婚活は結婚の可能性の一つである。

またお断りかよ・・・

「どうしても結婚したい。それで婚活を始めてみた」

「でもどうにもダメだ。何度かメールをするとフェードアウトされたり、デートしてもお断りされる」

「もう、自分に自信がなくなってしまったよ・・・」

婚活で失敗して悩んでしまう、そんな男性が増えているようです。

婚活はドライなので、条件が合わない相手にお断りされても仕方ないですが、まぁいい気分はしないですよね。

特に、メール段階でNGを出されると「俺の何がダメなんだ?」と悩んでしまいます。なかなか難しいですよね。

とはいえ、結婚のために行動を起こしているのに上手くいかない。婚活を続けていても自信だけが削られていく。

それではイヤになって当然です。「婚活うつ」という言葉があるように、お断りされ続けていると、本当に何もかもイヤになってしまいます。

婚活は出会いの一つ

では、婚活で良い相手が見つからないときはどうすればいいか?もう結婚は諦めてしまったほうがいいのか?

もちろん、そんなことはありません。

婚活はあくまで、結婚したい女性と速やかにマッチングできるシステムのサービスです。出会いを増やす確率を上げることはできますが、結局は人と人。

特に婚活は女性がいろいろ条件(収入や職業など)を提示してきますので、それで合致しなければどうにもなりません。

なので、結婚のための努力を婚活だけにガン振りしていては、もしかしたら本当に良い出会いを見逃してしまうかもしれません。

早い話、婚活はあくまで出会いの一つ。可能性の一つにしか過ぎません。婚活だけ頑張らず、むしろ他の出会いを模索していくことが大切です。

実際問題、婚活での結婚率は25%程度。なかなか難しいです。)

婚活とは関係ない外での出会いは、人と人、条件が絡まない自然な出会いをつかめる可能性が高いです。

婚活で失敗しても、偶然の出会いで結婚した人はたくさんいます。むしろ、婚活でいい出会いがない、結果がでないのは、むしろ運がいい場合もあります。

結婚は急がば回れ

男にとって自信は絶対に必要なもの。婚活でNoを突きつけられていると、その男としての自信がどんどん失われていきます。

だからこそ、「卵は一つのカゴに盛るな」という教えの通り、結婚したいなら、婚活はあくまで一つの機会にしておくことが肝心。

仕事を頑張るとか、人間関係を広げていくとか、別の方法を模索していくことが大切だと思います。

そうすれば急がば回れ、思わぬ場所で、思わぬときに、思わぬ出会いがあるかもしれません。本当に大切な縁ほど、自分が予期していないときに出会います。

手軽に出会える婚活はある意味即効性が期待できますが、婚活市場で有利な条件を持たない人の場合、婚活で出会いを探すのはマイナスになる可能性もあります。

だからこそ、

「婚活でお断りされまくる。このままじゃ結婚できない・・・」

と悩んだら、婚活以外、別のチャンスを探っていくことが大切です。

最終的にご縁があれば、きっといい出会いがあるはずです。婚活で上手くいかないからといって自己否定せず、急がば回れ、いろんな出会いの機会を作っていきましょう。

1年以内に本気で結婚したいあなたにおすすめ