なぜ婚活でフェードアウトされてしまうのか?原因と対策は

フラれる男

婚活で女性と出会いLINE交換。何度か食事へ行くものの、ある日突然LINE既読無視。連絡がつかず、自然と関係が消滅。

これがいわゆるフェードアウト

デート中に女性と会っているときは感じが良かったように感じたから「この人とは!」と思ったけれど、連絡がつかなくなって(もしくは無視されて)フェードアウトされてしまう。

実はこういうことって結構あります(よくあるのは2回目のデートで音信不通)。

フェードアウトの意味を好意的に解釈すれば、こちらを傷つけないために「察して下さい」ということでしょうし、他にもきっと理由がるのでしょう。

何にせよ、いずれにせよ女性からの結論は「No」。「お断れされた」と考えたほうがいいでしょう。

婚活でフェードアウトされてしまう3つの原因

ではなぜ、せっかく頑張って関係を作ってきた女性からフェードアウトされてしまったのか?

考える主な理由は次のとおりです。

1・「この人はない!」と思われた(会ってみたらイメージと違った)

2・失礼なことをして実は女性の怒りを買っていた

3・実は同時進行で他に気になる男性からアプローチがあった

以下、詳しく見ていきます。

「この人はない!」と思われた

プロフィールの情報やメール、LINEとのやりとりで、「この人だったら会ってみてもいいかも」と思ったけど、いざ実際会ってみたら、どうも女性が思っていたイメージとは違っていた。イメージと違っていた、というのがこのケース。

これは逆のパターンもよく有りますね。写真やプロフィールを見て「この女性は自分の好みと近い!」と思って、実際に会ってみたら・・・。

要は相手からこれ以上会う必要性を感じられていないということなので、ご縁がなかったと思ってあきらめる他ないでしょう。

ハッキリと「あなたとは付き合いたくありません、ごめんなさい」と言われるよりは、気分的にマシかもしれません。

失礼なことをして実は女性の怒りを買っていた

初回のデートのとき割り勘を申し出た、食事のマナーや飲食店従業員への態度が悪かった、女性の気に障ることを言って実は怒らせていたなどの理由です。

デート中女性はハッキリと「それムカつきます」とは言いません。むしろニコニコしていて、「自分といる時間を楽しんでくれているな」と錯覚させてきてます。

それで知らずにNGなことをしていると、当然次はなし。直接「ここがムカつきました」とは言わず、無視、フェードアウトという形で関係を切ってきます。

女性は警戒心が強いので、ハッキリ言ったときのリスクを計算に入れています。

そのため、よほど気に触ったことがあっても、それを直接伝えてこず、フェードアウトという形で「あなたとはもう関わりません」と伝えてきます。

実は同時進行で他に気になる男性からアプローチがあった

注意したいのがこのケース。

基本婚活では、相手は誰かと同時進行している可能性があるくらいに思っていた方が無難です。される側からすると同時進行は失礼ですが、皆結婚したくて婚活をしています。

常に天秤をかけられているくらいの意識を持っておいた方が、余計な期待をしすぎない分、ストレスが溜まりません。

そして肝心なのは、フェードアウトされたあなた自身も、婚活では同時進行で相手を探すのがベストです。

婚活を普通の男女交際と考えて一人一人丁寧にアプローチしていたら、その行動は婚活市場では適切ではないかもしれません。

対策はどうするか?

以上が婚活でフェードアウトされてしまう主な原因となりますが、大切なのはそれからの対策。

婚活でフェードアウトされてしまった場合、「なぜそうなってしまったのか?」という100%正しい答えを女性自身が教えてくれることはありません。

そのため、まず「なぜそうなってしまったのか?」を自分自身で察し、何が原因かを考える必要があります。

「女性に失礼なことを言ってしまった」などの思い当たることがあればそれを正す必要がありますし、自分ではどうにも原因が分からない場合、単純に相性が悪かっただけかもしれません。

いずれにせよ、フェードアウト=あなたとはもう連絡を取りません、という女性の答えを受け入れて、次に生かしていくのみです。

こうすればフェードアウトされても問題なし

しかし婚活でフェードアウトされても問題ないための一番の対策は、あなたが婚活でチャンスを生かすために、同時進行で様々な女性にアプローチすることです。

婚活では数は正義。いろんな女性にアプローチしていけば、そのなかのどれかがヒットする可能性が生まれます。

一発一発弾をしっかり込めて発射していても、婚活市場ではそれが確実に命中する保証はありません。

結局は人と人とのことなので、どうにもならない理不尽な理由で上手くいかなくなることだってあるのです。

だからこそ大切なのは、婚活は数重視でいろんな女性と会うことが大切です。場数を踏めばNGな言動や「これをしてはまずい」ということが体感的に理解できます。

それにたくさんの女性と会えば、何人かは縁ができる可能性だってあるでしょう。何人にフラレようが、結局結婚できるのは一人だけ。

それなら、同時進行でいろんな可能性を追求した方がムダがありません。10人中9人にフェードアウトされても、たった一人、相手が見つかればいいのですから。

ご縁をつかむために

最終的に結婚はご縁。

ご縁をつかむには、チャンスの数それ自体を増やしていく必要があります。

せっかく婚活に参加しているのなら、一人だけにこだわる必要などありません。女性は現実的に相手を探し、余裕で同時進行してきます。

男性はいつも比較の対象となり、収入や職業等、「常に誰かと比べられている」と思った方がいいでしょう。

婚活市場このような残酷な市場です。一人にこだわってゆっくり動いているようでは、出会うべく人と出会うチャンスを失っているようなものです。

せっかく関係を作ったのにフェードアウトされてしまう。それではもったいない。何人も候補者がいれば、別に誰からにフェードアウトされても「次行け次」で前へ進むことができます。

「真剣に女性と向き合っているつもりだけど、いつもフェードアウトされて傷つく・・・」

という場合、フェードアウトされる原因探しも大切ですが、それ以上にもっと、新しい出会いを探す方が大切です。

婚活は数重視。その原則を忘れずに、前へ進んでいきましょう。良いご縁がありますように。

こちらもどうぞ

婚活でモテない本当の理由