「自分だけが結婚できない」と悩んだときは原因を考えても仕方ない

独身男

「30歳を超えてそろそろ、いい女性と結婚したいと思うようになった。しかし、なかなか出会いがない。周囲の友人たちはどんどん結婚していくが、自分は未だに独り者。婚活を始めてみたものの、それも上手くいかない。なぜ、自分だけ結婚できないのだろうか・・・」

そんなときは胸の中がざわざわして、不幸な気持ちが自然とこみ上げて落ち着かなくなってしまうものは仕方ありません。

なぜあなたが結婚できないのか。

もしかしたら、結婚できない理由はいろいろあるかもしれません。その原因を考えることも大切かもしれません。

でもそれ以上に大切なのが、出会いを求め続けること。自分がすべきことに集中することが、「自分だけ結婚できない」という悩みへの処方箋です。

結婚できない理由を探す必要なんてない

なぜ自分だけ結婚できないのか。結局のところ、その本当の理由なんて誰にも分かりません。だからそれは、考える必要がない質問です。

実際世の中には、「なんでこの夫婦は結婚できたんだ?」という例がゴマンとあって、その「なぜ」という問いは結局、ご縁があったかなかったか、そこに集約します。

だから自分だけ結婚できない原因を問う意味はありません。理由は案外シンプルで、まだ結婚すべきタイミングではないだけなのかもしれません。

だからこそ、結婚できないことを悩むヒマがあったとしたら、1つでも多く、女性と出会うための行動を起こすことです。その方が、有意義な時間が過ごせます。

出会いはいつも突然やって来る

人事を尽くして天命を待つ。奇跡は自分がすべきことを限界まで頑張った者にだけ起こります。

普段から服装や髪型、ニオイケア、おっさん化しない対策をして身奇麗にしておく。

その上で、平日の夜は習い事を始めたり勉強会に参加して出会いを求める。馴染みの店を作り、そこに定期的に通うのもいいでしょう。

土日はもちろん、家でダラダラせず、人が集まるイベントに参加する。そうやって、自助努力によって引き寄せられるご縁もあるはずです。

結局、出会いはいつ、どのタイミングでやって来るかは分からないものです。だからこそ、出会いを引き寄せるためにできることはすべてやっていきます。

それをしていれば、「自分だけ結婚できない・・・」と自虐的になる時間はありません。悩むヒマがあったらやるべきことをする。1つでも出会いのチャンスを作る。

悩みに対してできるのはそれくらいであり、できることを続けていれば、奇跡の出会いがやってくる可能性も残されています。

自分には自分のタイミングがある

おそらく、結婚は人によってタイミングあるのです。

みんなが20代後半から30代前半で結婚したとしても、あなたのタイミングは別かもしれません。だから人と比べる必要は全くありません。

どうしても出会いを求め、結婚にたどり着きたい場合は結局行動あるのみ。

職場、習い事、勉強会、馴染みの店、婚活、SNS、出会いの可能性を限定せず、あらゆる可能性を受け入れます。特に、あなたの暮らしの身近な場面では特に意識を広く持ちましょう。

普段の暮らしのなか、やるべきことをしていれば、最終的には出会うべき人と出会います。ご縁がある人と結婚することになります。

まぁ人生は長いもの。焦らずに、今できることをしていきましょうよ。良いご縁がありますように。

SNSでのこんな出会い方。理想の彼女は価値観でつながる!