務していたら、婚活で結婚するのは難しくないかもしれません。

でも、

「独身はみっともないから」

「独身は寂しいから」

とか、そういう理由で結婚しても、もしかしたらそれは、

「俺、本音を言うと独身の頃の方がずっと幸せだったよ・・・」

と後悔してしまう原因になるかもしれません。

だって悲しくないですか?まず最初にチェックされるのが収入。職業。俺は商品なのか?一緒に生きていくってどういうことなのか?

そう考えるのはナイーブ過ぎますかね。

婚活で結婚を目指すなら「最悪」を想定しておく

30代で婚活している友人を見ると、やっぱり大変ですね。私の長い付き合いの友人なんか、性格も良いやつで外見も可愛らしいのに、収入が低い&会社が無名なだけで、なかなか結婚できない。

こういう話を聞くと、やっぱり条件だけで結婚相手を見積もる婚活ではいい人と出会えないんじゃないか。そんなことを思います。

だって、今もし年収が高くても、それがずっと続く保証はないじゃないですか。有名な会社に勤めていても、いつ何があるか分からない。

それで仕事もお金も失ったときどうなるか?そういうときほど妻に支えて欲しくないですか?

でも、条件でつながった相手だと、「富む時も貧しき時も」の誓いなんて関係なく、「金の切れ目が縁の切れ目」になる可能性は否定できません。

人間関係って、ピンチのときこそ本質が出ますよね。

「この人収入いいし、いい会社に勤めてる!」という考えで結婚する人なら、「こいつはもう金ないな、会社もクビになってダメだな」と裏切り上等にならないか。

条件で結婚するなら、最悪を見越して考えた方がいい気がします。そもそも、普通に付き合っていたって人の心なんて分からないものですし。

結局、婚活はすべきなのか

と長々と書いてきましたが、婚活すれば結婚できる可能性はアップするのは間違いないでしょう。結婚を前提に人が集まってますからね。

ただ一つ言えるのは、婚活で結婚できても、それはあなたが思い描いた夫婦関係を築けるかどうかは保証されないということです。

自然な結婚って、男女が出会って、それで関係を深めていって、一緒になる結果です。

ところが婚活は、結婚ありきで条件を決めて、頭で考えて一緒になることです。そこに心があるのか、一緒に暮らしていく必然性があるのか、そこを考える余地があります。

まぁ何事も経験なので、

「どうしても結婚したい!」

という場合、婚活サイトに登録して、その場の雰囲気を見てみるのも一つかもしれません。

論より証拠で、婚活で出会える女性はどんなタイプが多いのか、それを見てから決めてもいいかもしれません。まぁ。それによって結婚することの意味を考える良い機会になります。

個人的には、やはり自然な出会いが一番だと思います。

やっぱり付き合って時間を過ごした女性なら、情が湧くし、「大切にしよう」という気持ちも自然と芽生えてきます。理想を言えば、やっぱりそれが一番だと思います。

では自然な出会いを得るためにはどうすればいいのか?次の記事では、その方法について考えていきたいと思います。