婚活でフェードアウトするのは決して失礼ではない。むしろ

返信がこねぇ・・・

「リアルで全然出会いがない。このままだと俺の将来は、孤独死一直線だ・・・」

そんな危惧を感じたときに検討したいのが婚活。

今の時代なら、婚活サイトに登録するだけで、実にいろんな女性と瞬時に出会うことができる時代。

なんとしても結婚したい。そのために手段を選ばない。

それなら、婚活サイトに登録して、女性と出会う第一歩を踏み出すことは、孤独死を避けるための効果的な行動になります。

「答えがない」という答え

ところが。婚活を始めて本当に問題なのは出会ったあと。

いろんな女性にメッセージを送り、そして実際にデートする。そうして女性との関係を進めていくわけですが、婚活での出会いはかなりドライです。

そう、女性にも女性の思惑があって、あなたが「対象外」と認定された瞬間、女性はフェードアウト。勝手に音信不通になります。

このフェードアウトをされると、最初はなかなか不愉快な気持ちになりますが、婚活の世界では決して失礼ではありません。

むしろ、はっきりと「あなたはNGです」と言わずに相手とさよならする、大人の知恵です。これはこれで、ある種のマナーと考えることができます。

「No」とハッキリ伝えるのは本当に誠意なのか?

「さよならを言うなら面と向かってハッキリ言う。それこそが誠実さである」

もしかしたらあなたはそう考えるかもしれません。

しかし、婚活に参加している人は、男女問わず、一刻も早く、結婚という結果を手にしたいのです。

そのために、いろんな相手と同時進行で、婚活をしていることが少なくありません。

そういう状況で、一人ひとり時間をかけすぎていると、出会いのチャンスが狭まり、婚活をしている意味がなくなってしまいます。

だから頼りがないのはそういうこと。スッキリ割り切って婚活していく。これが、この世界のある種のルールです。

大人には大人の流儀あり

逆に、いちいち、「あなたはNGです」と一人一人に伝えていると、それは相手の機嫌を損ねる無粋な行為。

「この人は恋愛の経験がない。こんな男はダメ」

とかえって、あなたの株を下げてしまう可能性があります。

何せよ、婚活をする上では、大人らしい方法で、さよならを伝えること。フェードアウトは、まさにそのための手段なのです。

もしあなたが気になっている女性にフェードアウトされたとしても、それは、相手の気遣い。素直に受け取って新しい出会いを探すのが吉です。

無言でさよならを言われたことを、気にする必要はないのです。

婚活はドライでOK。そういう世界です

婚活の良いところは、やはり情報量。つまり、たくさんの女性と出会うチャンスがあるということ。

婚活を始めれば、確実に女性と出会えます。そのなかで、一人や二人、「結婚したい!」と思える女性との出会いだって、期待できます。

その出会いを得るために大切なのは数をこなすこと。そして、ダメそうな女性はさっさと結果を出して、次に行くこと。

そんなある意味のドライさが必要になってきます。

フェードアウトはそのためのマナーのようなもの。あなたも、どうでもいい女性はフェードアウトして問題ありません。

そう、「返事がない」というのが大人の返事。

ムダな女性に時間をかけず、ぜひ、あなたにピッタリの女性を見つけてください。

こちらもどうぞ

婚活でフェードアウトされてしまう原因と対策