こんな男なら独身でも幸せに生きていける

自由ラブな男

前回、30代以上の独身男が本当に結婚する意味があるのかどうか。そのメリット・デメリットについて、考えていきました。

それを補足する意味で、こちらの記事では、

「こんな男は結婚しない方が幸せになれる確率が高い!」

という独身向けの男性の特徴について考察していきます。

あなたが今彼女持ちで、彼女との結婚に迷っている。

そして、

「本当に自分は結婚すべきなんだろうか?」

と葛藤している。

そんな方は、視野を広げる意味で、この記事もあわせて読んでみてください。

妥協が我慢できない男

結婚とは一言で言って共同生活です。それはつまり、ある程度の妥協が必要であることを意味します。

その妥協とは、お金であったり時間であったり価値観であったり、多岐に渡ります。

つまり単純に言って、自分の思い通りにはいかない暮らし、と言ってもいいかもしれません。なぜなら、生まれ育った環境。価値観。そして性別。

何もかも違う相手と一緒に暮らしていくわけなのですから、何もかも自分の思い通りにするなんて、現実的には不可能です。

この意味で、今の人生において絶対的なこだわりを持っている方は、結婚することによって、自分自身を根本から変えなければいけなくなる可能性があります。

お金の使い方。休日の過ごし方。

もしあなたが今、100%それに満足しており、他人にあれこれ口を挟まれたくないなら、もしかしたらあなたは、結婚について熟考する価値があるかもしれません。

こだわりが強ければ強いほど、誰かとの妥協は、耐え難いものになります。それを一生続けるのです。

一人で過ごすのが好きな男

結婚の大きなメリットの一つは、相手と一緒に暮らしていく安定感です。

人生山あり谷あり。寂しい夜や悲しい夜あり。そういうとき、相手がいることによって、心の平安を得ることができます。自分は一人じゃない、と実感できます。

しかし。

世の中には、誰かがそばにいて励ましてくれるよりも、完全に自分一人の空間が必要な男がいます。

そこには他人に入ってきてほしくない。あれこれ口を突っ込んでほしくない。自分の問題は自分でなんとかする。

そういう男がいるものです。つまり、孤独に耐性があり、むしろ一人の時間を楽しむタイプの男です。

あなたがもしそのタイプなら、一度彼女と同棲してみることで、結婚について、現実的な未来が見えるでしょう。

常に家に誰かがいる。その暮らしを実感するのです。

そこで自分がどう感じるか。

「いくら彼女でもずっと一緒にいるのは疲れる」

という場合、もしかしたらあなたは、誰かと暮らすよりも、一人の方が、ずっと気が楽かもしれません。

自分でなんでもできる男

自分で掃除をし、自炊し、お金を管理できる。そんな自立型の男は、専業主婦を必要としません。

彼女が嫁となり、仕事を持って働くなら話は別ですが、自立型の男は基本、なんでも自分でします。当然、妻にあれこれ世話を焼いてもらう必要はありません。

だからこそ、誰かと一緒にいたい。その気持ちは極めて微妙です。

「妻にあれこれ口を出されるなら、最初から自分がやったほうが楽だ」

そう考えるのがこのタイプの男です。

お金に自信があるorお金に自信がない男

結婚は現実。お金の話抜きには、考えることができない問題です。

もしあなたが平均よりもお金を稼いでいて、同年代の男性と比べ、お金に余裕がある暮らしをしているなら、結婚はしやすいかもしれません。

しかし、別の問題が生じてきます。つまり、「お金目当て」の問題です。

あなたが婚活すればすぐに分かりますが、30代で年収800万1000万稼いでいるとわかれば、すぐにたくさん女性からのお誘いがやってきます。

あなたはそこである意味、女性の現実を嗅ぎ取ります。それでもなお、結婚したいかどうか。その問題に直面します。

逆に、結婚して誰かを養う自信がない場合も、結婚は不幸なものになりがちです。統計的にも、経済力と離婚力は関係しているのが事実。

誰かを養い無理して暮らしていくより、自分ひとりで慎み深く暮らしていく。それはそれで十分、素晴らしい生き方ではないでしょうか。

一人なら最悪、実家暮らしもできますしね。

趣味命の男

人生、セッ○ス以外の楽しみはたくさんあります。とくに、楽しいことを追い求めれば追い求めるほど、お金がどんどん必要になります。

しかし先に述べたとおり、結婚すると、現実的妥協によって、様々なことをあきらめなければいけません。

結婚しつつ趣味も楽しむ。そんな何もかもいいとこどりはできません。

もしあなたが、

「結婚するためなら、今この趣味をあきらめてもいいんだ」

という程度なら、結婚に向いています。

しかし、

「これだけは彼女だろうと絶対に口を出されたくない!」

という、強い思い入れを持っている趣味があれば、そのことを素直に彼女に話してみたほうが良いでしょう。

それを認めてくれる相手を見つけるか、そうでないなら、結婚よりも趣味を大切にする。その方が、幸せが待っているかもしれません。

子どもが好きじゃない

結婚する大きなメリットの一つは、パートナーとの間に法的に認められた自分の遺伝子をこの世に残せること。

逆に言うと、子どもに興味がなければ、わざわざ結婚という選択肢を選ぶのは、非合理的なことかもしれません。

現代は素晴らしい時代です。1万円とちょっとお金を払えば、自分好みの女性のサービスを受けることができます。

子どもを作ることはできませんが、男性としてはいろいろ、お金を使うことで、満足できる手段が残っているのです。

逆に結婚してしまい、正統なパートナーを作ってしまえば、その手の行動は大幅に制限されてしまいます。

その結果、たった一発の失敗が、数百万の慰謝料が発生するリスクが伴います。独身なら、そんなことはありません。

まとめると

結局結婚に向いていない男とはずばり、自分の人生を第一に考える男のことです。

それは自由であったり、趣味であったり、仕事の目標であったり、形は様々ですが、その本質は自分。

誰かと共同するよりも、自分のペースで生きていきたい。自分の価値観。考え方。すべてを大切にして生きていきたい。

そんな男のことです。

もしあなたが自由を好み、誰かから干渉されたり、生き方に口を挟まれるのが嫌いなタイプであるならば、あなたはもしかしたら、結婚しない方が、幸せかもしれません。

あなたもご存知のとおり、結婚したからといって、幸せになれる保証などどこにもありません。

むしろ、結婚したがゆえの不幸を背負うことだってあるのです。

だから大切なのはあなたが本当にそれを望むか。自分が結婚に適応できるか。それを考えることが大切ではないでしょうか。

それは、見栄や世間体よりも、はるかに大切なことです。そう、時計の針を戻すことはできません。

何にせよ、後悔しない決断を下したいものです。

こちらもどうぞ

結婚するなら理想は不要?婚活で理想を妥協すべきか