焦ったときこそ気をつけたい。婚活で焦る独身男性が忘れてはいけないこと

どうしたら結婚できるんだ?

「30代になって結婚したいと思った。それで婚活を始めたのだが、どうにも上手くいかない・・・」

婚活していてもなかなか良いご縁がない。そうなってくると、いろいろ焦って、不安を感じてしまいます。

ただこの焦っている状態というのはある意味とても危険な状態。

婚活が上手くいかず、自分の自己評価が下がっているため、

「いろいろ気になることがあるけど、この人を逃すと結婚のチャンスがなくなってしまうかもしれない。この人と結婚してもいいかな」

と、妥協的な結婚を選択しがちです。

結婚はただの始まり

しかし注意したいのは、結婚は男にスタートであり、そこから長い日々が始まります。

結婚することが目的になってしまっては、その長い日々を乗り越える上で、様々な懸念を残すことになる可能性があります。

「結婚さえできれば誰でもいい!」

正直そんなことは絶対にないと思います。妥協するにも最低限のレベルがあるはずです。

本音にウソをついて結婚していても、それは将来の離婚リスクや不幸度アップなど、様々なリスクが生じてしまいます。

だからこそ、逆説的ですが、婚活で焦ったときほど、安易な決断は避けたほうがいいのかもしれません。

とはいえ、いつまでも結婚できなければそれはそれで不安なもの。

理想は大切にしつつも、ある程度は妥協すべきでしょう。問題は何をどう妥協するか、ということです。

譲れないもの、譲れるもの

例えばこんなふうに考えてみてはどうでしょうか。

結婚というのは生活です。生活に必要は安定して日々を共有できる相手です。そこで大切になってくる要素は、外見的なものよりも、内面的、習慣的なものです。

性格が比較的安定していて、料理や掃除習慣など日常のことがきちんとできる。

そういう何かしらのプラスを持っている女性であれば、多少外見が好みでない女性や年齢が高い女性でも、結婚を申し込む価値があるのではないでしょうか。

どのみち私たちには老化という宿命が待っていますので、妥協すべきところは妥協し、譲れないところを厳守する。

そこを押さえて、結婚相手を探すことが、成婚への道になります。

婚活は単純に、出会いの数、選択肢の数を増やせば増やすほど、成婚の可能性がアップします。

そのためには、自分が妥協すべきことと、自分のスペックがどのような層の女性に受け入れられるかを客観的に認識しておく必要があります。

出会う数、気にかかる女性の数を増やせば、そこからきっといくつかご縁が生じてくるはずです。その中で、最善の決断を下せばいいのです。

最後に

結婚できない。婚活してもうまくいかない。

焦ってしまうと、気持ちばかりが空回りして、いわゆる「がっつき」状態、余裕のない状態になり、状況はますます悪くなってしまいます。

焦るときほど焦らず、理想と現実を見極め妥協点を探っていく。婚活で女性を探すときの条件を緩和し、幅広い視点で結婚相手の女性を探していく。

方法を変えていけば、結果も変わっていきます。何も焦る必要はありません。そもそも焦っても、ろくな結果にはなりません。

だからこそ、決して婚活は焦らないことが肝心です。

大切なのは、結婚して人生がより良くなること。焦る気持ちが出てきたら、婚活を客観的に振り返って、できることを始めていきましょう。

きっと良い相手は、どこかにいるはずです。